2008年05月30日

奥華子 / 虹色の目4

奥華子 / 虹色の目
05年「Vol. Best」収録。
テーマ:色のついた曲で続けます。

vol.best


78年3月20日生まれ、千葉県船橋市出身です。
東邦音大のトランペット専攻だそうです。04年2月からキーボードによる弾き語りでストリート活動を始め、特に柏駅前では一番の人気ストリートミュージシャンとしてテレビにも取り上げられました。何しろ手売りで一日500枚弱を売り上げたそうですから。メジャーデビュー後も路上ライブを続けてるそうです。
メジャーデビューは05年のシングル「やさしい花」になりますが、それ以前の04年に井川遥が出演したCM「TEPCOひかり」で曲を担当し、一部のマニアからは話題になりました。
06年はシングル「ガーネット」がアニメ映画「時をかける少女」の主題歌となっています。
最近ではイラストブックなどを出したり、他のコンピ盤に顔を出したり、結構幅広いですね。
そして今年、メジャーでの3rdアルバムがリリースされました。


「Vol. best」
1 小さな星
2 雲よりも遠く
3 涙の色
4 そんな気がした
5 楔
6 笑った数
7 片想い
8 愛されていたい
9 境界線
10 虹色の目
11 その手
12 伝えたい言葉
13 自由のカメ
14 笑って笑って

インディーズ時代のベスト盤です。04年から自主製作盤「奥華子 vol.1~4」と四枚をリリースしていまして、それらの音源から集めた12曲に、新曲をプラスしています。
私は「TEPCOひかりの奥華子がメジャーデビュー」というニュースを見て、このインディーズ盤を青田刈りしました。弾き語りものは好きですし、話題的にもまあまあですし。その後の活躍も、まぁそこそこ頑張っていますから、狙い目としては良かったんじゃないかと思いますが。

彼女得意のキーボードによる弾き語りです。ま、このインディーズベストはすべての曲がこういうアレンジなんですが。音色はピアノをはじめいろんな音を使っていますが、この曲ではちょっと硬めのピアノ音源です。
このピアノ音源は生音ではないでしょう。多分キーボードのプリセット音源を使ってると思います。生ピアノでこの音だったらちょっと寂しい録音技術ですからね。

詩は女性が主人公のちょっと寂しい内容です。
「どれだけ私の事 愛してくれているの?」
こういうこという女性は嫌いです。自分のことばかりじゃないですか。...って私の言い分は置いといて。
こんなこと言ってた主人公が、最後には、
「揺るぎなく 揺るぎなく 二人で今 生きていたいから
 愛されて 愛しくて それ以上何もなくて」
ときちんと二人の今後を見つめています。多少なりとも救われると言うか。女性の我ばかりを聴かされるんでは、いくら度量の広い男でも離れていきますよね。イヤ別に実体験とは関係なく、そう思うだけですが。



starofkamuy at 09:49│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Woman) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM