2006年03月06日

アジャリ / 卒業5

《今日は何の日》
まずは今日がお誕生日の方。
タレントのベッキー。歌手の久松史奈。タレントの柳沢慎吾。歌手の高橋真梨子。作家の宮本輝。画家のミケランジェロ。小説家の大岡昇平。
今日が命日の方。
技術者のゴットリーブ・ダイムラー。「星条旗よ永遠なれ」を作曲したスーザ。小説家の菊池寛。
主な出来事。
日本初のスポーツ新聞「日刊スポーツ」創刊(1946)。新横浜にラーメン博物館が開館(1994)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
アジャリ / 卒業
「A」収録。
高校の卒業の頃には、けっこういろんな曲を聴いてましたから、数多くの曲を思い浮かべられますが、中学の卒業の頃となれば...あまりないですねぇ。
当時から定番だった「贈る言葉」とか、当時全盛だった斉藤由貴の「卒業」でしょうか。それに柏原芳恵の「春なのに」や菊池桃子「卒業」、松田聖子の「制服」あたりが続きます。
個人的には昨年紹介した夢工場の「ひとりぼっちのデュエット」と、このアジャリが好きでしたねぇ。

80年代後半の、いわゆる歌謡ロックのグループです。
はっきり言ってこの曲以外は、なんにも知りません。
87年の曲だと思います。ハッキリとは覚えてないんですが、中学卒業前の曲ですから、計算でいくとその辺りです。
カタカナで「アジャリ」と書いてますが、正式表記は「A-JARI」だったと思います。一粒の砂利、という意味だ、とラジオかなんかで言ってた覚えがあります...非常に曖昧な記憶でスミマセン。なにしろもう20年近く昔の話ですから。
メンバーの一人は解散後The Heart(井口一彦君のバンド)に参加したり、Surfaceのサポートをしたりと、それぞれ頑張ってるようです。メジャーでドッカーンって人はいないようですが。



曲の方ですが、ワタクシ、この曲しか知りません。いろいろ調べますとアルバム3枚ぐらいは出してるようですが。
そのアルバムも、今では全て廃盤です。中古屋でも見かけた事がありません。
こういう困った時はダウンロードサイドのお世話になります。
私がMacユーザーってのもありますが、iTunes Music Storeには馴染みがありまして、そこでようやく見つけてきました。
リリース日が04年となってましたが、再発されたんでしょうか...情報は見つからなかったんで、ダウンロード販売開始が04年ってだけだと思いますが。
ちなみにその他のダウンロードサイトでも販売してるようです。どこのサイトでも一曲150円で売られてました。


この爽やかなシンセサウンドを聴くと、それだけで中坊に戻れます。
音だけ聴けばそこらにいるアイドルバンドとたいして変わりません。ボーカルもそれほど上手いってわけじゃありませんし。
ただメロディの良さは群を抜いてます。
サビの胸をかきむしるような焦燥感など、いまだに五つ星です。
この頃はシンセがメインのバンドものが多かったような気がします。90年代に入ると例の「いか天」の影響でギターバンドが多く出てきますが、80年代ってのはやはりシンセサウンドなんでしょう。その一方でBoφwyのようなビートロックが天下を取ってましたけどね。
アイドル並のサウンドとキャッチーなメロディ、中高生を対象にした歌詞。どれをとっても、ある意味時代を象徴してますね。

今の中高生にはどういう風に聞こえるんでしょうかねぇ。
当時の中高生は今と違って独自の文化を持ってましたけど、今の子たちはそういう独自のヒットってのを持ってるんでしょうか。
そして当時この曲に五つ星をつけてた中高生たちは、今どんな曲を聴いてるんでしょうか。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 06:17│Comments(4)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by HILOVINSON   2006年03月07日 16:33
ども。
アジャリ・夢工場となつかしすぎます。(笑)
卒業シーズンだったので、私のブログでも
卒業系の記事を書いたのですが
今の人とかはわからないだろうと思って
アジャリの卒業は書かなかったのに
さすが、たろうさんです!
思わず飛びついてしまいました。(笑)
2. Posted by たろう   2006年03月07日 22:03
どうもです。
やはりここら辺はツボですか(^.^)v
新しいのもいいですが、やはり中高生の時に聴いてたのっていまだにハッキリ覚えてるもんですね。
たいていは廃盤で手に入らないんですが、ダウンロードサイトのおかげで、こういった懐かしのマイナー曲も手に入るようになりました。ありがたいことです。
3. Posted by 歌詞   2007年03月24日 00:50
懐かしいなぁ。 確かバンド紹介で、砂利は砂利でも、A級の砂利って意味ですとか言ってたよーな…
「早く、早く、僕が大人になる前に、僕の気持ちに気付いて〜♪」
4. Posted by A級のジャリ   2010年01月28日 12:48
5 ちょっとだけファンだった。80年代のアイドルバンドはやっぱり宝物ですね。「〜乱れた制服が、今日は、大人に見えるのは……。」の出だし。あの頃、私も高3だったから卒業式が近づくなぁって思っていました。あの歌は未だに私の中の卒業ソングです。復活して欲しいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM