2005年07月11日

THE ALFEE / Just Like America

89年「DNA Communication」収録。
日本人は特に、でしょうけれど。


DNA-Communication-

アルフィーの場合は例によって、略歴をすっ飛ばしてアルバム解説から始めます。
前作「U. K. Breackfast」から一年半のブランクを経て発表された、アルフィーにとって初のコンセプトアルバムです。ま、もともとアルバムの流れなどは気にして作っていたようなので、“初”と言いきっていいものかどうかは分かりませんが。
80年代最後の作品で、最後のアナログレコードで、しかも二枚組(CDは一枚)という力の入れようです。



遺伝子の最小単位であるDNAをタイトルに、アルフィーにとっての音楽の核となるアコースティックサウンドとコーラスワークがさえ渡ります。中にはフラストレーション解消ソング(要するにヘビメタ)「Black Doctor」などもありますが。
このアルバムを引っさげてのツアーもまた力が入ってました。フランスの人気服飾デザイナーであるジャン・ポール・ゴルチエと組んで、業界初のファッションショーとポップロックコンサートの合体というツアーをやっています。全国六ヶ所、9本のみの、しかも大きなアリーナクラスのみでのツアーでしたが。アルフィーでは初となるセンターステージで周りをぐるりと客席が取り囲み、機械仕掛けの怪獣(キングギドラをイメージ)が登場したり、多数のモデルがステージ上を闊歩したり、もちろんアルフィーらしいレーザー光線やらの照明セットもありましたし。
その後通常のツアーが戦争や国境、そしてベルリンの壁をモチーフにして繰り広げられました。この年の秋にベルリンの壁が崩壊した時は、あまりにもリンクしすぎてて怖かった思いがしたものです。

「Just Like America」もアルバムのコンセプト通り、非常に生ギターが頑張っています。
とはいえ普通のフォークソングにならないのがアルフィーの強みです。生ギターはドロップDチューニングを中心に、かなりアメリカンロックテイストになってますし、エレキギターはストラトの乾いた音で、ボトルネック奏法でこれまたアメリカンロックになってます。コーラスや曲調は、まんまCSNYを意識しています。

「フェンスの向こう側の夢を見た 自由への歌を求めて 
 I I I Wonder でもそこには何もなかった
 ブルージーンに白いTシャツ着た 黒い瞳の Boys&Girls
 You're Just Like American これから何処へ行くのか
  Down By The River 時代という大きな河の流れに
  どれだけ逆らうことが出来るのだろう 自分のその夢の為に
 Just Like America 気がついているのかい
 Just Like America 誰もが同じ顔なのさ」
   作詞・作曲 高見沢俊彦

日本人は特にそうですけど、欧米に追いつけ追い越せで成長してきたところがあります。太平洋戦争後に限らず、明治維新の開港後から日本は欧米の真似をして、どこまで同じものができるか、同じにならないのは歴史の違いか、食文化の違いか、国民性の違いかと一喜一憂していたように思えます。日本固有の文化が消えることに、アメリカの大家CSNYを真似て皮肉ってるように聞こえます。
ちなみにこのアルバムのプロモーションとして、当時テレビの歌番組で、パリのエッフェル塔の下から、この「Just Like America」を歌ったことがありました。
これはフランスも同じこと、と言いたかったのか、それとも日本人はこういうところがあります、と言いたかったのか。いずれにしろすごいギャップや皮肉を感じました。

starofkamuy at 06:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM