2006年12月24日

THE ALFEE / 聖夜5

《今日は何の日》
・まずは今日がお誕生日の方。
女優の石原さとみ。タレントの佐久間純子。俳優の逸見太郎。歌手のリッキー・マーティン。小説家の小野不由美。海援隊の千葉和臣。ミュージシャンの伊藤銀次。歌手の平尾昌晃。
・今日が命日の方。
俳優の三船敏郎。作曲家の河村光陽。航海者のバスコ・ダ・ガマ。
・主な出来事。
新宿伊勢丹前で鉄パイプ爆弾が爆発(1971)。ヴェルディのオペラ「アイーダ」が初演(1871)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★

《今日の一曲》
THE ALFEE / 聖夜 -二人のSilent Night-
87年「U. K. Breakfast」収録。
テーマ:クリスマスソングで続けます。
毎年恒例になりました1224の「聖夜」です。アル中のイブはこの曲で決まりです。
もちろん他にもクリスマス曲、冬の曲はあるんですが、どうにもこの曲を聴かないと落ち着かないというか。アル中には困ったもんです。...すっかり棚に上げてますが。
例によってアルフィーは略歴を省きます。かわりに今回は、イブの武道館に関してちょこっと。

U.K.Breakfast


アルフィーと武道館は、かなり古くからの付き合いになります。ま、そりゃ歴史が長いですからね。
最初のステージは83年8月24日、2回目の夏のイベントとしてのステージでした。合計78台のマーシャルの壁を作り、ハードロックアルフィーとしてスタートした時代です。この後「メリーアン」のヒットを皮切りに日本の代表バンドへと成長していきました。
翌84年からは年末、12/22、23日が指定席となっています。当時のイブはRCがずっとやっていましたからね。
RCが解散した後の87年、ようやくアルフィーがイブのステージに立つことになります。87年は21日から4日連続武道館でした。88年からは22、23、24の3Daysが指定席です。毎年3日やってるってのも凄いことですね。今年でイブの武道館20回目ですからね。

さて話をイブに絞ります。
毎年なにかしらのイベントをやってくれるんです。これまでにもアンプラグドをやってみたり、ヘビメタだったり、クラシックだったり、レゲエだったりという音楽的なことはもちろん、時代劇の立ち回りをやってみたり、天使の衣装で宙を飛んでみたり(誰がやったかすぐわかりますね)。たまにはビートボーイズの乱入なんてこともありました。
毎年このイベントがあるために、イブのチケットは争奪戦になって、オークションなどですんごい値段がついてたりします。一度は見たいと思いますがね、そのお値段ではちょっと...。ただでさえ年末貧乏なんですから。


「U. K. Breakfast」
1 Far Away
2 Girl
3 Stand Up, Baby
4 黄昏に瞳を閉じて
5 聖夜 -2人のSilent Night-
6 1月の雨を忘れない
7 It's Alright
8 クリスティーナ
9 My Truth
10 終わりなきメッセージ

タイトルの通り、イギリスでトラックダウンされています。レコーディングは日本で行なわれていますが。
6、9がシングル曲、2、7がカップリング曲です。ちなみに6、7のコンビはアルバムからのカットシングルです。
面白いところで、8「クリスティーナ」は「とんねるず」への提供曲で、87年のアルバム「河口湖」に収録されています。10「終わりなきメッセージ」エンディングのコーラスは、坂崎さんの出身校である都立隅田川高校フォークソングクラブの面々が参加しています。なんかほのぼのしますね。
全体的にUKを意識した音作りになっていまして、シーケンスのリズムが大胆に取り入れられていますが、アルフィーは元々なんでもありのグループですからね。


静かな生ギターから始まります。ロマンチックなバラードに見せかけて、一気にテンポアップするパーティーナンバーです。
やたらと生ギターが前面に出て来て盛り上げます。さらにエレキもクリーンなトーンでのカッティングが主体で、テンポよく進めています。
ドラムはさすがにUKらしく乾いた音ですが、それ以外は普通にアルフィーナンバーですね。もちろん三声のコーラスもバッチリ入ってますし。

コンサートではたいていが賛美歌とセットで歌われています。
「♪あめつちこぞりて♪」
というやつですね。その後坂崎さんが生ギターをちょっと鳴らしただけで一気に歓声が上がります。やっぱりわかってるファンしか行ってはいけないような雰囲気がありますね。
この曲が演奏されるのはたいていイブスペシャルの後ですから、メンバーの衣装はそのまんまのことが多いんです。なのでイブライブの映像とか見ますと、ヘビメタ調だったり、着流しだったり、サンタの着ぐるみだったりと、ロマンチックとはほど遠い違和感があります。それでもファンは盛り上がれるんです。ま、そのギャップも楽しいんではありますが。
つくづくアルフィーってのは、想定外(イベント)と予定調和(お約束の曲)のグループですね。だから私らファンも楽しみつつついていけるんです。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 09:32│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM