January 06, 2014

読書記録 2013

2013年の読書メーター
読んだ本の数:113冊
読んだページ数:40983ページ
月間平均冊数:9.4冊
月間平均ページ:3415ページ

 2012年より減り、2011年と同じくらい。といっても、1〜3月で稼いでその後はたいした分量じゃなく、体感としては、あんまり本読んでない一年だったなあ。それに、再読+作者買いしてる人の新刊でほとんどで、ほぼ新規開拓していないのが読んでない気分に更に拍車をかけてる。その分、これにはいれてないけど、デザイン関連書籍の購入量が増えました。

 これは傑作だった!と無条件で褒められるようなベストはなし。
 中村弦『天使の歩廊』『ロスト・トレイン』は、まさにファンタジーノベル大賞っぽい作品で面白かった。茅野さん(@kayano)薦めてくれてありがとう。賞の休止が残念です。
天使の歩廊―ある建築家をめぐる物語ロスト・トレイン

 あとは、至道流星『羽月莉音の帝国』、飛浩隆『グラン・ヴァカンス』『ラギッド・ガール』あたりも面白かった。
羽月莉音の帝国グラン・ヴァカンス―廃園の天使〈1〉ラギッド・ガール―廃園の天使〈2〉


 以下、読んだ本のタイトル列挙してるだけなので、なんか情報求めて検索でひっかかった方すんません。
  続きを読む

Posted by starrish at 23:30Comments(0)TrackBack(0) 

January 05, 2014

参加情報 2014 January

ぽたぽた焼  『ハルモニア』 『上宮聖徳法王薨去』(電子書籍版)

 神霊廟が出てすぐに書かれた、めがねさんの豪族組のお話。
 いつものようにスマフォ・タブレットでも視野にいれて組を直したPDF形式です。組版・DTPを担当しました。
 神子様の誕生日ということで、1/1付けで、無料公開されています。めがねさんのサイトからダウンロードしてご覧ください。




――――


 冬コミお疲れさまでした。
 今回は袋詰め等もなく、頼まれ買い子も含めてですが、久しぶりにホールをゆっくり回れたような気がします。その所為か(?)、風邪をもらって正月から寝込む羽目になりましたが。


 お手伝いした本も、いい仕上がりでした。『スカイ・クロウ』はメロンブックス『レギオンの肖像』はとらのあなにて委託されてますので、まだの方はそちらでどうぞ。  

January 04, 2014

2014

 旧年中はお世話になりました。
 多方向に心配と迷惑をおかけしてしまった点については、申し訳なく思います。
 本年も宜しくお願い致します。


 2013年の同人周りですが――
 組版10冊、電子書籍化3件、ペラ物・名刺が1つずつ、文章寄稿が1つ。
 例大祭で燃え尽きてやや数は少なめ。けれどもその分、色々な経験をさせてもらいました。本文総二色刷でのDTP処理だとか、一冊の本として統一感を保ちつつの複数フォーマット作成だとか、CDレーベルのシルク版だとか。

 今年も面白いことに関わっていきたいなあ。フォントとかDIC見本帳とか色々揃えちゃいましたし。  

Posted by starrish at 17:00Comments(0)TrackBack(0)独り言 

December 25, 2013

C85 告知

 冬コミ合わせで手伝った本の告知です。今回は2つ。

――

四面楚歌  『スカイ・クロウ』

 冬コミ三年連続となる、人比良さんの総集編第三弾。今回は、風神録・地霊殿ということで、人なき神なきとか三本足あたりが収録されてます。
 前回のようなタイポグラフィ要素や変わった組はないのだけれど、その分細かいところまで気を配りました。似たようなフォーマットで作ってるわけですが、年々自分で自分に対するハードルが上がっているというか、やれること・やるべきだと思う処理が増えていて、成長してるなあと実感したり。
 組版、本文デザイン、校正を担当。

B6判 488P 1500円
頒布先:セ-14a 四面楚歌
スカイ・クロウ

――

ゐた・せくすありす  『レギオンの肖像』 (特設

 海沢海綿さんの紅魔館本。緋劇・棄劇の再録に書き下ろしを加えた、連作中編というかそんな感じ。いつも通りキャラががんがん死にます。グロいです。R-18Gです。
 そして、ハードカバーですよ!ハードカバー!(1年ぶり2回目)
 装幀周りは担当していないので、実物を手に取るのが楽しみです。外装に負けないように中身も格調高く、という感じでやらせていただきました。
 組版を担当。

A5判上製本 244P 1500円
頒布先:パ-07a Alya

――

 当日は、いつものように四面楚歌さんとこで売り子してます。では、よい歳末を。  

December 01, 2013

InDesign関連本の簡単なレビュー

 同人でInDesign使ってる人向けに、最近(ってもふた月くらい経ってしまいましたが)InDesign関連の本が色々出たので、簡単にレビュー。


『+DESIGNING 34 (2013年11月号)』
http://www.plus-designing.jp/pd/pd34/pd34.html

 「文字組アキ量設定」って、いじってますか?

 たぶんプリセットのものをそのまま使ってますよね。あるいは、よくわかんないけど弄ろうとして上手く行かなかったとか(某氏がなんかクソ面倒くさい二度手間な方法で処理してた。ちゃんとした設定にすればそんな必要ないのに……w)。まあ実際、14種類あってもどれがどう違うのかわからんですし、弄ろうと思っても何がどーなるのか難しいですし、よくわからんけどデフォルトのままでいいだろって思いますよね。

 そんなアキ量設定のカスタマイズについて、特集記事が掲載されてます。
 デフォルトのプリセットのわかりやすい分類からはじまって、ぶっちゃけプリセットはどれもそのままじゃ使い物にならないので、ポイントしぼって自分でカスタムしてみましょう!という内容。

 把握している限りでは、勉強するにはこの解説が一番いい。
 ページ数が少ない分ちょっとサンプルが少なかったり駆け足な部分もありますが、そもそもアキ量についての一から解説自体あまりないですしね。あと、バグというか仕様というか、ユーザー側ではどうしようもない不可解な仕様部分まで触れてますし。
 アキ量について聞かれたら、これ読んでからそれでもわからん部分あったら聞いて、と言いたい。

 雑誌で時期を逃すと入手しづらいので、興味ある人は手に入る内に。というか、ひと月も過ぎた現状じゃAmazonだと売り切れてるとか今更な話で申し訳ないですが……。楽天ブックスにはまだあるみたい。

 ちなみに、この記事を書いてる大石さんですが「なんでやねんDTP」の方。自分の組版やインデザ知識の大半は、大石さんのブログで勉強させてもらいました。アキ量設定も大石さんが公開されてるものをベースに色々弄ってるのを使っていたり。本当に感謝。

+DESIGNING 2013年 11月号

――――

『神速InDesign』

 こっちはある程度使いこなせてる人向けのTips本。
 かなりニッチな部分まで踏み込んでて、普通に小説本作る分には必要ない要素がほとんど。知ってるとかなり楽になるTipsなんかも少しはあるけど、そのためだけに買うのはちょっとお高いかもしれません。

 逆に、普通の小説以外――例えば、写真イラストいっぱいな雑誌風の本とか、図版キャプション、表組満載みたいな評論本とか、あとはイベントカタログなんかもね、そういうのの作業にはかなり役に立つ内容。効率化してかないと死ぬのが見える作業量だし……

神速InDesign

――――

 あとは、インデザじゃなくて書体関連ですが、『本を読む人のための書体入門』なんて本も近々出るそうで。著者のツイートを見る限りでは、ちょっと変わった切り口で平易に、という感じでしょうか。
「明朝体」「ゴシック体」という単語をつかわずに書体入門を書いてください。Sっ気漂う(?)編集さんの無茶ぶりに、Mっ気をふりしぼった一冊です。「書体入門」なんてお前何様感もありますが、全然偉そうな本ではなく、文字食らしい読み物になっていると思います。
https://twitter.com/mojisyoku/status/403013504673669120

 写植書体についてのエッセイ『文字の食卓』も、先日出版されましたね。ようやく買ったので近いうちにこっちも読もうかと。  

Posted by starrish at 01:04Comments(0)TrackBack(0)InDesign | 組版・デザイン

August 24, 2013

ざんしょがきびしいざんしょ

夏コミおつかれさまでしたー。
いやー、暑かったですね。2日目は午後からちょっと顔を出す程度に行ったのですが、ホール内に入った瞬間にぶわっと汗が出てきたり。気温というよりは湿度の問題なのかな。
それと比べると、幾分3日目はすごしやすかった感はあります。とはいえ、それでも5L弱は水分をとった計算になります。ほた。さん、人比良さんが、保冷バッグで凍らせた飲み物をたくさん持ってきてくれて助かりました。

ひさびさに評論ジャンル回れたのが楽しかったですね。思いもかけないような色々な本があって、あそこは魔窟。『‘書皮マニアクス』という、様々な書皮(書店で本にかけてくれる、紙製のブックカバー)を紹介した本が面白かった。めがねさんが思いいっ切し食いついたので、謹んで献上しましたがw

そんなわけで、今回お手伝いした本の写真を。梅酒は、ふつうのオフセット印刷と違って刷り上がりがイメージできない部分もあったのですが、想像以上にいい仕上がりでよかった。いろいろと装幀アイデアぶん投げたのがうまくいった!
  

Posted by starrish at 14:01Comments(0)TrackBack(0)独り言 

August 07, 2013

C84 告知

 気付いたらもう数日前なのに一切準備してなくてどうしようというところではありますがとりあえず夏コミ合わせで手伝ったものの告知です。今回はいつもと違って東方が3日目ですね。「3日目」って単語が別の意味で定着してる分この文字列だけですごい違和感ある。


ぽたぽた焼  『博麗 梅酒の手帖』 (特設

 水之江めがねさんの先日の例大祭新刊『博麗 暮らしの手帖』の番外編な掌編集。番外編といっても、お話自体は独立してます。中身は、地霊殿、冥界、地底、博麗神社での飯テロ話が4編。

 薄い本ですが、ちょっとばかり凝った装幀になってます。色刷り、ミシン糸中綴じとか。実物をお楽しみに。
 組版、デザイン、校正、あとはまるっとDTP周りも担当してます。

A5変型判 52P 500円
頒布先:E-55a ぽたぽた焼


――

Tie Story  『でぃすこみゅにけーしょん』

 毎度おなじみ永江さん(@nagae_san)のSS本。
 複数人サークルでメンバーのみが書いてる本って合同誌って言わんですよねぇな今回はタイストメンバーのみで4本。はたて、フラン、霊夢・魔理沙・紫あたりがメイン。

 組版、デザイン、沙月さんの作品ロゴを担当しました。

文庫 224P ?円
頒布先:F-35ab Tie Story+姫上家

――

 以上2つ。おまけで宣伝。

Tie Story  『天狗宵待ファーイースト・ロウマンス鎹』
 ねじ巻き式ウーパールーパーさんの個人誌。以前お手伝いした『揺蕩う並列座標のミーツ・ガール』に収録された書きおろしの同作を、加筆修正して単巻化。ページ数が1.5倍くらいになってるので、かなり加筆したのかな。

白上さん家  『フルボッコちゃん』 (特設
 白上めりとさんの短編総集編。組版を担当した合同の作品とか、製本を手伝わされた某コピ本だとかが再録されてるみたい。特殊装幀だそうでそっちも楽しみ。


●いよかん。四面楚歌  『俺たちの幻想郷はこれからだ!』 (特設
 いよかん。・ほた。さんと、四面楚歌・人比良さんの合作本。ゆかれいまりで素直にギャルゲーとして作れ!って感じの内容だそうで。
 当日は、こちらの「A-40ab いよかん。四面楚歌」で売り子をさせてもらう予定です。

 では。  

June 11, 2013

最近のオススメ

 このタイミングならどう考えても例大祭の本のオススメ紹介だろって話なんですが、違いますすいません。以前のもので既に手持ち分もなくなったという本がいくつか。先日からちょうどDL頒布はじまったそうなので、勝手に宣伝。

       *

『CJVN0003 私家版CDプレス完全データメイキング講座』 ―メロンブックスDL

 色々とお世話になってる梶迫小道具店・梶迫さんのメイキング本。
 本書はちょっと本業のかたわら印刷・プレス屋さんのお手伝いをしている私が、拙作・C83梶迫小道具店新譜「borderline」のデータ作成メイキングを通じて、プレスCDのデータ作成方法について解説してみよう! という趣旨の本となります。各ソフトの基本操作方法は省きます。
 「現役プレス営業が教える気持ちのいい完全データの作り方」みたいな。

 と、前書きで記されてるように、入稿データについてのメイキング。というか「完全データ」を作るための解説書。
 「ウチ(SS/漫画)本だし、CDなら関係ないや」というアナタもちょっと待った。特設にて公開されてる目次を見ればある程度わかるように、音楽データに関する部分は一部。だいたい2割くらい。
 あとの6割くらいは、印刷物周りについてのお話。最後の2割は、印刷所へ発注したり、他人に絵やデザインを発注する場合の心構え(?)みたいな。

 なので本を作ってるサークルでも参考になります。特に、表紙を他人にお願いして描いてもらってるSSサークルの人なんかは、必見じゃないかなーと思うのです。絵が描ける描けないと、その画像データが完全データかどうか判別する(あるいは完全データにする)のは別物で、少なくとも後者は必要でしょう。それが発行者として責任を持つってことだと思う。「印刷所から不備連絡こなかったよかったー」なんてのは、とりたて自慢することではなくて、最低限のこと(入稿時期にTLで散見されて、冷めた目になってしまう。気持ちはわかるんだけれども)。
 どうやって勉強したらいいのかわかりにくいものだけれど、そのとっかかりとしてとても有用なんじゃないかと思います。
(先日、四面楚歌の『星の少女たち』で初めてCDレーベルのデザインしたのですが、レーベル面のシルク印刷の作り方は全面的にこの本を参考にさせてもらいました。感謝)

http://cajiva.sakura.ne.jp/site/archives/226

       *

『L4.UFONIA』 ―メロンブックスDL

 La Mort Rouge・仮面の男さんの秘封SS。昨年の東京秘封オンリーで出た本ですね。
 特筆すべきなのは、ガチのハードSF
 秘封倶楽部っていうとSF要素があるわけなんだけど、かといってSFな話が多いかというとそうでもない気はします。いやまあSFの定義問題とかあるし、SF要素でいったら少なからずになるのだろうけど。ガチというか、Science FictionなSFというか、所謂「ハードSF」はほとんどお目にかかりません。
 そんな中で『鳥船遺跡』ストーリーをベースとした、宇宙モノの作品。なんかメリーの能力で宇宙船着いてた〜ってお茶の濁し方ではなく(いやまあそれもでてくるけど)、きっちり宇宙船に乗ったりしてる。それでもって、「幻想」的な東方要素もきっちり仕込まれてるというのもすごい。
 秘封SSでもあるし、普通のSFであるとも言える、そんなオンリーワンな作品ではないかと。

http://maskman.jp/kk02/

       *

レイマリブックカバー ―メロンブックス

 四面楚歌・人比良さんとこのブックカバー。とりあえず会場のみ、で例大祭で頒布されたやつですが、書店委託もされるとのこと(現在は予約。6月末だそうで)。こいつは関わったわけじゃないですが(デザインは大出さん)。

 B6判というのも嬉しいところ。新刊の『スタードリーム』だとか商業漫画単行本のサイズ。ハードカバーは無理だけど並製の四六判(商業小説単行本)もギリギリ入るくらい。文庫・新書ならかなりの種類が市販されてるしお気に入りのもいくつか持ってますが、これがB6となると、気に入るデザインのものがないどころか、そもそもB6用のはほとんど見かけない。
 外でも普通に使えるデザインなのもまたいい。方向性どんなのいいかな?と人比良さんに相談された際に、キャラ小さくかいれないくらいで外でも普通に使えるやつ!!と強硬に主張したことは附記しておきます。  

Posted by starrish at 01:56Comments(0)TrackBack(0)東方 

June 01, 2013

東方花映塚が登場のラノベ『僕と彼女のゲーム戦争 5』

 これ、同人誌じゃなくて商業出版のラノベなんだぜ……?
 どう見ても霊夢です本当にありがとうございました。

僕と彼女のゲーム戦争(5)

 表紙が発表された際に話題になったので知ってる人も多いと思いますが、電撃文庫の『僕と彼女のゲーム戦争 5』。著者は、師走トオル。イラストは、八宝備仁。

 東方花映塚が作中に登場してるのです。
 話題になっていたので、東方ファン向けに、簡単なレビューを。

      *

・ゲーム部が存在し、主人公ほか何名かはその部員である。
・主人公はゲーム初心者だけど、ゲーム世界を疑似体験するほど集中力が強くここぞというところで勝つ。
・主人公以外は女の子ばっかで、だいたい主人公に惚れてる。
・5巻は、他校との大会(練習試合)。合宿で。
・登場するゲームは、実在のものを名前を出して使用。それぞれの企業には許可をもらっている。
 と、そんな感じ。いきなり5巻からでも読める内容。自分も全巻読んでないですし。ちなみに花映塚の他には、「みんなのGOLF 6」、「ぷよぷよ!!(20th)」。

      *

 雑感。

 花映塚の対戦を文章だけで描写なんで、さすがにわかりにくいw C2だのEXアタックだの頻出するし。プレイしてるからだいたいのイメージわくけれど、知らん人は意味不明のような気はする。
 でもまあ、その気になればプレイ動画なんかをすぐに見れるから、まあいいのか(ガイドライン違反ってことになってますが。為念)。

 あとは、楽園の素敵な巫女・博麗霊夢だの、普通の魔法使い・霧雨魔理沙だの、小説内に頻出すると流石にむずがゆい感が……w C2とか出すときにスペカ名さけんじゃってるしw

 ゲームは全て企業の許可をとってるそうだと前述しましたが、巻末にクレジットがある。他は「発売:〜」となってるところ、花映塚だけは「制作:上海アリス幻樂団」の表記。著者・編集・校閲・神主どこでのチェックかはわからないが、細かいとこできちっと仕事してて好感が持てる。

      *

 登場キャラ(対戦に使用)は、霊夢、魔理沙、妖夢、チルノ、メディスン、小町、映姫の8名。
 イラストは、表紙とカラー口絵で、霊夢と魔理沙が描かれてる。正確には、霊夢と魔理沙の衣裳を着たヒロイン(作中でコスプレしてるわけじゃないのでイメージ映像)。なんで、霊夢も魔理沙も巨乳。たゆんたゆんしてる。

      *

 ついでに、誤字とか設定違い。ざっと見た感じはこの2つのみ(太字箇所)かな。

猊垢両さな妖精瓮船襯痢その名前の通り、氷に関係する技を使ってくる雪の聖霊キャラだ。 (p289)
チルノのEXアタックは相手画面に氷柱を落とす爛▲ぅ轡ルフォー瓩箸い攻撃だ。 (p308)

 対戦戦術とかキャラ相性とかは詳しくないんで、だれかわかる人フォローしてくだち。  

Posted by starrish at 23:51Comments(0)TrackBack(0) | 東方

May 31, 2013

新作雑感

 例大祭お疲れさまでした!
 そんなわけで、今回手伝ったアレコレ。キラキラしてて綺麗。「缶詰」以外はメロンブックスに委託されてますので、よかったらそちらでどうぞ。


 今回は両隣が身内でっていうか隣同士3サークルの新刊ぜんぶ関わってましたので、当日もわいわいと楽しかったです。ちょっと人手が足りなくてわたわたしてたところ、手伝ってもらって感謝。ホントに助かった。
 さきほど夏コミの当落発表も出て、さっそく夏合わせモードに入ってる感もあるけど、いろいろ入手した本を読みつつゆっくりしたいですね。


 輝針城と心綺楼ひととおりプレイしての雑感を簡単に。格納します。

  続きを読む

Posted by starrish at 23:21Comments(0)TrackBack(0)独り言 | 東方