2007年04月20日

Every Little Thing / たとえ遠く離れても4

《今日は何の日》
・まずは今日がお誕生日の方。
タレントの桜井亜弓。タレントの坂本一生。歌手の山下智美。写真家の紀里谷和明。歌手の倉沢淳美。漫画家の冨永一郎。画家のミロ。
・今日が命日の方。
バイクレーサーの加藤大治郎。小説家の内田百?。江戸将軍の徳川家光。
・主な出来事。
ダ・ヴィンチの「モナリザ」が東京国立博物館で公開(1974)。第二次東大事件(1952)。モンドヴィルの戦い(1796)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪

《今日の一曲》
Every Little Thing / たとえ遠く離れても
97年「everlasting」収録。
テーマ:春で続けます。
なんかここんところ天候不順で、いまいち春らしくはないんですが。
初期ELTのキラキラしたサウンドは、春っぽいかなぁと思ったんですが、雨続きでは雰囲気が合いませんねぇ。

エヴァーラスティング


持田香織(vo)、伊藤一朗(g)、五十嵐充(Key&Program)の三人組でスタート。
96年デビュー。いきなり「Feel My Heart」「Future World」「Dear My Friend」と立て続けにヒットを飛ばし、1stアルバム「everlasting」は200万枚を越える大ヒットとなってます。
その後もヒット曲を出し続けますが、2000年に五十嵐がプロデュース業に専念するため脱退。しかし相変わらず出せばヒットという第一級のユニットとして活躍しています。
こういうユニットですと、徐々にボーカリストのソロ活動が始まることが多いんですが、この人たちはずっとユニットのまんま頑張っていますね。こういうグループに対する姿勢は好感が持てます。ま、イックンのキャラクターってのも、重要なELTの持ち味ですからね。


「everlasting」
1 Future World
2 Feel My Heart
3 Here and Everywhere
4 Season
5 二人で時代を変えてみたい
6 たとえ遠く離れてても
7 micro stress
8 Dear My Friend
9 Looking Back on Your Love
10 Never Stop!
11 I'll Get Over You
12 Double Moon

1stアルバムです。このアルバムはヒットしましたねぇ。
1、2、8がシングル曲です。どれもこれもヒットしてました。7、12はインストの小品です。曲というよりも、ちょっとした遊び、おかずのようなものです。


これぞELTという、キラキラしたシンセが印象的なナンバーです。特にサビは印象的ですねぇ。
それに対してAメロ、Bメロは若干弱いというか、とってつけたような印象があります。サビ優先で曲を作ったな、と分かりますね。
歌のバックは基本的にシンセばかりです。一応はイックンのギターも入っていますが、バッキングというよりはアクセント程度です。しかし間奏はギターがいろいろやってるんですよねぇ。特に間奏後半部分の逆回転を使った遊びは面白いです。ま、この間奏部分も、基本はシンセなんですが、シンセがリードを取らないでギターに回すところがこのグループらしさでしょうか。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 06:05│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM