2007年09月07日

Eagles / Life In The Fast Lane5

《今日は何の日》
・まずは今日がお誕生日の方。
バイクレーサーの阿部典史。ミュージシャンのテイ・トウワ。空手のアンディー・フグ。歌手の長渕剛。歌手の山本コウタロー。ジャズサックスのソニー・ロリンズ。
・今日が命日の方。
小説家の吉川英治。小説家の泉鏡花。戯作者の山東京伝。
・主な出来事。
ロングプリー事件。(1958)。ボロジノの戦い(1812)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪

《今日の一曲》
Eagles / Life In The Fast Lane
76年「Hotel California」収録。
テーマ:リフのカッコいい曲で続けます。
70年代ロックを代表してイーグルスです。Zeppもパープルも70年代じゃないか、というツッコミはなしにしてください。
ロックというジャンルが一番華やかだったのはやっぱり70年代ですからねぇ。どうしてもそこら辺の曲が多くなってしまいます。
それにしても...台風ですねぇ。暴風雨ですねぇ。...会社行きたくねぇ!!
ま、そんなこと言ってられないんで、着替えを持って行ってきます(T T)

ホテル・カリフォルニア


イーグルスにもカッコいいリフの曲があります。何しろ腕っこきのギタリストが揃ってますからね。もともとがリンダ・ロンシュタッドのバックメンバーで、そこへもってきて元ジェームズ・ギャングのジョー・ウォルシュと元Flowのドン・フェルダーが途中参加ですからね。そりゃいいプレイを聴けるってもんです。
初期の頃はカントリーチックでしたんで生ギターやクリーントーンのエレキを上手く使ったウェストコーストサウンドでしたが、特に「On The Border」や「呪われた夜」以降のドン・フェルダー参加後は、ギターロックの名曲が数多くあります。
「呪われた夜」のイントロでのベースリフなんかカッコいいです。三人のギタリストを擁するギターバンドが、ベースで仕掛けてくるってのが面白いです。
この名盤「Hotel California」はそれこそ名曲揃いですが、ギタープレイも宝庫です。名曲「Hotel California」のイントロやエンディングでの掛け合いプレイ(このイントロを名リフと数える人もいるようですが)、「Victim Of Love」のイントロやバックでの単純なリフなどもいいんですが、印象に残るリフといったらやはりこの「駆け足の人生 -Life In The Fast Lane」です。


「Hotel California」
1 Hotel California
2 New Kid In Town
3 Life In The Fast Lane
4 Wasted Time
5 Wasted Time (Reprise)
6 Victim Of Love
7 Pretty Maids All In A Row
8 Try And Love Again
9 The Last Resort

76年にリリースされた5枚目のアルバムになります。この時のメンバーはドラムにドン・ヘンリー、ベースにランディ・マイズナー、ギターが三人にてグレン・フライ、ドン・フェルダー、ジョー・ウォルシュです。グレンとジョーはキーボードも操ります。
徐々になくなりつつあっていたカントリー色は完全になくなり、完全なロックバンドになっています。しかもギターを中心に据えつつも、要所ではピアノ(エレピを含む)を上手く使って決してギターアルバムにはなっていません。
その意味深な歌詞も含めて、どれもが名曲揃いです。
イーグルスはもちろん、ロックの歴史を代表する名盤ですね。

ギタリストが三人いるので、音が強力です。このスタジオ盤とでは違うかもしれませんが、再結成で来日した東京ドームで見た時は、ドン・フェルダーがメインのリフを弾き、ジョー・ウォルシュがオブリ、グレン・フライはアクセント程度にリズムを弾いていました。
ギターの腕前だけならドン・フェルダーが抜け出ています。何しろ全員がメインボーカルをとれるイーグルスにあって、唯一リードギタリストとしての地位に就いてた人ですから。
ジョーはギターも上手いんですが、なにぶん個性が強いですからねぇ。ギタープレイも一風変わっています。
ギターの腕前では一番落ちる(とはいってもれっきとしたイーグルスのギターである)グレンは、分をわきまえておとなしくしてることが多いですね。その分歌やピアノなどで活躍しています。
歌のバックなどでドン・フェルダーとジョーがリフを合わせると、さすがに音が厚くなります。その上グレンのリズムが入るわけですから。またエンディングなどでジョーが勝手気ままなソロを弾いてる時にもリズムとリフがきちんとついてるんですからね。ギターが三人もいると凄いなぁ、と単純に思いますね。

最後に、10月に久し振りの新作アルバムがリリース予定となっています。ベスト盤や再発盤を除けば94年の「Hell Freezes Over」以来となりますか。もっとも「Hell Freezes Over」は新曲は4曲のみで、後はMTVの再結成ライブという構成でしたから、フルオリジナルとなりますと79年の「The Long Run」以来28年ぶりです。
イーグルス
すでにドン・フェルダーは脱退していますが、あのイーグルスの新作ですからね。今から楽しみです。


starofkamuy at 06:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!Rock 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM