2006年09月20日

Aerosmith / My Girl3

《今日は何の日》
まずは今日がお誕生日の方。
歌手の安室奈美恵。声優の堀江由衣。歌手の一青窈。ポルノグラフィティのハルイチ。歌手の石井聖子。わらべの高橋真美。歌手の石川ひとみ。シンガーソングライターの小田和正。俳優のソフィア・ローレン。
今日が命日の方。
戦国武将の山内一豊。浮世絵師の喜多川歌麿。グリム兄弟の兄ヤーコブ・グリム。作曲家のシベリウス。
主な出来事。
イチローが日本プロ野球初の1シーズン200本安打を達成(1994)。鈴鹿サーキットが完成(1962)。


★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
Aerosmith / My Girl
89年「Pump」収録。
テーマ:風で続けます。
今日もロック系からの紹介です。
風にまつわる曲、もうちょっと探しやすいかと思ったんですけど、けっこうしんどいです。
ロック系ってのは邦楽と違って、あまり詩の内容を考えませんからね。

パンプ (紙ジャケット仕様)


さてさて、エアロスミスです。
73年にデビュー。70年代に第一期黄金期を迎えます。しかし人間関係やドラッグなどでバンド間がギクシャクし、80年にギターの二人、ジョー・ペリーとブラッド・ウィットフォードが脱退。
後任ギタリストを迎えたアルバム「Rock In A Hard Place(美獣乱舞)」は最大の失敗作と批評されました。
解散寸前の84年にジョー・ペリーらを加えたオリジナルメンバーで復活。
RUN D.M.Cによるカバー「Walk This Way」が全米4位という大ヒットも手伝って、商業的には70年代をもしのぐ第二期黄金期に至ります。
特にアルバム「Permanent Vacation」「PUMP」「Get A Grip」の三作は大ヒットとなりました。もっともいわゆる売れ線狙いという、70年代に彼らが作り上げた音楽とはまったくの別物となってしまい、「産業ロック」と揶揄されていましたが。
97年に映画「アルマゲドン」のテーマ「I Don't Want To Miss A Thing」が、バンドにとって初めてとなる全米1位を獲得。大御所バンド振りを見せつけ、日本でもドームツアーなどやってましたっけ。
04年に無期限休業宣言を出しましたが、新作の噂が出ています。確実なところは分かりませんが、多分また動き出すでしょう。そんな気がします。


1 Young Lust
2 F. I. N. E.
3 Going Down (Love in an Elevator)
4 Monkey On My Back
5 Janie's Got A Gun
6 Dulcimer Stomp (The Other Side)
7 My Girl
8 Don't Get Mad, Get Even
9 Hoodoo Voodoo Medecine Man
10 What It Takes
11 Ain't Enough

このアルバムは第二期黄金期の代表作です。さすがに黄金期、四曲のシングルヒットを出しています。
ちょうど私が洋楽に興味を持ち始めた時期がこの第二期黄金期でして、よく記憶に残っています。とはいっても真面目に聴いたことも少ないんですよね。同時期にWhitesnakeの「サーベンスアルバス」とか、Europeの「Final Countdown」とか、Bon Joviの「New Jersey」とか、ハードロック系の大ヒット作が相次いでたため、そちらの方が興味の大半を占めていました。なのでアメリカンロックの方は後回しってのが実状でしたっけ。
その後は70年代の第一期黄金期の方の曲に興味が行ってしまい、いまだに第二期三部作の「Get A Grip」は未入手のままです。


明るくノリのいいアメリカンロックです。
メジャーキーでテンポよくリフを繰り返します。重くなりすぎないリズムや、能天気なコーラスなど、80年代エアロのイメージ通りの曲です。
ステージでは盛り上がるでしょうねぇ、こういう曲は。私の好みでは「Dream On」のような重苦しい70年代エアロの方が好きなんですが、こういう底抜けに明るいアメリカンロックもたまにはいいものです。日常的なイライラ(通勤電車の混雑やコンビニで冷やし中華が無くなったとかいっこうになつかない馬鹿犬とか)が、すべて何でもないことのように感じます。精神衛生的に、こういうアメリカンロックも聞かないとねぇ。...ってそんな簡単な話でもないんでしょうが。
この曲はあまり起承転結がハッキリしていません。何度も聴ける短さ(3分10秒)や、イントロから終わりまで絶好調という曲調から、一曲リピートでもなかなか飽きません。これって実は凄いことだったりします。飽きっぽい私には特に。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 06:15│Comments(0)TrackBack(1)clip!Rock 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 伊達政宗(正宗)の言葉  [ Beauty ]   2006年09月22日 08:50
伊達政宗。戦国時代末期の武将で、仙台藩始祖です。10年以上前にNHK大河ドラマで渡辺健主演でやっていましたよね。ウィキペディアで調べごとをしていて、伊達政宗の項目に辿りついたので色々と見ていたら、感動する言葉が。政宗は、料理について「馳走とは旬の品をさり気...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM