2007年02月15日

THE ALFEE / Promised Night5

《今日は何の日》
・まずは今日がお誕生日の方。
女優の香椎由宇。歌手のショコラ。タレントのインリン。歌手の堀ちえみ。歌手の浅田美代子。作曲家の中山大三郎。漫画家の白土三平。児童文学の松谷みよ子。スキーの三浦敬三。小説家の井伏鱒二。物理学者のガリレオ・ガリレイ。
・今日が命日の方。
小説家の新田次郎。歌手のナット・キング・コール。作曲家のボロディン。
・主な出来事。
東京・日劇が閉館(1981)。全日本スキー連盟設立(1925)。メイン号事件(1898)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪

《今日の一曲》
THE ALFEE / Promised Night
92年「Promised Love -Ballad Selection-」収録。
バレンタインが終わりましたけど、ラブソング特集を続けます。
今日は私のフェイバリット、アルフィーの中でもコテコテのラブバラードを。

PROMISED LOVE


アルフィーさん、74年デビューでして、もうこの世界に入って30年以上がたっています。
そして初めてのヒット曲が83年の「メリーアン」ですから、もう25年近くも日本の音楽界のトップを走り続けています。
とはいっても、本当に大ヒットと呼べる曲ってのは少ないんですよね。何となく上位にいるってのがポジションといいますか。
ファンは常に中心に考えてますから見えにくくなりますが、冷静に考えると「メリーアン」「星空のディスタンス」あたりの最初のヒット郡以降は、87年の「サファイアの瞳」と92年のシングル「Promised Love」ぐらいでしょうか。後はトップ10こそ死守していますが、ファン以外の人にはあまりアピールできずに終わってます。

さてそんなわけで、「Promised Love」は久しぶりの大ヒットとなったわけです。
一応ドラマとのタイアップでしたが、ドラマの方はヒットしませんでしたねぇ。私は二度ほど見ただけで話についていけずに終わりました。ドラマの不調の割にはロングヒットとなって、それはそれでファンとしては嬉しかったんですが。
そんな大ヒットを、企画物大好きなポニーキャニオンが放っておくはずありません。ここぞとばかりにバラード曲を集めたバラードセレクションを作りました。それがこの「Promised Love -Ballad Selection-」です。


「Promised Love -Ballad Selection-」
1 確かにFor Your Love
2 Promised Love
3 恋人達のペイヴメント
4 Loving You
5 My Sweet Home
6 Nobody Knows Me
7 心の鍵
8 Wind Tune
9 泣かないでMy Love
10 風よ教えて
11 1月の雨を忘れない
12 Musician
13 いつも君がいた
14 Promised Night

企画物とはいっても、ただ曲を並べただけではなく、ほとんどの曲が新録です。新たなバージョンは1、3、6、7、8、9、10、12と8曲にも及びます。また新曲が二曲、5、14と入っています。
ということでオリジナルと同じ状態で入っていたのはタイトル曲の2と当時の最新アルバムに入っていた13、元のアレンジが良かった4、11のたった四曲。そりゃファンは放っておきませんよね。
5はもともと明石家さんまさんへの提供曲でして、セルフカバーってなるんですかね。


純粋な新曲です。この曲にはチョットいわれがありまして。
この年の夏のイベントなんですが、もとは米軍厚木基地で予定されていました。許可とかいろいろ難しい問題もあったんでしょうが、ようやくこぎ着け、チケットも発売されていたにもかかわらず、直前になって中止となってしまいました。終戦記念日に米軍基地で、ってのがやり玉に上がったようですね。
中止が決まってからほぼ一ヶ月半、そこから新たな場所探しが始まり、なんとか横須賀海辺ニュータウンで開催される運びとなりました。数万人規模のコンサートができる野外スペース、近隣への騒音問題、花火を打ち上げるとなれば消防などもかかわってきますし、ステージセットからチケットから、すべてを一ヶ月半でこなしたんです。
当時のラジオで「なんとかやるから。約束するから」と言ってたのを覚えています。
その夏イベの副題が「Promised Night」となり、私らファンとアルフィーの「約束の夜」となりました。
そのイベントでアンコールに歌われた新曲でした。だから私のように当時ハラハラしながらライブへ行った人間には、スゴイ思い入れのある曲です。

高見沢ボーカルのロックバラードです。
アルフィーにはよくある、思いっきり前を向いた力強いバラードです。
Aメロは静かに、サビは大げさに、というアルフィーの鉄則通りです。コーラスもばっちり入っていますし。
冷静に聴けば三つ星程度のバラード曲なんですが、夏イベで涙した人間はタイトルを聞いただけでもう無条件に五つ星を付けてしまいます。...困ったものです(←他人事)
この曲はほかのCDにはいっさい入っていませんから、このバラードセレクションで聞くか、ライブDVDを探すかしかありません。そのライブDVDも、肝心の「横須賀Just Live!」には入っていません。あの時の光景はまさにファンの思い出にだけ刻まれています。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 06:08│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM