2005年11月23日

Fayray / 赤い月4

《今日は何の日》
まずは今日がお誕生日の方。
タレントの三瓶。女優の畑野浩子。フォーク界のドン小室等。女優の十朱幸代。俳優の田中邦衛。
今日が命日の方。
小説家の樋口一葉。俳優の早川雪洲。小説家アンドレ・マルロー。俳優の上原謙。
主な出来事。
Jリーグはツの公式戦・ナビスコカップ決勝(1992)。バンダイ「たまごっち」発売(1996)。Win95発売(1995)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
Fayray / 赤い月
05年「Soitlight」カップリング。
ちょっと邦楽です。今日発売になります。
そのカップリングの方を取り上げてみます。

Spotlight


4歳からクラシックピアノを習ってるといいますから、かなり本格的ですねぇ。幼少期はアメリカで過ごしたそうです。英語曲を聴けばなるほどと思います。
大学在学中の98年にデビュー。ちなみに大学は立教だそうです。ついでに書いておきますが「ミス立教」だそうです。美人なわけだ...私は音楽に惚れたんですけどね...(- - ;)
ちなみにデビュー当時は浅倉大介プロデュース。一連のDAプロデュース作品とはかなり違ってたんで印象に残ってます。
2000年シングル「My Eyes」からはセルフプロデュース。その後現在に至るまでシンガーソングライターとして、またフジテレビ「二千年の恋」などで女優として、カネボウ「KATE」のイメージキャラクターなど、マルチな活動をしてます。


正直彼女は、デビュー時にはそれほど注目してませんでした。
なにしろDAプロデュース。アイドルに毛が生えた程度だろう、と。実際デビュー作はそこそこの出来でしたし。
ところがセルフプロデュースをやるようになり、途端に曲が似合い始めます。
決して浅倉大介が悪いというわけではありませんが。彼女のちょっと薄幸そうなバラードとか、アメリカで過ごしたほとんどネイティブな英語力とか、ルーズなジャズっぽさとか。
アルバム「白い花」を友人に借りてその世界にはまりまして、以来自力で揃えるようになりました。
今回のシングル、タイトル曲の「Spotlight」はフジテレビ系ドラマ「鬼嫁日記」の挿入歌になっています。相変わらずドラマは見てませんが、なかなかのバラードです。ま、売れるか、となると微妙ですが。
今日の紹介はそのカップリングの方です。


彼女には珍しく生ギターで始まります。彼女のバラードって、どうしてもピアノのイメージが強いのでちょっと驚かされました。曲を通して生ギターがずっと鳴り響いてます。
ピアノなどは周りを浮遊するように鳴っています。「Covers」でやっていたジミヘンの「Angel」に近いですかね。
いつもの彼女のピアノバラードを思い浮かべていると肩透かしをくらいます。
でも根がロック人間の私などは、こういう曲はかなり好みのタイプです。
アプローチがロック的というか、ちょっと変わってますからね。
ワンコーラス終ると間奏に入ります。この展開部は好きですね。Pink Floydとかのプログレの匂いが少ししますから。
そこからはディレイをたっぷりかけた摩訶不思議な世界が広がります。
お酒飲んでて聴くと気持ちいいでしょうねぇ。

今までの彼女の世界観とは少し違いますが、繰り返し聴いてると押しつぶされるような快楽が味わえます。
やっぱりこの人って、かなり独特ですねぇ。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 09:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Woman) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM