2008年08月25日

アルフィー / 夏しぐれ4

アルフィー / 夏しぐれ
75年「青春の記憶」収録。
テーマ:夏で続けます。

〈COLEZO!〉GREEN HORN


夏をテーマに7月末から続けてますが、何とか今日まで引っ張ってこられました。アル中なら予想できたでしょうが、今日はアルフィーさんのデビュー祈念日です。ということで、正真正銘のデビューシングル曲です。

1974年8月25日。日音、ビクター、田辺エージェンシーという超大手が手を組んで、このシングル「夏しぐれ」でデビューしました。桜井・坂崎・高見沢の三人の他に、当時は三宅さんを含めた四人組でした。
最初は「歌のうまさ」「声の良さ」で桜井さんをスカウトしたそうです。デビュー曲も桜井ボーカルのポップ曲でレコーディングしていたそうですが、高見沢さんが加入して連れて行ったら「顔がいい」ということで高見沢ボーカルでもう一曲レコーディングし、そちらがA面になってしまったという逸話があります。今でも桜井さんがラジオとかで愚痴っていますね。
「芸能界ってひどいよねぇ。顔のいい奴がきたら、とたんにB面だもん」って。


「Greenhorn」
1 青春の記憶
2 真夏の夢
3 心の扉
4 危険なリンゴ
5 一年目の春
6 卒業
7 夏しぐれ
8 ロマンス・レイン
9 ひとかけらの純情
10 水いらずの午後
11 白いハイウェイ
12 ウェイト・アローン

75年にリリースされた1stアルバム「青春の記憶」は、その後レコード会社と契約を切ったりというゴタゴタで廃盤となっていました。が、70年代に入りアルフィーがブレイクすると「Greenhorn」と改題されて再リリースされました。
もちろんジャケットなどは替わっていますが、収録曲は変わってないようです。
全12曲中、高見沢作詞・作曲が二曲、三宅・坂崎コンビ楽曲が一曲。半数の六曲が松本隆・筒美京平のコンビです。そこから考えても、思いっきりアイドル路線ですね。

マイナーメロディの歌謡曲調です。
テンポは70弱ですから、一応バラード扱いでしょうか。
バックはピアノをメインに、生ギターとストリングスが脇を固めています。このストリングスがやたらと歌謡曲してるというか、フォークやロックとは全く違う雰囲気です。もうこの時点でアルフィーの方向性とは違う音ですからね。
しかもハードロック少年だった高見沢さんが白いスーツにハンドマイクでこの曲を歌うんです。そりゃ本人たちも戸惑ったことでしょう。
それでもコーラスとかはきちんとしてるというか、「アルフィーだなぁ」と感じます。
なんにしろ「アルフィー’s バースデイ」です。アル中としてお祝いします。



starofkamuy at 10:22│Comments(0)TrackBack(0)clip!J-Pop(Group) 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
過去
ジャンル
blogサイトランキング
blogサイトの人気投票です。


にほんブログ村 音楽ブログへ
TARO's RooM

管理人のたろうです。
無節操な音楽好きです。


ご意見・ご要望・リクエストなどこちらまで。


過去ログのリスト
09.01.18更新

音楽研究室
音楽研究室




↓引っ越しました。
別荘blogです。
日記
日記




↓更新ストップ中。
yaplogサイト。
日記
日記




最近記事と無関係のコメントやTBが増えてきましたんで、コメント、TBを下書き状態にさせてもらいます。チェックした上で関係ないと判断したものは全て削除させていただきます。
「ヨイ子のための音楽サイト」を目指してますんで、どうぞご理解のほどを。
livedoor プロフィール
iTunes Store
Last.FM