2008年03月21日

和幸 / 生命4

《今日は何の日》
・まずは今日がお誕生日の方。
タレントの大森玲子。女優の小林麻子。タレントの川島だりあ。小説家の江国香織。作曲家の植松伸夫。俳優の岩城滉一。作家の本田靖春。作曲家のバッハ。
・今日が命日の方。
登山家の深田久弥。剣術家の柳生十兵衛。
・主な出来事。
浦河沖地震(1982)。函館大火(1934)。

★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪//♪★★♪

《今日の一曲》
和幸 / 生命
07年「ゴールデン・ヒッツ」収録。
今日は加藤和彦さんのお誕生日です。ということで、今日は加藤さんの数ある楽曲の中から選びました。フォークルでもミカバンドでもソロでもなく、和幸です。
昨年あれだけ聞きながら、一回も取り上げてませんでしたので。

和幸:ゴールデン・ヒッツ


とりあえず加藤和彦さんです。
47年3月21日生まれ、京都府出身です。
龍谷大学在学中にフォーククルセダーズとして活動し、解散記念に出したインディーズアルバムが人気になって一年間限定で活動を延期。これがプロのキッカケになりますかね。
期間限定のフォークルを再度解散したあと、ソロとして活動。北山さんとのコンビで名曲「あの素晴しい愛をもう一度」などのヒットを出します。
72年に一転してロックバンド「サディスティック・ミカ・バンド」を世に出し、英米で大人気となっています。特にイギリスではツアーもやるなど、大人気だったそうです。逆に日本では先を行き過ぎてたため評価はあまり出ず、80年代以降に入ってようやく再評価されました。
その後ミカ・バンドは86年と06年の二度、再結成をしています。メインボーカルはそれぞれ別ですが。
その後はソロ活動やらミカ・バンドの再結成やらフォークルの「新結成」やらと、ある意味悠々自適に活動しています。
初代フォークルでの儲けをそのまんまミカ・バンドに費やし、ミカ・バンドでの儲けをそのまんまPA会社の立ち上げに使ったり。やることも悠々自適ですねぇ。ちなみにこのPA会社は日本で最初のPA会社だったそうです。


「和幸 ゴールデン・ヒッツ」
1 生命
2 サタデイナイト ムービー
3 鎮静剤
4 黄昏のビギン
5 Sensored Mail
6 バラバラふたり
7 Her Hometown
8 モノリス
9 ナニモナイ
10 無貪
11 見上げてごらん夜の星を
12 みんなの地球
13 モノリス (Live at Woodstep)

ある意味企画物の、色物です。遊び心が判らないと楽しめません。
60年代に活動し、音楽史の中でも忘れ去られている希代のユニット「和幸」のベスト盤、という位置づけです。収録されているのは全てシングル曲ということで、ボーナストラックの13以外はすべてジャケットと曲解説がブックレットに載っています。40年近く前(の設定)のジャケット写真が今の姿と変わらないのはきっと気のせいです。そんな重箱の隅をつついていたら、このアルバムは楽しめません。
それぞれが「ビートルズ風」とか、「サイモン&ガーファンクル風」とか、彼らが今新しい曲を作ったらこうなるだろう、というサウンドを勝手に作り上げています。
13はWoodstepでのライブ音源(という設定)。

「花たちよ
 春が来る
 人生は 一度だけ咲いた花の
 生命」
   きたやまおさむ / KAZUKOH

62年、サンフランシスコで「和幸」結成、その当時に作曲された曲。長い間レコーディングされなかったが、今回レコーディングされた。このアコースティック・サウンドはその後、サイモン&ガーファンクルに影響を与えた。
と、ライナーノーツには書かれています。
レコーディングされなかった曲がなぜS&Gに影響を与えたのか、とか、初めてのレコーディングなのになぜレコードジャケットが作られてるのか、とか、62年はきたやまさんは高校一年生だろう、といったツッコミは全てご法度です。
ここから読み取るのは「S&G風」ってのだけです。

2分ちょっとの小品です。生ギターの爽やかな伴奏は、「あの素晴しい愛をもう一度」に通じるものがありますね。設定通りならばS&Gの初期サウンドということでしょうか。
メインボーカルはどちらになるんでしょうかねぇ。全編コーラスがついてますし、もともと声が似てる人たちですからね。一応中心に定位してるのは加藤さんです。左右に坂さんの声があります。こういう曲は、どれがメインのラインということはなしに、コーラス全体がメインという位置づけで考えた方がいいでしょうか。
生ギターだけの伴奏、柔らかい曲調、全編コーラス、と、いかにもフォークよりのアプローチですが、アルバムの中ではむしろ異質なほどの爽やかさです。このアルバムにはサイケデリックロックやらマージービートやらの、ロック系のアプローチが多いですからね。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



starofkamuy at 09:08│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM