2006年05月03日

THE ALFEE / 夢の終わりに5

《今日は何の日》
まずは今日がお誕生日の方。
陸上の為末大。俳優の三宅裕司。歌手の橋幸夫。歌手のジェームズ・ブラウン。香山リカ(リカちゃん人形)。
今日が命日の方。
小説家の池波正太郎。ギター奏者のナルシソ・イエペス。作曲家の中田喜直。
主な出来事。
朝日新聞社阪神支局襲撃事件(1987)。西鉄バスジャック事件(2000)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
THE ALFEE / 夢の終わりに
86年「AGES」収録。
テーマ:夢で続けます。
世の中はゴールデンウィークですか。貧乏暇なしで遠出はできそうにありませんけど。
せめて音楽は休日にぴったりの曲を選んでみましょう。

AGES


デビューから10年目の83年にようやく「メリーアン」がヒットし、実力、人気に売り上げが追いついたところから快進撃が始まります。
翌84年には「星空のディスタンス」「STARSHIP」「恋人達のペイヴメント」といったシングルヒットに加え、春と秋とで合計106本の全国ツアー、横浜スタジアムでの夏のイベントと怒濤の攻勢をかけています。
さらに85年はヒットシングル「シンデレラは眠れない」「霧のソフィア」、シングルなしの「FOR YOUR LOVE」と半分ベスト半分オリジナルの「The Best Songs」という二枚のアルバム、春と秋で合計107本の全国ツアー、夏のイベント「横浜スタジアム3DAYS」に至るまで、休みなしに突っ走っていました。
そしてこの86年はまさに人気絶頂期。ライブバンドとして史上初の10万人コンサート「TOKYO Bay Area」を開催し、全国110本のツアー、そしてライブを象徴する「Sweat & Tears」と夏イベのラスト曲「ROCKDOM」のシングルヒット、力強いロックサウンドに貫かれたアルバム「AGES」。この時期に解散していたらBoφwy以上の伝説になっていたんでしょうねぇ。いまだに続けてるってことで、また別の伝説になりつつありますが。


このアルバム「AGES」はアルフィーらしいロックを意識してロサンゼルスでミックスが行なわれました。一部のボーカルも向こうで録られたそうですが、本格的な海外レコーディングと言うにはちょっと無理がありますかね。
それでもエンジニアにはU2やザ・バンドなどを手がけたシェリー・ヤクスを立て、ズッシリ重たいサウンドになっています。
特に1曲目の「不良少年」や3曲目の「American Dream」(これは全編英語詩です)、今は別アレンジで演奏されることが多い「Swinging Generation」などなど、ズシン・ガツン・ドカンという曲が並んでます。さらに組曲「THE AGES」が中核になり、「夜明けのLanding Bahn」「Bridged To The Sun」といった解放感のある曲が脇を添えています。
アナログでは12インチシングルが付いてまして(CDではAB面の丁度中間、5、6曲目に割り込んでます)、シングルとは別バージョンの「Sweat & Tears」「ROCKDOM」が収録されていました。
このアルバムのラストに入っていたのが、この曲「夢の終わりに」です。


高見沢ボーカルの、アルフィーらしいバラード曲です。
メインはピアノと生ギターです。それとコーラスです。
間奏のエレキギターソロも短く綺麗に纏まっています。
さえずりが始まりと終わりに入って、朝を思わせます。
夢の終わりってことで朝を連想させているんでしょう。
この曲はよく聴いていました。目覚まし代わりにして。
自然に目覚めた時にこの曲が流れてたら、と思います。

無理やり文末を合わせていたら、不自然な文章になってしまいました。やはり無理はするもんじゃありませんねぇ。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 09:08│Comments(2)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by きらきら   2006年05月04日 23:27
たろうさん こんばんは。
またまたALFEEのところだけお邪魔してスミマセン。

AGESが出た頃、まさに絶頂期でしたね〜私もこの頃から90年代中頃が一番夢中だったかもしれません。
(もちろん、今も好きは変わらないですけど)
なので、今のように「天使」満載(笑)のバラードよりもこの曲や「あなたがそばにいれば・・・」、「確かにFOR YOUR LOVE」とかが好きです。
またこんなの作って欲しいなぁ<高見沢さん(笑)
「夢の終わりに」目覚めた時にこの曲が流れていたら素敵ですね〜。
心地良くて、また夢の中へ〜なんてことになりそうですが(笑)

先日、京都のアルコンに参加しまして、この頃の情熱が甦ってきました。
たろうさんはどこか参加されましたか?
2. Posted by たろう   2006年05月05日 00:18
どうもです。
京都に参加されたんですか。羨ましいです。
私はいまだホールコンサートは未体験です。
夏イベは頑張って時間も金も作るんですが。
今年のツアーも参加できそうもありません。

この頃の楽曲は、ホント「佳曲」ってのが多いですよね。
今の仰々しいまでのプログレ曲も好きですが、こういった80年代楽曲を聴くとホッとできます。
ま、こちらの感性もファンになった頃の気持ちに戻るってのもあるんでしょうけど。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM