2007年06月16日

I WiSH / さよならの雨4

《今日は何の日》
・まずは今日がお誕生日の方。
タレントの五十嵐薫。Buck Tickの星野英彦。サイズの松浦雅也。ギタリストのChar。詩人のねじめ正一。映画監督の山本晋也。小説家の藤川桂介。
・今日が命日の方。
小説家の住井すゑ。小説家の島田一男。浮世絵師の菊川英山。俳優のジョージ・リーブス。
・主な出来事。
新潟地震(1964)。孫文が日本に亡命(1901)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪

《今日の一曲》
I WiSH / さよならの雨
03年「伝えたい言葉」収録。
テーマ:雨で続けます。
梅雨に入ったと思ったとたん、昨日は夏日でした。
今日もまるで梅雨が明けたようないい天気です。
が、関係なく雨の曲を続けますが。

伝えたい言葉~涙のおちる場所~


ボーカルのaiとキーボードのnaoの二人組ユニットです。
表向きはnaoがaiをスカウトしてユニットを組んだようなことが言われてますが、実際のところは事務所が川嶋あいのために、戦略的にソロユニットを作り上げたようです。ソニーの広報資料に記されてた、と暴露されています。
その川嶋あいは86年2月21日生まれ、福岡市の出身です。
3歳の時から音楽教室に通い演歌歌手を志していたと言います。99年に一度は演歌歌手としてデビューしていますがまったく売れていません。
01年に上京し、堀越高校に入学。上戸彩や小池徹平らと同級生でした。その後転校したそうですが。
02年から渋谷を拠点にストリートでの弾き語りを始め、徐々に人気を得ました。
I Wishとして03年2月にシングル「明日への扉」でデビュー。この曲は02年10月から一年間、フジテレビ系人気バラエティ番組の主題歌として息の長いヒットを続けました。
03年8月に「川嶋あい」名義での渋谷公会堂でのライブで、I WiSHのaiと同人物であると告白。とりあえずはI WiSHでの活動がメインになりました。
そのI WiSHは5枚のシングル、2枚のアルバムを残し、05年3月に発展的に解散。その後ベスト盤が1枚でています。
ソロとしては03年8月にシングル「天使たちのメロディー/旅立ちの朝」でデビュー(演歌時代は除きます)。以来現在までに13枚のシングル、2枚のオリジナルアルバムが発表されています。その他にもミニアルバムは多数、路上集という微妙なベスト盤、配信限定の曲やら事務所のメンバーとのコラボやらが出ています。
今月末にはソロとしての3rdアルバムがリリースされるそうです。ま、私はソロまでは追いかけてませんが。


「伝えたい言葉 -涙の落ちる場所-」
1 明日への扉
2 サマーブリーズにのって
3 さよならの雨
4 風になれっ!
5 ふたつ星
6 UTS -この世界の下で-
7 December
8 Flower II
9 クラスメイト以上...。
10 ☆キラキラ☆
11 光が指す未来へ
12 I

03年に発売された1stアルバムです。
1、5がシングル曲、2がカップリング曲、8はカップリング曲のバージョン違いです。
1のヒットがありますから、そこそこ売れましたね。とはいってもこのデビュー曲以上のヒットが出ていないってのも事実なんですが。一発屋的なイメージもありますが、それ以外にもいい曲はそろっています。ま、カラーは似通っていますけど。
どの曲も耳あたりのいいポップ曲で、聞きやすい曲ばかりです。カラオケで歌うにもちょうどいいんでしょうね。私は歌ったことありませんが。
どの曲も似た印象があるんで、「明日への扉」が好きな人ならば気に入るアルバムじゃないでしょうかね。


ビミョーに秋の曲です...。ま、いいでしょう。
BPM=70のゆったりバラードです。音はシンセの柔らかいエレピ音とストリングスが中心で、いわゆるバンドサウンドはぜんぜん顔を出しません。ボーカル自体も柔らかい声ですんで、全体的に丸く肌触りのいい曲ですね。
アルバムに一曲、こういうバラードが入ってると落ち着きますね。とはいっても三曲目に入れるってのはどうかと思いますが。
A-B-A-B-C-A-Bで1コーラス。A-B-Cで2コーラス。間奏が入ってC-A-B-B'という構成です。最近こういう変わった構成の曲が多いですよね。昨日の百恵ちゃんとは大違いです。
全体的にストリングスが入っているんですが、最初のうちは白玉系の雰囲気を盛り上げる程度です。間奏から先はいろいろと動いてて、ここら辺は勉強になります。そりゃ本格的なクラシック曲とは比べ物になりませんが、ポップス曲でリズムなしという特殊な曲ですからね。
川嶋あいの歌い方は、あまり代り映えしません。なんかどの曲も似てるなぁ、という印象です。バラードですから多少しんみりした部分はありますが、「明日への扉」とどう違うんだろう、となると...。ま、いつ聴いても同じ雰囲気ってのは、それはそれなりに特徴となるわけで。
アルバムのどの曲を聴いても当たり外れのない得点になります。彼女の曲が好きな人なら、この曲にも70点をつけることでしょう。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 10:45│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM