2005年06月16日

THE ALFEE / LOVE

96年「LOVE」収録。
そのものズバリ、LOVEというアルバムのLOVEという曲です。


LOVE

この前のアルバム「夢幻の果てに」が究極のプログレサウンドだったんですが、まるでその対極を目指したかのようにクラシカルというか、オーケストレーションで聴かせるタイプの曲が詰まってます。
もちろんそれだけでは終わらず超ハードロックの「恋愛論理」(デーモン木暮への提供曲でもあります)や、アルフィー流バラードの「Always」、クイーンをリスペクトした「Can't Stop Love!」なども入ってますが。
メロディ重視という姿勢はもともとありましたが、ここまでこだわったアルバムもアルフィー史上珍しいと思います。
一曲目「LOVE」、二曲目「雨の肖像」あたりはまんまクラシック曲の雰囲気です。梅雨に入りましたんで、そのうち「雨の肖像」も取り上げたいと思います。

イントロからして壮大です。ストリングスと生ギター、エレキギターと、どんどん音が折り重なってフレージングする様は、クラシックの交響曲のようです。
コーラスもいつにも増して厚みがあるように感じます。
間奏では前作に続き変拍子が入っています。とはいえきちんと処理されていますから、普通に聴いてる分には判らない程度ですが。
さらりと流していますが、コピーしようとすると大変なテクニックがいる曲だとわかります。そこらへんはさすが、年の功ですね。

starofkamuy at 06:17│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM