2007年07月06日

亜波根綾乃 / 星の声5

《今日は何の日》
・まずは今日がお誕生日の方。
女優の佐藤亜紀子。歌手の大西結花。女優のとよた真帆。映画監督の崔洋一。歌手の瀬川瑛子。俳優のシルベスター・スタローン。作曲家の遠藤実。
・今日が命日の方。
作曲家のロドリーゴ。ジャズトランペットのルイ・アームストロング。画家のルドン。小説家のモーパッサン。
・主な出来事。
イギリス北海油田で爆発事故(1988)。ビアフラ戦争勃発(1967)。浅間山大噴火(1783)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪

《今日の一曲》
亜波根綾乃 / 星の声
99年「My home」収録。
テーマ:星で続けます。
アマノジャクに無理やりマイナーな曲を選ぶものですから、結構悩んでいます。メジャーなのを選べばいいだけなんですが。一応このサイトの趣旨は「知られざる名曲を紹介」ですからね。
ま、ほとんど気分次第なんですが。

My home


今日もまた微妙な曲を選んでみました。シングルのカップリング曲です。
覚えてますかねぇ、亜波根綾乃さん。81年1月6日生まれ、沖縄県出身です。
96年デビュー。ちなみにアサヤン系でした。
以来オリジナルアルバム3枚、企画物1枚、ベスト盤1枚。シングルは十枚ほど出してます。
この活動してた時期ですら影が薄かったですからねぇ。なにしろ小室全盛期。
1stアルバムを仕入れてきて、その大きな世界観に圧倒されました。
特に「ひこうき雲の空の下」や「大きな風」などはとてもデビューしたてのコムスメに歌わすにはもったいないほどです。確か当時15才ぐらいでした。
現在は完全に業界から身を引いてしまって引退状態ですが、彼女の歌声(というか世界観)のファンは今でも多いんです。ネットで検索をかけるときちんとしたHPがいくつかヒットしました。当時、他のアイドルのような熱狂的ファンがついていたとも思えませんが、彼女の曲は一度世界観にはまると、なかなか抜け出せない人なんですね。


「My home」
1 My home
2 星の声
3 夜の翼
4 My home (インスト)

99年のシングルです。おそらくこれがラストの録音でしょう。この曲の直後にアルバム「Re.Birth」がリリースされ、その三ヶ月後にベスト盤をリリース。これで全経歴を終えています。アニメのテーマでひとつだけリリースがありますが。
一応はタイアップもついてたようですが、ハッキリいって話題にもなりませんでした。
それでもその世界観から抜け出せなかったファンは応援を続けてましたが、結局はこれが最後になりました。寂しいですね。


シンガーソングライター・小谷美紗子さんの提供曲です。小谷さんの曲は真面目に聞いたことないんで、どの程度カラーが違うのかよく分からないんですが。

彼女らしいスケールの大きな曲です。
ちょっと重たいところはありますが、そこがまた意外性があっていいです。
とことん抑揚を抑えた出だしから、遠く広いところへ飛翔するサビに至るまで、彼女らしくない質感と彼女らしいスケール感で統一されています。
ピアノや生ギター、ストリングスといった音を上手く使っています。それらの後ろではエレキギターをはじめとするバンドサウンドがいるんですが、バンドは後ろで深いところで、生音系は近くで、という印象です。そして彼女のボーカルは近くにいながらリバーブをたっぷりかけて両極を橋渡ししています。なので生音でしっとり歌ってる時も、バンドサウンドに埋もれるように歌ってる時も、微妙な違和感があります。
このバンドサウンドと生音の距離感は面白いですね。そしてこの距離感を保つためには、このアレンジしかないというボーカルです。個別にチェックしていけば三つ星程度の曲なのに、一曲としてとらえると五つ星に変わる、そんな不思議な曲です。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 06:07│Comments(2)TrackBack(0)clip!J-Pop(Woman) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by anego   2007年07月06日 16:04
5 全く知りませんでした。
ただ、ブログの中に入ってしまうと凄い世界にワープしちゃった感がやみつきです。
お気に入りで少しの時間が休憩になります。
いつもありがとうございます。
また、遊びにきます。

※コメントとか管理して下さるのも好きです。
つまんないリンクでミク疲れみたいにならなくてうれしいです。
2. Posted by たろう   2007年07月07日 00:02
どうもです。
そうでしょうねぇ、知らないでしょう。
活動していた時期ですら、微妙な扱いでしたから。
そのかわり、はまった人はなかなか抜け出せない独特の世界観を持ってる人です。
こういう人をどんどん取り上げていきたいんですけどね。なかなかこういう人っていないのも事実です。

ここも以前は関係ないTBやらコメントやらがいっぱいありましたが、削除するのも面倒ですから、全て下書き状態にさせてもらっています。読者様に不愉快な思いをさせたくないですし、ルーズな管理をしてると思われるのもしゃくですし。何より面倒くさいんで。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM