2005年08月20日

THE ALFEE / Sweat & Tears5

04年「23rd Summer Love & Peace」(DVD)収録。
特集第三段は、昨年のイベントから、夏のイベントの代名詞ともいえる曲を。

23rdSummer 2004 LOVE & PEACE A DAY OF LOVE Aug.15

SWEAT & TEARS


オリジナルは86年発売のシングルです。同年のアルバム「Ages」にはアルバムバージョンが収録されています。
この86年というのは先日紹介した「TOKYO Bay Area」の年でして。前人未到の10万人ライブを控え「夏のイベントにぴったりの曲を作ろう」と、まずコンセプトありきで曲が作られました。
アルフィーさんの場合、こういった「○○のために」というのが少なからずあります。82年の初野外を前に作られた「A.D. 1999」などなど。
ジャケットも思いっきりライブを意識していますし、シングルA面としては初めてのメッセージソングですし。
このシングルから「THE」がついてTHE ALFEEとなってます。
ついでにこの名前の変遷にも触れておきます。
アマチュア時代はコンフィデンスという名前のグループでした。当時は桜井さんがメインボーカルの三人組。そこへ坂崎さんが入り、高見沢さんが入り、デビュー直前は四人組でした。
デビューの時に「オリジナル・コンフィデンス」という雑誌(通称オリコン)との兼合いで名前を変えようとなり、事務所の人が持ってきた名前が「ALFIE」でした。74年のデビュー作は「ALFIE」名義で出ています。
ビクターとの契約を切り、浪人時代を経てキャニオンレコードに移った時に、音は一緒の「ALFEE」になります。もっともレコード等では「アルフィー」とカタカナで書かれていましたが。
そして86年に「THE」がつきました。



86年以降、夏のイベントでは必ずと言っていいぐらい演奏され、この曲のイントロで、花火があがるのを見ながら雄叫びをあげるのが、我々ファンの例年の楽しみとなっています。


間奏終わりのブリッジ部分が特に好きです。
「命が尽きるまで夢追いかけようぜ」客席中から大合唱になるのがここの部分。ある意味、アルフィーの生き方そのものですからね。いつまでも歌い続けること、ステージに立ち続けること、走り続けること。メンバー三人の本当の夢が何かは知りませんが、ファンがメンバーを見て感じてるのはまさにこの部分だと思います。

イベントの代名詞というだけあって、すごく盛り上がります。一曲ほとんどコブシを挙げっ放しで、しかもエンディングでのギターソロが延々と...。ちなみに去年は3分超えました。さすがに二の腕しんどいです。でも映像で見るコブシの波は圧巻です。現場では何万分の一になりきってますが。
これがアンコールとかなら、いつにないパワーが出ますからいいんですが、93年の「Victory Stadium」ではコンサートの前半で演奏され、その後がもちませんでした。

また何度も演奏されている曲なので、エピソードにも事欠きません。いくつか紹介します。
92年の横須賀でのイベント「Just LIVE!」では一番を桜井さんが、二番を坂崎さんが歌っています。三番を高見沢さんが歌っていますが、この時高見沢さんはマイクスタンドを振りまわして歌ったため、歌っている間はエレキギターが抜けています。
99年横浜新港地区で行なわれた「Millennium Carnival」では高見沢さんが上手の花道を走り出してしまい、一番の歌までに端のマイクスタンドにたどり着けませんでした。なので出だしが欠けています。一番が終ってまた中央に帰ってこようとしたんですが当然間に合わず...と思ったら気を利かせて坂崎さんと桜井さんが同時に歌い始めました。この時はメンバーってさすがだなぁ、と感心したものです。

今日もまたずいぶん長くなってしまいました。
これから東京・晴海で行なわれるイベントへ行ってきます。
とりあえず体力が続くことを祈って。
ちなみにC14ブロックの前です。背番号9のユニフォーム姿で行きます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 10:56│Comments(2)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by HILOVINSON   2005年08月22日 15:33
ど〜も!TBありがとうございました。
もの凄く返事が遅れてしまってすいません。
ライブはどうでした?この曲はやったんですか?
この曲はやっぱり生で聴いた方がいいと思います。
拳を振り上げて聴きたい曲ですよね〜。
個人的に今でも聴きたくなる名曲です。
2. Posted by たろう   2005年08月22日 21:40
どうもです。
今回もライブは良かったですねぇ。天気もよく満月もキレイでした。
「Sweat & Tears」は両日とも演奏されました。
エンディングでメンバー三人のソロを挟む新しいアレンジに変わってました。
やっぱりこの曲のイントロで上がる花火は格別です。
今年も腕が痛いです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM