2005年06月22日

Ali Project / 雨のソナタ -La Pluie-

95年「星と月のソナタ」収録。
雨にも色々な姿があります。バケツをひっくり返したような土砂降りから霧雨、軒を濡らすシトシト雨。そういえば百人一首にも雨の歌がありましたね。歌は歌でもちょっと違いますが。


星と月のソナタ

アリプロもけっこう好きで何度か紹介していますが、好きになった直接のきっかけはこの曲でした。
92年デビュー。CM、映画、アニメ等の音楽を担当することが多く、私もCMで知りました。いやその時は名前も知らなかったんですがね。その後中古屋さんで見つけたアルバムのジャケットが良くて(↑このホンワカしたやつです)、ちょっと手に取って眺めてたら一緒にいた友人が「それ○○のCMのだよ」と。あ〜あれか、ってんでその場でゲット。以来お気に入りのユニットになってます。でもなにぶんそれほど知名度があるわけじゃないので、ずいぶん探し回ることになりました。それがつい最近再発でアルバムがずらりと手に入るようになり、狂喜乱舞でそろえていったらまたしても財政難に陥りました...。私の場合よくあることではありますが。
この記事を書くために公式HPを訪ねたら、今日新作アルバムが発売されるそうです...。今月はもうピンチなのに...。



グチは置いといて曲レビューを。
CMで使われてただけにシングルになってるはずです。持ってませんが。なのでバラードセレクションアルバムの「星と月のソナタ」からの紹介です。
95年12月発売ということで、かなりクリスマスを意識しています。「彼と彼女の聖夜」のような思いっきりクリスマスの曲も入っています。普段のアリプロはアニメのテーマなどをやるだけあって、ちょっとぶっ飛んだところもありますが、このアルバムに入ってる曲はすべて奇を衒わずにメロディ重視。「ビアンカ」のような三拍子のちょっとおちゃめな曲もありますが。今のアニメのイメージはちょっときついんですが、このアルバムは普通にJ-Popファンにもお勧めできます。

「溜息ひとつ ついて 瞳をそらすのね
 私の胸に残る 想いをあなたは散らす
  ひらいた窓の 雨音にまぎれ いつかの Pianoが 唄っている
 ああ 抱きしめてくれた日の 陽炎が ああ ふたりの季節 流してく涙になる
 ただひとつの 言葉も 留められずに」

この曲もメロディは素晴らしいです。フランス映画のようなメロディとピアノの音と。
バックの音は基本的に打ち込みで、ピアノだけが遊んでるようです。
何より宝野アリカの声が儚げで、それでいて凛としてていいんです。
私にとってのアリプロは、アニソンの人ではなく、あくまでこういった静かないい曲を歌うアーティストです。

starofkamuy at 06:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM