2005年10月12日

石川鷹彦 / 風の方向5

94年「WORDS」収録。

《今日は何の日》
今日もまずはお誕生日の方から。女優のともさかりえ。俳優の真田広之。雅楽の東儀秀樹。俳優の鹿賀丈史。数学者の秋山仁。スキー冒険家の三浦雄一郎。プロレスラーのスタン・ハンセン。
今日命日なのは俳聖・松尾芭蕉。歌手のジョン・デンバー。小説家の三浦綾子。
主な出来事。
サントリーホールの開場。コロンブスが新大陸アメリカに到着。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
今日は石川鷹彦さんです。
フォーク・ニューミュージックと呼ばれるアーティストたちのレコーディングに、必ずと言っていいほど呼ばれている超一流のスタジオミュージシャンでありアレンジャーです。
今ではこれらのジャンルをひっくるめてJ-Popと呼ぶようになってますが、80年代頃までは厳密に別れていましたよね。
ま、ジャンルなんてあってないようなものだし、あまり気にもしてませんが。

WORDS


1943年7月16日生まれ。北海道札幌出身です。
鷹彦さんはもともと六文銭というグループにいました。六文銭はリーダーが小室等というフォーク界のドンでしたから、いわばフォークの出身です。
六文銭脱退後は伝手やコネを利用してスタジオ活動、アレンジャー、サポートギタリストとして活躍しています。
本職はギタリストですが、ベース、マンドリン、バンジョー、その他民族楽器、シンセのプログラムに至るまで、いろいろと才能のある人です。
この人が手がけた代表的なミュージシャンをずらっとあげてみると、イルカ、かぐや姫、さだまさし、アリス、吉田拓郎、中島みゆき、長渕剛...。
そうそうたるメンバーが並びます。


60年代後半からスタジオで活動してますんで、この世界に足を突っ込んで三十○年ですが、ほとんど裏方のスタジオミュージシャン、サポートミュージシャンとして過ごしてますんで、自身の作品はたった4枚しかありません。
「WORDS」「WORDS II」「WORDS 3rd」「WORDS 3.5」です。ま、教則関係はありますが。
この「WORDS」は芸能生活三十年近くたってからの1stアルバムです。
スタジオミュージシャンとしては超ベテランですから、全ての楽器を一人で演奏録音しています。ここまで徹底しますと職人魂すら感じます。
全11曲中10曲が生ギターをメインにしたインストナンバーです。
どの曲もテクニックをひけらかすことなく、しかししっかりと音を響かせています。
ラストの一曲がこの「風の方向」で、唯一鷹彦さんのボーカルを収録しています。


この曲も生ギターが気持ちいいしっとりナンバーです。
楽器は生ギターとパーカッション、薄く入ってるシンセパッドだけです。
なかなか渋い声で歌っています。コーラスもつけています。
日頃声の聴ける人ではありませんので、ましてや歌声などとなるとそりゃもう確実にお宝物なんであります。
ま、スタジオミュージシャンの歌声を聴いて喜んでるのは、私のようなマニアックな人間だけですが。
日頃歌わない人で、けっこういい声してる人がいるもんです。例えばBon Joviのギタリストリッチー・サンボラとか。たまに出してくるソロ音源に驚かされます。そういう人は一握りでしょうが。
この人の場合はギターの職人芸を聴くためのアルバムですから、歌声はあくまでボーナス扱いです。でもボーナス扱いにしてはもったいないぐらいの五つ星です。

なお、今日の曲ですが、CDショップでJazzのコーナーに置いてあったんでJazzのカテゴリにしておきましたが、本当はイージーリスニングとかそんなたぐいのジャンルです。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 06:17│Comments(0)TrackBack(0)clip!Jazz 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM