2005年09月15日

Olivia Newton-John / Summer Nights3

92年「Back To Basic -The Essential Collection 1971-1992」収録。
暑い日が続いています。東京地方はまだまだ真夏日ばかり。秋が恋しくなりますが今夜も熱帯夜...。今日は多少涼しくなるそうで、ひと息つけそうです。
ところで昨日このリード部分でちょこっと触れた安達祐実さんが結婚されたそうです。おかげでなんかアクセス数がいつもより多いような気が...。別に彼女を取り上げた記事は書いてませんので、迷い込まれた方、スミマセンm(_ _)m
ちなみに今日誕生日を迎えられた方は、映画のオリバー・ストーン監督、同じく映画の今村昌平監督、女優の竹下景子さん、推理作家のアガサ・クリスティー氏。関ヶ原の戦いが今日だってなってましたが、これは開戦の日でしょうかねぇ。
記事とはまったく関係の無いことでした。

グリース ― オリジナル・サウンドトラック+2


オリビア・ニュートン・ジョンにいきます。
イギリス生まれですが5歳でオーストラリアに移住しています。オーストラリア出身と言われるのもこのあたりからきてるようです。
66年豪州映画で端役ながら女優としてデビュー。同年に歌手デビューも果たしています。
71年に「If Not For You」という曲でヒットを記録。
72年に「Take Me Home Country Roads」、73年「Let Me Be There」でグラミー賞受賞、74年「I Honestly Love You」、75年「そよ風の誘惑」とヒット曲を連発してます。
その後も78年にジョン・トラボルタと共演した映画「グリース」、80年に「ザナドゥ」、82年には最大のヒット曲「Physical」(10週連続1位)と、長いこと第一線で活躍しています。
このベスト盤「Back To Basic」が出た92年には乳がんに冒されますが、手術でこれを乗り越えました。
2000年のシドニー五輪開幕式で元気な姿を(ブラウン管からですが)見られたのは嬉しかったです。
活躍したのは70年代初期から育児休暇に入る80年代半ばまでですが、その後もインターバルをとりながらもマイペースに活動しています。
もう還暦も近づいているんですが、いまだに若々しく「綺麗なママさん」の印象のままです。70年代に青春を送ったお父さん方も、こういう綺麗な歳の取り方なら納得いくんじゃないでしょうか。



この曲は78年のヒット作です。
デビュー当時はアイドル路線で売っていたんですが、さすがに30の声を聞き人気は下降線に入っていました。
この年に取り組んだのがミュージカル映画の「グリース」。「サタデー・ナイト・フィーバー」でブレイクしたジョン・トラボルタとの共演で映画は大ヒット。サントラからも3曲のヒット曲が生まれています。「You're The One That I Want」(英米で1位)と「Hopelessly Devoted To You」(3位)とこの曲「Summer Nights」です。
「Summer Nights」はトラボルタとのデュエットで、全英1位、全米5位を記録しています。

それまではどちらかというとカントリー調の曲が多かったんですが、「グリース」のヒットでよりポップに、ロックやR&Bの要素も取り入れるようになりました。
これがその後、「ザナドゥ」や「フィジカル」の大成功へと導くことになります。

この曲はかなりポップ...というよりほとんどコミックソング的な面白さを持っています。
もともとがミュージカル映画ですから色々なタイプの曲があるんですが、よりによってこの曲をシングルカットして、しかも全英1位になってしまうってのがすごいです。
始まりこそポップなデュエット曲ですが、途中から面白おかしいハーモニーなんかが出て来てコミカルに転々とします。
「セサミストリート」の世界観に近いものがあります。
この曲だけを取り上げて、「彼女はこういう曲を歌ってます」と言ったら、かなり誤解されると思いますが、「一連のヒット曲の中にはこんな曲も歌ってます」と紹介すれば、逆説的に彼女の偉大さがわかってもらえるんじゃないでしょうか。
こんな曲でも1位にしてしまうんですから。

この人は芸歴が長いこともあり、またレコード会社を渡り歩いてることもあり、ベスト盤が山のように出ています。
どれもが代表曲と言われる「Take Me Home, Country Roads」や「Let Me Be There」「Xanadu」「Physical」あたりは入ってるんですが、それ以外の曲はまちまちです。
曲を調べた上で購入された方がいいと思います。ま、知らない曲を聴いてハマる、なんてこともありますから一概には言えないでしょうけれど。
とりあえず本文のamazonのリンクは「グリース」のサントラにしておきました。

starofkamuy at 06:18│Comments(0)TrackBack(0)clip!Pop 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM