2006年01月01日

THE ALFEE / 祈り5

《今日は何の日》
まずは今日がお誕生日の方。
Kinki Kidsの堂本光一。俳優の役所広司。ハウンドドッグの大友康平。作家の夢枕獏。歌手の田端義夫。小説家のサリンジャー。臨済宗僧の一休宗純。大親分の清水次郎長。
今日が命日の方。
物理学者のハインリッヒ・ヘルツ。小説家の福本和也。
主な出来事。
東京宝塚劇場が開場(1934)。手塚治虫が4コマ漫画でデビュー(1946)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
THE ALFEE / 祈り
83年「Page One」収録。
あけましておめでとうございます。
本年もヨロシクお願いします。

今年最初の一曲は、おごそかな「祈り」をテーマにこの曲を選んでみました。
新年ですしね。正月ですしね。

PAGE ONE


結成10年目、キャニオンレコードから再デビューして5年弱、ようやくアルフィーにもヒット曲が出ました。
すでに坂崎さんの「オールナイトニッポン」は話題になってましたし、テレビなどにも盛んに出演し、肝心のコンサートもこの年のツアーは80本以上、夏には念願の武道館もいっぱいにしていました。なのにヒット曲がないという、本当に不思議な状況でした。ヒット曲なしで武道館をやろうってのもまた不思議ではありますが。
この武道館公演を境に状況が変わります。その直前に放送されたベスト10の注目曲コーナーで「メリーアン」が取り上げられ、その際中継が大阪のコンサート会場からだったこともあり、ライブの熱気がやっとお茶の間に届くようになったんです。
そして武道館後にじわじわチャートを上がり、秋口にようやくトップ10入りします。
これによりようやく全国区の名前になったわけですが、キャニオンレコードはこの機を逃さずベスト盤をリリースします。ま、なかなかヒットの出ない中で5年も育て上げたバンドですから、その気持ちもわかりますが。
それがこの「Page One」です。


インストの新作「Refrain」を含めた全13曲ですが、どの曲も新たに録りなおされたり、ライブであったりと、いわゆる寄せ集め的ベスト盤とは異なっています。
この「祈り」もオリジナルは83年3月に出たシングル「暁のパラダイスロード」のカップリングでした。
オリジナルは生ギターと三声のコーラスだけの、暗いけど力強いバラードです。
この「Page One」ではシンセやドラムが入った聞きやすいアレンジになっています。
重苦しいくらいの詩の世界も、多少なり明るくなっています。
毎年行なわれる夏のイベントで何回か聴いたことがありますが、夏イベの時期は終戦記念日に近いってこともあって、どうしても「戦争と平和」とか「人類の未来」などと大きなことをイメージしてしまいます。
でも本来はもっと身近なところに題材があるんじゃないか、とも思います。
ミレーの「晩鐘」なんかがイメージに近いんでしょうかねぇ。あの絵を見るとこの曲を思い出します。

ライブでは間奏で坂崎さんの生ギターが、エンディングでは高見沢さんのエレキが炸裂します。ファンとしてはそちらの方が好きなんですが、ま、正月からコアにいきすぎてもなんなんで。


暗いニュースばかりが次々届くこのご時世ですが、せめて前を向いて一歩づつ歩いていきたいと思います。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 06:30│Comments(4)TrackBack(1)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 同人音楽制作ブログのスタート〜♪  [ 同人音楽★コビジャイな日々★コビトジャイアンツ ]   2006年01月02日 04:34
みなさま明けましておめでとうございます 私、おっかんは実家へ帰省中の電車の中で年越しという 何とも「オメデタイ」年越しとなってしまいました。 さて、春には?枚目のアルバム 

この記事へのコメント

1. Posted by りゅう   2006年01月01日 20:51
あけまして、おめでとうございます。
ご無沙汰していますが、今年もよろしくお願い、いたしますm(__)m
記事のコメントはありませんが、ゆるしてね。
年始の挨拶だけですが。
2. Posted by たろう   2006年01月01日 22:35
こちらこそご無沙汰しております。
毎回楽しいコメント、ありがとうございます。
今年もご愛顧のほど、ヨロシクお願いします。
3. Posted by takecchi   2006年01月01日 22:49
5 たろうさん、はじめまして。ある音楽系のサイトよりotologの存在を知って、登録して使用していたところ、辿りつきました。たろうさんの無節操なところ、結構好きです。好みは多少あるのですが、僕も何でも聴きたいほうなので無節操になってしまいます。西脇唯さん、僕も好きでした。旧譜はだいたい持っているのですが、indiesになってからのものは持ってないのでチェックしようかと思ってます。最新版は確かアレンジャーが山川恵津子さんだったと思いますが、どんな感じですか。また、こちらのblogが内容濃いですね。まだまだ知らない音楽がたくさんあるので、いろいろと勉強させて頂きます。
4. Posted by たろう   2006年01月02日 00:04
どうもです。
自他共に認める無節操な音楽好きですが、そこを気に入っていただけたのは初めてです。
唯さんは私のフェイバリットの一人です。山川さんと組んだ「花明かり」もお気に入りの一枚です。そちらのレビューは04年12月にしています。ご参考までに。
これからもまだまだいろんな音楽を聴いて、いろんな音楽を好きになりたいと思っています。
これからもどうぞヨロシク。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM