2006年06月27日

Angela Aki / Music4

《今日は何の日》
まずは今日がお誕生日の方。
タレントの優香。声優の藤枝成子。タレントの真弓倫子。レーサーのジョニー・ハーバート。安全地帯の矢萩渉。グラフィックデザインの横尾忠則。コメディアンのレオナルド熊。歌手の霧島昇。小説家のラフカディオ・ハーン(小泉八雲)。
今日が命日の方。
俳優のジャック・レモン。童話作家のトーベ・ヤンソン。小説家の鈴木三重吉。
主な出来事。
雪印乳業集団食中毒(2000)。松本サリン事件(1994)。山陽新幹線・福岡トンネルでコンクリート塊が落下(1999)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
Angela Aki / Music
06年「Home」収録。
「おいコー」特集が終わりましたんで、その間気になりつつも触れられなかった「最近手に入れた曲」をまとめます。
まずは久し振りの「青田刈り成功」、アンジェラ・アキです。

Home (初回限定盤)(DVD付)


77年9月生まれ。中学までは日本で、以降はアメリカに在住。昨年デビューのため日本へ帰国したそうです。
アメリカでの大学時代に本格的に音楽活動を始め、ライブハウス等で歌っていました。
05年3月にインディーズでミニアルバム「One」を発売。HMVのインディーズチャートで2位を記録しています。
05年9月にシングル「Home」でメジャーデビュー。今年1月に2ndシングル「心の戦士」を発売。3月に発売の3rdシングル「Kiss Me Good-bye」は、モンスターゲーム「Final Fantasy 12」の挿入歌として、一般的な音楽ファン以外の人の耳にも届いたことでしょう。
6月に入って4thシングル「This Love」は、これまたテレビアニメの主題歌だったそうです。なにぶんアニメは見ませんのでよく分かりませんが。
そしてようやく、満を持して、待望の1stアルバムが発売になりました。

インディーズ時代のアルバム「One」は、ピアノの弾き語りというスタイルでしたから、凛とした歌い方がまたいっそう引き立ったのですが、メジャーデビュー以降はバンドサウンドの中でのピアノの弾き語り、ということでちょっと色が変わっていました。もちろんカップリング曲などでは以前のような弾き語りオンリーもあるんですけどね。


さて今回は、全13曲のフルアルバムということで、けっこうレコード会社もショップも力が入っていました。
丁度宇多田ヒカルの久し振りのアルバムと同日発売でしたが、ショップの店頭では宇多田とアンジェラのボードが並んで掲げられていたり、特設のコーナーが設けられていたりで。インディーズ時代から応援してる人間としては嬉しい限りですね。
売り上げの方も、さすがに宇多田ヒカルと並ぶまではいきませんが、初動で12万枚で堂々2位につけました。新人の1stアルバムでは立派な成績でしょう。
初回盤は全13曲のアルバムCDと、全4曲のシングルPVとFinal Fantasy XIIのオリジナルムービー、そしてSony Music Anime Fes. でのライブ映像という6トラックのDVDがついていました。
ちなみに私が通っているHMV池袋メトロポリタンプラザ店では、水曜時点でこの初回盤は売り切れ状態でした。あわてて普段は行かないサンシャイン通店へ走りました。火曜日の夜には入荷するんですが、HMVでは水曜がダブルポイントということで、ついつい一日延ばしちゃうんですよね。これからは予約するようにしましょうかねぇ。

1stアルバムということで、「Home」「心の戦士」「Kiss Me Good-bye」「This Love」のシングル4曲は収録されています。さらにインディーズ時代の「One」に収録されていた「Rain」も入っています。その他8曲が純粋な新曲ですね。とはいってもライブなどではやってたんでしょうが。
今日の一曲は4曲目、「Music」を取り上げます。


ピアノの弾き語りというスタイルから、どうしてもミドルテンポからスローテンポのナンバーが多くなるんですが、この曲はアップテンポのロック・ポップ曲です。
もともとロック好きの私には、こういうナンバーの方がお気に入りです。
軽快なバンドの音です。ドラム・ベース・ギター・ストリングス、それにもちろん彼女自身のピアノも入っています。ギターやストリングスよりもピアノの音が大きく聞こえるのは、彼女自身がピアニストですから仕方ないところですね。逆にギターポップに馴れた耳には、新鮮に聞こえます。
音の仕上がりとかはU2なんかを思い出させます。もちろんあちらはギターロック、こちらはピアノロックという違いはありますが。凛とした歌い方は鬼束ちひろをイメージさせます。もちろん声質や楽曲の色は全然違いますが。
もうちょっとこういうアップテンポのナンバーを増やしてくれると、楽曲にも幅が出来ていいんですがねぇ。いずれにしろ彼女の今後の活躍に注目です。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 06:17│Comments(2)TrackBack(0)clip!J-Pop(Woman) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by moto   2007年01月31日 12:29
曲名がわからなくて
「ちょっとした言葉で 鬼束」
で検索したらここにきました。
アンジェラさん
聴いてみたいと思います。
2. Posted by たろう   2007年02月01日 06:29
どうもです。
>曲名がわからなくて
ということですが、どこで聴かれたんでしょうかねぇ。
現在FM局でしょっちゅう流れているのは、この曲の特別バージョンとでも言うべき「Power Of Music」という曲でして、今年3月に発売されるシングルのカップリングに収録が決まっています。もしかしたらそちらの方かもしれません。キャンペーンソングですんで、よく耳にしますから。
それでもこうやってアンジェラファンが少しでも増えると、私も応援しがいがあります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM