2006年06月03日

Yes / Close To The Edge4

《今日は何の日》
まずは今日がお誕生日の方。
女優の長澤まさみ。柔道の鈴木桂治。accessの貴水博之。キャスターの長嶋三奈。演出家の和田勉。画家のラウル・デュフィ。
今日が命日の方。
作曲家のジョルジュ・ビゼー。小説家のカフカ。作曲家のヨハン・シュトラウス(子)。
主な出来事。
天安門事件(1989)。雲仙普賢岳で大規模火砕流が発生(1991)。シンガポールが独立宣言(1959)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
Yes / Close To The Edge
73年「Yessongs」収録。
長〜い曲の続きです。
パープルやツェッペリンはハードロックという枠組みでしたが、長〜い曲となればやはりプログレの独壇場。大御所をまとめます。

Yessongs


69年デビューのイギリスのバンドです。
現在でも活躍してる人たちで、いわゆる大御所さんですから、代表作はいろいろありますが、72年の「Fragile(こわれもの)」、同じく72年の「Close To The Edge(危機)」、80年の「Drama(ドラマ)」、83年の「90125(ロンリー・ハート)」あたりを挙げておけばいいですかね。
メンバーもいろいろ替わっていますが、とりあえず覚えておかなきゃいけない人だけ列挙しておきます。
創作面でリーダー的存在のボーカルJon Anderson(ジョン・アンダーソン)。プログレ・キーボードの雄Rick Wakeman(リック・ウェイクマン)。唯一脱退歴の無いベース&ボーカルのChris Squire(クリス・スクワイア)。脱退後にAsiaなどで活躍し出戻ってきた腕っこきのギタリストSteve Howe(スティーヴ・ハウ)。Yes→クリムゾン→ジェネシス→U.K.→クリムゾン→Yesとプログレ界を渡り歩いたドラムのBill Bruford(ビル・ブラッフォード)。バグルスからYesにやって来て、現在はプロデューサーとしてフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドやt.A.T.u.などをヒットさせたTrevor Horn(トレバー・ホーン)。
二桁を超えるメンバーが出入りしていますが、とりあえずはこんなもんでしょうか。
70年代初期に「こわれもの」「危機」という傑作アルバムを世に出し、一躍プログレッシブ・ロックの代表選手に躍り出ます。
80年前後は一時解散状態に陥りましたが、83年に「90125」を全米5位に送り込み復活。その後主導権争いから元メンバーたちの結成した「アンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ(ABWH)」とYes本体とに別れ、一時は訴訟ざたにまでなりました。
ところが91年に一転してABWHとYesのメンバーが集結して合体。正式にYesとして復活することになりました。ま、その後も人事異動をくり返し、スタジオに、ツアーに、そして何よりソロ活動にいそしんでいます。


このアルバム「Yessongs」は、黄金期とも言うべき73年のライブアルバムです。全13曲ですが、CDは2枚組、アナログでは3枚組だったと思います。それほど長い曲ばかりが入っています。
オープニングが4分弱、最短のハウのギター曲「Mood For A Day」は3分弱ですが、残りは6分、8分なんてのは当たり前。後半の「Long Distance Runabaout / The Fish」からは10分以上の曲が並びます。
その最長の曲が「Close To The Edge」です。18分ちょっとあります。
オリジナルは72年の同名アルバムに収録されています。アルバム一枚に三曲しか収録されていません。ほとんど組曲ですから。プログレってのはそれが当然だと思わなければいけませんね。
メンバーのテクニックと楽曲に対するセンスはさすがです。メンバー誰もが腕達者ですし、素晴らしいまでのエゴのぶつかり合いが、奇跡的なまでにバランスがとれた大作です。

プログレを聴かない人にしてみたら、いろんな要素がとっ散らかってるようでなかなか入っていけない世界だとは思いますが。
私はこの曲の場合、「この楽器が凄い」とか「このフレーズが好き」とかではなく、曲そのものが持ってる雰囲気、ぶつかり合う衝動と混沌と煌めきとが好きです。例によってアルコールを飲んでる時には、さらにぶっ飛んだ世界に入り込めます。
一曲の中でアップテンポの部分とバラードの部分とがあります。そして各楽器それぞれに欲求不満解消部分(いわゆる魅せ場)があります。四曲ぐらいを力技で一曲にまとめたと思えばいいでしょうか。プログレ流ロック組曲ですね。
長い曲ですが、だれることなく聞かせてしまうパワー&テクニックは、さすがプログレ界の雄ですね。

starofkamuy at 06:04│Comments(0)TrackBack(0)clip!Rock 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM