2006年07月29日

THE ALFEE / 挽歌5

《今日は何の日》
まずは今日がお誕生日の方。
女優の坂上香織。歌手の小野リサ。女優の高木美保。作家の山際淳司。箭弓の山田久志。元首相の橋本龍太郎。イタリアの独裁者ムッソリーニ。
今日が命日の方。
小説家の森敦。画家のゴッホ。作曲家のシューマン。
主な出来事。
チャールズ皇太子とダイアナ妃が挙式(1981)。パリの凱旋門が完成(1836)。フランス七月革命が終結(1830)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
THE ALFEE / 挽歌
81年「Almighty」収録。
テーマ:雨で続けます。
苦しい時のアルフィー頼みです。そろそろ「雨」もいいですかね。

ALMYGHTY ALFEE


昨日と同じように、略歴等はすっ飛ばします。
79年にキャニオンレコードに拾われ再デビューし、「Time And Tide」、「讚集詩」と二枚アルバムを出しましたが、ヒットまでには至りませんでした。
レコードの売り上げは確かに低空飛行でしたが、ライブは着実に動員を増やしており、ライブハウスから小ホールへ昇格した時期です。
81年にはヒット曲もないまま年50本のコンサートを敢行しています。しかもファイナルは、ヒット曲もないまま渋公でした。
この「ヒット曲もないまま」ってのが枕詞になってますね。テレビに出れば例の人当たりの良さでファンを増やし、ライブをやればレコードとは違う幅の広さでファンを虜にし、坂崎さんは「オールナイト・ニッポン」で人気を誇ってましたし。後はヒット曲だけ、という状況が続いてましたから。
唯一のヒット曲がBeat Boys名義で出した「スターズ・オン23」、例の拓郎メドレーです。ちなみにこの曲は81年8月発売でした。
「ヒット曲もないまま」82年は年70本のツアー、初の野外単独イベント、83年は武道館と、「順調な苦労」が続きましたねぇ。もっともメンバー本人たちは集まってわいわいやって楽しく過ごしてたようです。一人になった時は考えてたと言っていますが。


ライブは大受けなのにレコードは売れない、という状況をどうにかしようとしたのが、このアルバム「Almighty」です。
全12曲で、それまで以上にバラエティを出しています。
いきなり「サタディ・ナイト・フィーバー」を意識した「Meet the Alfee」から、ウェストコーストサウンドやビートルズ風、組曲的ロックの「Saved by the Love Song」まで、A面は色々なサウンドをためしています。
そしてB面の7曲。ライブの臨場感を広げようと、スタジオライブで収録しています。
こちらもたった三人のアコースティックスタイルながら、「何でもアリ」のステージになっています。S&G風の綺麗なポップスから演歌調、タンゴ、極め付けがこの生ギターでのロック「挽歌」です。


ホントに三人でやってるのか、というぐらい音が厚いんです。100人の観客による手拍子にのって、思いっきり突っ走っています。
この時期のライブを指して、「いないはずのドラムが聞こえる」と評されたことがありますが、それがよく分かります。
生ギター2本とベース、それにコーラスとなれば、70年代フォークの構成ですよね。フォークルとかかぐや姫とかのスタイルです。それでもこの曲はハードロック的「ノリ」があります。ギターだけで何でもこなしてきた実力ですかね。

それにしてもこの観客のパワーは凄いですね。メンバーにのせられるように、というよりもメンバーをのせるような熱気を感じます。アル中のパワーは凄いですからねぇ。とくに「メリーアン」前の売れない時期を支えてきた大先達たちのパワーは、たかだか二十年程度のファン歴の私など足元にも及びません。
この方たちは今でも現役の人がいますからね。今年の夏のイベントには、この頃のファンがどれ位集まってくるのでしょうか。会場を見渡すのも楽しみです。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 09:09│Comments(2)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hiros   2006年07月30日 13:33
5 アルフィーの中でもっとも多く弾き語りをしたのがこの曲です。高校時代、フォークソング部の中で代々引き継がれてきたので、今でも歌詞はだいたい頭に入っています。
でも、世間的に認知度が低いのでカラオケで歌っても場の盛り上がりに欠けてしまうんですよね。このアルバムに収録されているバージョンは名曲なのに……。
2. Posted by たろう   2006年07月31日 00:01
どうもです。
この曲は雰囲気のいい曲ですよね。生ギターとベースだけですが、勢いがあって、コーラスもきちんと入れられてるし。
ファンの認知度は高いんですけどね。それ以外の人となると、やはりシングルになっていない、しかも売れる前の曲ってのは厳しくなりますね。
それでも歌ってもらえるというのは、ホント嬉しいですね。ファンを代表してお礼を言います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM