2007年04月28日

THE ALFEE / 冒険者たち4

《今日は何の日》
・まずは今日がお誕生日の方。
女優のペネロペ・クルス。歌手の生稲晃子。クライズラー&カンパニーの斎藤恒芳。惑星地質学のユージン・シューメーカー。洋画家の東郷青児。
・今日が命日の方。
彫刻家の左甚五郎。小説家の中里介山。高校野球監督の蔦文也。
・主な出来事。
ボクシング・チャンピオンのモハメド・アリが徴兵を拒否(1967)。サンフランシスコ平和条約が発効(1952)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪

《今日の一曲》
THE ALFEE / 冒険者たち
94年同名シングル。
テーマ:アニメのテーマで続けます。
昨日の岩男潤子さんの声優デビュー作である「モンタナ・ジョーンズ」、主題歌はアルフィーさんでした。
ということで、順序が逆になってしまいましたが、アルフィー曲に行ってみたいと思います。

冒険者たち


アルフィーさんとアニメのタイアップというと、結構数があります。ま、今やJ-Popがアニメのタイアップというのは珍しくもありませんからね。
一番有名なのは84年のアニメ映画「SF新世紀レンズマン」の「STAR SHIP」でしょうか。これでアルフィーの存在を知った人も多いでしょう。特に当時小・中学生だった私ら世代は、アニメ映画の主題歌というと、かなり身近に感じますからね。...ま、見ていませんが。
87年の「君が通りすぎた後に」は東宝映画「タッチ3」の主題歌でした。
98年の「Brave Love」は東映アニメ映画「銀河鉄道999 エターナル・ファンタジー」の主題歌。999というとゴダイゴしか思いつきませんが、テレビと映画では視聴者数も違いますからねぇ。
99年の「Justice For True Love」はアニメ映画「金田一少年の事件簿2 殺戮のディープブルー」の主題歌。03年の「タンポポの詩」はテレビアニメ「ドラえもん」のエンディングになりました。
こうして見ていきますと、ほとんどが映画作品ですね。だからコアなアニメファンならいざ知らず、テレビでちょこっとしか見ない人には、あまりアルフィーとアニメというのは結びつきませんね。実際私のような「アニメを見ないアル中」は、アニメのテーマと言われてもあまりピンと来ません。


「冒険者たち」
1 冒険者たち
2 El Dorado (English Version)
3 冒険者たち(カラオケ)

「モンタナ・ジョーンズ」は日本のスタジオジュニオとイタリアのREVER社との国際共同製作ということで、NHKでの放送後におよそ30カ国で放送されました。その時ももちろん主題歌はアルフィーということで、この曲は通常のものと英語バージョンとが存在します。エンディングテーマの「エルドラド」と二作同時リリースという形で、この「冒険者たち」には「エルドラド」の英語バージョンが、「エルドラド」には「冒険者たち」の英語バージョンが、それぞれカップリングされています。オケは一緒ですんで、ある意味美味しい仕事ではあります。でも同じ曲を日本語と英語とで歌わなければいけないんで、しんどいところもあるでしょう。
その「エルドラド」は高見沢ボーカル、この「冒険者たち」は坂崎ボーカルです。


アルフィーには珍しい4ビートです。なのでちょこっとだけジャズの風味がします。ま、あまり目立つものではありませんし、この人達はクラシックだのジャズだのっ手ジャンルに関係なく要素を取り込んでいくんで、違和感は感じません。
この曲も4ビートではありますが、ハードギターが活躍していますし、間奏では民族楽器風の笛の音やら摩訶不思議なコーラスやらで、さすがごった煮バンドの実力発揮です。
とはいえ、初めからアニメのテーマを意識して作っていますんで、少年向き冒険もの、というイメージはありますかね。
イントロのシンセサウンドから、なだれ込んでいくギターといい、サビの決め所といい、とにかく勢いがあって、盛り上がる曲です。なのでライブでやる時も大盛り上がりです。
テレビ向きですんでボーカルが中心にまとまりすぎています。
音楽的には三声コーラスを均等のボリュームでってのは、ビートルズやCSNYなんかから脈々とつがれる手法なんですが、テレビではあくまでメインメロディだけが出てくるようにされてまして。これはモノラルで聴いた時でもちょうどよいバランスで、ということなんでしょうかねぇ。Aメロはきちんと左右に振られていますが、サビは坂さんのボーカルの後ろにコーラスがついてるような印象です。

ところでこの曲、テレビの主題歌としてはショートバージョンというか、特別に編集されたものが使われていました。イントロから始まって、1コーラス目のサビでもうエンディングという、いかにもとってつけたようなアレンジでした。もちろんオープニング以外でかかることは無かったんですが、私が見ていた中で一回だけ、劇中でフルコーラスかかった時がありました。このテンポのいい曲は、アニメの劇中歌としても良くできているな、と感じました。
ただ元気をくれるだけのものではなく、ちょっとしっとりしたBメロを挟むことで、よりテンポ感というか、サビの爆発力が際立ちます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 11:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM