2018年04月11日

1つの時代

ついに自分の中で一つの時代が終わった。

ジャンプを電子書籍版に切り替えた。

前からもちろん存在は知っていたし、電子書籍そのものについてもリーダーアプリ等のキャンペーンで無料で買えたりするのを使ってラーメン本を読んだりしていたので抵抗があったわけではないのだが、「やっぱりジャンプは紙で読みたいよね」という月並みな理由により移行はしていなかった。
あとまあスマホ画面で読むことになるので小さいというのも心配だった。タブレットとかあればいいけども。

しかし下の子が生まれて以降家ではとにかくバタバタで読む時間はないし、それ以上に以前までジャンプを読むのに使っていた電車での移動時間が今は20分くらいしかないし座れもしないのでそこでも読めず結局月曜に買ったのを金曜までかけてやっと読むくらいの状態が続いていた。
大学に来てからしばらくは月曜日の昼飯のときにサイゼリヤ等で一部読むというのをやっていたが、最近は同期の人と食べに行くことが多いのでそれもできなくなった
それでもしばらくは紙のまま読んでいたのだが、HUNTER×HUNTERの連載中断を機に意を決したというわけである。

んで早速今週から定期購読を申し込み読んでみた。
4月の頭からならもっとよかったが2号目からなのでまあいいだろうということで。
ちなみに定期購読だと毎月900円で、4回だとしても紙のを買うと最低1040円なので電子書籍の定期購読の方がだいぶ安い。

読んでみるとまず小さいのは全く気にならない。
それこそHUNTERがあったら気になったかもしれないが。あと巻末コメントはさすがに拡大しないと読めなかったが。それはまあいい。
しかし満員電車でも余裕で読める。目次機能で読みたい漫画の先頭にすぐ飛べる。アプリでのページめくりもストレスはほとんどない。
朝だけで3分の1くらい読めた。こんなのはいつ以来だろう。
そして火曜までに全部読み終わった。すばらしい。

正直もっと早く移行しとくんだったというくらい良かった。
残念なのはたまにあるちょっとした付録がないということくらいで、それ以外はパーフェクト。
まだ読んでないがジャンプ本誌以外の漫画も少し無料で読めるらしい。余裕のある時に読んでみたい。

ただもしかしたらHUNTERが再開したらまた紙を買うかもしれない。どうだろう。

というわけで、遅咲きなので大学に入ったくらいからずっと買い続けてきた少年ジャンプの紙の雑誌ともついにさよなら。まさに1つの時代が終わったと言える。
とはいえ紙から電子書籍に移行しただけで、奥さんに言わせればいつまでもジャンプなんか読んで子供みたい、というところだが、「ジャンプを読めなくなったら男として終わり」という誰かの名言もある通り男というのはいくつになっても少年なのであり、ジャンプを読み続けるものなのである。

では最後に超久しぶりに今週のジャンプの感想。
・ハイキュー:前の試合は本当に熱かった。音駒戦も期待。
・ネバーランド:今まで結構早い展開だっただけに今の話はちょっと間延び気味。
・ブラッククローバー:先週は本当にひどい絵だったな。新章突入みたいなところなのにもったいない。
・幽奈さん:エロすぎだろこれは。
・鬼滅の刃:すっかり面白い側の仲間入り。
・石:個人的にはトップクラス。これを見て科学好きの子供が興奮してるのかな。
・いにしえの滅び紋(読切):この人はこういうのしか書けないのかな。
・勉強:全然話が進まない。
・ジガ:1話はかなり好きそうと思ったんだがどうかなー。
・呪術:最近の新連載の中では嫌いじゃないが、続かなそう。
・ヒロアカ:相変わらず面白い。
・ノアズアーツ:嫌いではない。でも多分続かないだろう。
・ソーマ:全部美味そう。
・銀魂:まさかの継続。終わっとけば良かったのに。
・火ノ丸:やっぱり高校編のが面白かったなーとみんなが思ってるはずだけどいい意味で裏切ってほしい。
・アクタージュ:オレは好きだけど週刊連載厳しい人なんじゃないかと思う。
・ロボ:ずっと後ろの方だけど終わっちゃうのかなーこれ。好きだけど。
・ボウズ:まあこれは厳しいだろう。
・リコピン:時事ネタのいじり方がワンパターンというか。面白いけども。

ふう。全然更新できないし、逆に毎週これだけやってもいいかもな。多分やらないけどな。

ではでは。



2018年03月08日

明日も

まただいぶ間が空いてしまったわ。

前の記事までに言っていたように奥さんと子供たちは里帰りしていたわけだがそれもついに終了し、4人での生活が始まって1ヶ月がたった。
その間にはもちろんいろいろとあったのだが、なんといってもとにかく余裕のない毎日が続いている。

息子はだいぶ言葉を理解するようになったこともありなんとなく以前より言うことを聞いてくれるようになったし、娘は今のところ完全母乳でしっかり育っているので、息子のときのようにミルクの調製と哺乳瓶の消毒に追われることがないというのはだいぶ助かっているし、奥さんも二人目は何かと勝手がわかっていていいと言っているように、子供が二人になって倍大変になった、というレベルではないが、息子の機嫌が悪いと全く言うことを聞かないし、娘も謎に泣き続けたりすることもあるので大変なのに変わりはない。
オレが仕事の間、奥さんが料理などをするために息子を放置すると夕方でもいつの間にか寝てしまい、すぐには起きず、その後の行動も遅くなるということがしばしばあるのでそうすると我々も寝るのが遅くなるというのが一番しんどいかね。
しかしまあ大変以上に子供たちの成長が楽しいという日々ですわ。


さて。
以前からガールズバンドの曲を一気に聞くというのをいくつかやってるが、最近万を持してSHISHAMOを聞いてみた。
現状ガールズバンドでは多分SHISHAMOがNo.1だろうが、流行ってから聞くのもなんとなく嫌だったので避けていたのを、ようやく聞いてみた。

DOCOMOのCMに使われた「明日も」はすごくいいが、全体としては期待したほどではなかったな。
ボーカルの澄んだ感じの声や歌い方はなかなか好みだが、思ってたよりロックじゃないというかバラード調の曲多くね?というのが正直な感想である。
まあバンドだからといってロックということではないんだろうけども。
ウケているのは美人ではない女子のストレートな歌詞ってとこなんだと思うが、それは個人的にも好きなところである。
「明日も」以外だと「君と夏フェス」、「量産型彼氏」、「きっとあの漫画のせい」、「好き好き!」あたりは割といいかな。

てことで個人的にはGIRLFRIENDのがロックで好きかな。
とはいえまだその2つとたんこぶちんくらいしか聞いていないので、また発掘していこうと思う。
何かいいのがあれば教えてください。

ではでは。


starrytdai at 09:29|PermalinkComments(0)clip!近況報告 | 音楽

2018年01月31日

銭湯@東京

先週の日曜で里帰りは終了の予定だったのだが、先日の雪のあともずっと気温が低いので道路や駐車場にはまだ雪が残っていたり凍っていたりして、ノーマルタイヤの車での移動や荷物を運ぶのは危険だ、ということで1週間延長となった。
というわけでまさかの独り暮らし延長である。

そんな里帰り中だが、一人遊びとしてやっていたのはラーメンと飲み会いがいでは結局これくらいである。
今回は先日の発表もあり実験もあり、もちろん土日ごとに奥さんの実家に行くのもあり、余裕が全然なかったわ。

さて本題。
もともと三重や滋賀にいたときからスーパー銭湯や温泉によく行っていたように、銭湯はかなり好きである。奥さんも好きなのでよく行っていた。 
しかし子供が生まれてからはなかなか難しく、ほとんど行けていなかった。

東京は風呂なしの部屋も多いので、銭湯が昔からかなり充実してるというのは聞いていた。
とはいえオレが言うようなスーパー銭湯や温泉とくらべればどうしても施設がしょぼかったり古かったりするのが一般的だが、中にはお湯が本物の温泉だったり、施設も豪華だったりするものが最近は増えているようだ。
さらに東京の銭湯は基本的に一律料金(460円)ということのようで、それはかなり安い。
もちろん「たまに行くだけなら」の話だが。

しかしやはり子供が小さいと行くのは難しい。
それでも家の近く(1キロ以上はあるので歩くというよりは車だが)に、それこそ都内でも話題の銭湯「久松湯」があると聞いたので、二人目を妊娠するよりも前に一度行ってみた。
息子を順番に待合室で抱っこしている間にもう一人が入るやり方で。
急がなきゃという焦りもあり、またシャンプーとかを持参しなきゃいけないのを知らなかったので満喫とは行かなかったが、それでもいい湯だった。

そして今回、里帰りの期間を利用して(というと奥さんは怒るけども)、いくつか銭湯に行ってみたのでまとめておこうと思う。

・久松湯@桜台
さっき言ったところに改めて行ってきた。
娘が生まれた日は月曜日ということで次の日は大学に行く必要があり、病院で奥さんと話したあと自宅に帰っていた。
その日は朝から病院に行き、すぐに生まれて、そのあとは奥さんの両親や息子と時間をつぶしたり、一度奥さんの実家に戻ってまた病院に行ったりしてかなり疲れていたので、銭湯に行くことにした。
んで久松湯に行ったのである。

とまあ先に自分の状況の話をしてしまったが、銭湯の話を。
でもそれはホームページを見てもらえればわかるのであんまり意味ないか。ってそれを言っちゃおしまいだけどな。

ここはとにかく綺麗。新しい。
混んでいるときは順番待ちをするのだが平日はそこまでではなく、番台でお金を払ってすぐ脱衣場に入れる。
風呂は普通のお湯と炭酸泉、さらに露天風呂があって、そこが温泉になっている。
茶色く濁っていることからもわかるようにかなり成分の濃い温泉のようで、口に入るとかなりしょっぱい。
温浴効果も高いと思われるし、さらに温度も結構高い(奥さんは熱すぎると言っていた)ので、かなり暖まる。
サウナは別の場所にあり別料金なのは残念だが、内容的にかなり満足。
ここはぜひまた行きたい。

・川場湯@氷川台
引っ越してきてすぐ家の近く(歩いて5分くらい)にあるのを知りながらずっと行けていなかったが、ようやく行ってきた。
外見はなかなか古そうで昔ながらの銭湯という感じなのだが、入ると古さはまったくなくとてもきれいだった。
オレが入ったとき誰もいなかったので最高だと思ったが、すぐにどんどん入ってきたのでたまたまだったようだ。
風呂は普通のお湯(弱アルカリの軟水)と炭酸泉、さらに入浴剤の入ったお湯。
ジェットバスはあるがかなり弱いやつだった。
てことで風呂の内容としてはもうひとつ。まあ炭酸泉があるだけで十分かな。
しかしまあ何より近いし、今回行った中でも一番混まなそうなのもよかった。ぜひまた行きたい。

・アクアセゾン@ときわ台
この日は仕事のあとで車でスーパーに買い物に行き、その足でラーメン「愚直」に寄り、そのあとここに行こうと思っていた。
しかし愚直が店主体調不良のため休みで、一気に予定が崩れた。
急遽調べて味噌ラーメンの店、宮本太郎に行ったが、うーん、わざわざ行くほどじゃなかったわ。ってこれはラーメンの方に書くことだな。
そのあとで銭湯へ。今までに何度も通っていた道から一本入ってすぐのところだった。
入ると券売機があるのでそれを番台に渡して入るシステム。ロビー的なところにはテーブルとイスがあり、ビールを飲んだりもできるようだ。
お風呂はここも軟水だそうで、たしかになんだか滑らかな感じがした。
炭酸泉とシルキーバスがあり、ジェットバスも勢いの強いのがあった。
あとプールというものがあったが、水風呂と何が違うのかはわからない。
サウナは別料金なんだが同じスペースにあり、入口に全く何もないので普通に入れてしまう。あれでいいのか?よくわからん。
それほど混んでなくて、新しくはないがきれいだし内容もそれなりに充実していた。 
行きやすい場所だしまた行ってもいいね。

・さやの湯処@板橋前野町
今回唯一のスーパー銭湯。
里帰り以前から何度も行っているイオンスタイル板橋前野町の目の前にある。
ずっといつか行きたいと思ってたが、おむつの取れない子供は入れないというのもあり、行けていなかった。
いつも混んでいるようで、駐車場待ちの車がいつもいるようなところだった。
んでここも里帰り中に万を持して行ってきた。

とりあえず値段が高い。行ったのが年末で休日価格だったので確か1200円くらい。夕食もここで食べたのだがそれも高い。10割そばはなかなか美味かったけども。
内容は当然充実していて、これまで行っていたスーパー銭湯と遜色ないものだったが、コスパの面ではかなり劣る。このレベルだと奥さんが戻ってきても一緒に行こうと思えない。
ネットでは評判がよかっただけに残念。まあこれは今まで幸運にももっと良いとこに行けてたというのが大きいと思うが。
コスパの話をしていたら先日のnemotan結婚式のときの新橋のサウナを思い出したがあれよりはマシだったな。まああれはあれでベクトルが違うけども。

・ときわ健康温泉@上板橋
まさに延長になった期間に行ってきた。
この記事を書く上で最後にあと1つ、と思っていたこともあり。
大学から帰り、今度こそ愚直に行くことに成功し、車を止めたスーパーで買い物をして、それから銭湯へ。
しかしここでまさかの展開が。銭湯周辺の道はかなり狭かったが、駐車場への道がよくわかっていなかったために完全に間違えた。
バックで戻るしかなく、さらに道には雪も残っており、これはヤバイ、と思ったがなんとか戻れた。
先へ進むと駐車場があったが、今度はその止めるスペースが完全に凍結していた。これはヤバイ、と思ったが、意外にも何の問題もなく止められた。
そんな状況に肝を冷やしたが、なんとか風呂にありついた。
と思ったら中にはやたらと刺青の人が多くいた。これまでも少しは目にしたが、ここは(この日は、なのか知らないが)本当に多かったわ。
とはいえ恐くて近寄れない、とか思うほどではないので普通に入浴してきた。
ここはお湯がメタケイ酸を含む温泉ということだが、まあそれほど温泉っぽさはなかった。
それと生薬を煮出すようなタイプの入浴剤のお湯もあり、ここは本当に効いている感じがした。
ジェットバス系のものがたくさんあり、強いのもあった。また歩き湯という、小石がしきつめられたとこを歩きながら弱いジェットにあたるところが気持ちよかった。
外観も中も年季が入っているが、汚いわけではなく、すごくあったまったわ。
でもあの道の狭さなどを考えると多分二度と行かないな。


とまあこんなところ。
結局スーパー銭湯含め5つか。
都内には他にもネットでも有名な銭湯はあるが、わざわざ自宅より都心に行くほどのことではないし、自宅周辺だと気になるのは今回行ったとこで全部かな。
また行くならとにかくクオリティが高い久松湯と、歩いて行ける川場湯だろうな。
里帰りが終わるのでなかなか行ける機会もないと思うが、たまには行きたいね。

ではでは。


starrytdai at 00:09|PermalinkComments(0)clip!近況報告 

2018年01月24日

超ごってり麺ごっつ@秋葉原

昨日久しぶりにラーメン部が開催された。
奥さんと子供たちの里帰りが今週で終了予定ということで、最後に開催できないかと声をかけたところ、たなちゅーは無理だったが、3人集まることができた。
ラーメンの話だが、ラーメン部ということで前の記事には含めずに単独で。

今週は月曜に大雪が降り、交通機関は麻痺、特に車は絶対出せない状況であり、まあ参加者も都内で働いて都内に住む人だけというのもあり、電車で集まって電車で帰るパターンとなった。
3人の職場や自宅、また仕事の終わる時間を考慮して店探しをして、結局秋葉原のごっつに行くことに。
ごっつはラーメン部としても亀戸の店に2009年に2週連続で行っているし、美味かったということでその後研究室メンバーでも行った。
さらにその後秋葉原にも店舗ができたので、何度か一人でも行っている。
その意味で開拓はせず安定を求めたというところ。
最近の各種メディアでのラーメン情報、とくにすでに結構前だが実写版のラーメン大好き小泉さん(アニメ版が最近始まったが、今のところ二郎とか中本とか一蘭しか出てきてない)で紹介された店など、気になっていたが場所的になかなか行けていない店が結構あるので、この機会にとは思っていたのだが、状況的に無理だった。

8時半過ぎに集合し、店へ。
ごっつでは今までつけめんしか食べたことはなかったが、今回はラーメンにしてみた。
味は同じ味噌にしたが、正直つけめんのが食べやすかったな。
というのもラーメンにしては味が濃すぎた。だからつけめんだとちょうどいいのかもしれない。
背脂も相当多いがそこはそれほど気にならなかった。それくらい味が濃い。
ここは割りスープが独特で、味の薄いたまごスープみたいなのを出してくれて、それで各自薄めて飲んでくれという形なのだが、本来おそらく元のスープの方に割りスープを入れて味を薄めると思うのだが、割りスープの方に元のスープを一部取って入れてやっとちょうどいいかそれでも濃いくらい濃かった。
もちろん美味いのだが。でもやっぱりつけめんだな。

汗だるまさんと関根は最近は普段はこういうラーメンは全く食べなくなったということで、久しぶりだけど美味いと言っていた。
全く食べていないということだが、店を選ぶ段階で、あっさり系と思われる店ではなくごっつのような店に惹かれていたあたり、好みは全然変わっていない様子だった。
オレは昼が完全に自由な状態なのでちょくちょくガッツリ系の店にも行ってるが、どちらかというとそれよりも「レベルの高いスープを出してる系」によく行ってる気がする。
レベルの高い味をしっかり認識できる舌を持ってるわけではないんだが、単に脂がきつくなってきた(ラーメン部時代から他の人ほど得意ではなかったが)のかもな。

結局今回も3人での開催となり、たなちゅーも参加できたのは2016年8月に梁山泊に行ったとき以降ない。実におよそ1年半。
と思ったが開催自体していないと思うのでたなちゅーが来れてないだけではないんだが。
先日関根が結婚したことで現在のレギュラー4人は全員結婚したことになり、子供も増えてきて、もちろん仕事もありなかなか難しいが、またたまには集まりたいね。
今度こそたなちゅーの来れる時に。

ではでは



starrytdai at 23:18|PermalinkComments(2)clip!ラーメン | 

2018年01月19日

ラーメン@東京 3杯目(追記あり)

記事が3回目なだけでラーメンは全く3杯じゃないけども。
また前回から行った店が溜まったので放出。
今回は里帰りの間の約2ヶ月、夜にも行けたので充実してたわ。

では早速。
・万来の陣@御茶ノ水
御茶ノ水といっても全然駅の近くではなく強いて言えばというところ。住所は多分湯島だが、駅は湯島より御茶ノ水が近そうだ。
秋葉原に行く道に少し前にできて、しばらく様子を見てたが、9月頃行ってみた。
って、もう全然覚えてねーや。

・みうらや@本郷三丁目
本郷麺坊→大匠ときて次はこれが入った。
開店セールも何もやってなかったが行ってみて、全然普通だったので多分またつぶれるだろうと思った。
その後しばらくしてランチ的なものが始まり、結構安く油そばが食べられたので行ってみたが、これも普通。たぶんもうじきつぶれるだろう。

・札幌軒@茗荷谷
茗荷谷の改札を出たとこにあるビルの二階のガストじゃない側。
ラーメンは普通の中華料理屋のだが、ここのメインはそれじゃない。
肉丼が最高に美味い。普通のだと量もたっぷり。ラーメンに半肉丼みたいなセットもあるのでいろいろ変えられる。無料の脂トッピングが最高。

・濃菜麺 井の庄@練馬
市役所に用事があったときに行ってみた。並んだので学校に戻るのが遅れてしまったが。
大盛にしたら多すぎてきつかった。野菜たっぷりで健康的な感じもある。
系列店にも行ってみたいがなかなかね。

・むてっぽう@池袋
関西にある無鉄砲とは全然関係なさそう。
あまり印象に残ってないんだが、確かめちゃめちゃ熱かった気がする。
あと味玉が募金方式で30円で食べられてよかった。

・大勝軒next@上野
いかがわしい店も並んでる通りにある。
本家との関係とかはよく知らないが、こんなもんかな、という感じだった。

・篝@池袋
銀座にある有名店の支店。昼は並んでたが、夜は誰もいなかった。
奥さんたちが里帰りしてすぐ、fateの映画を見に行った日に行った。
鳥白湯があまり好きではないので、煮干しのを食べた。料亭のような雰囲気通りの繊細な味といった感じ。美味かった。
でも高いしまた行くかというと微妙。

・一蘭@渋谷
飲んだ後で行った。相変わらず美味いが高い。

・大至@湯島
万来の陣の近くだがこっちは湯島としてみた。
昔からある店で、店構え的にたいしたことないだろうと思ってたのだが、実はかなり評判のいい店だというのをあとから聞いた。
しばらく移転(改装?)のため休んでたんだが、再開している。
初めて行ってみたが評判通りの「最高の普通のラーメン」だった。また行くかもしれない。

・麺屋みちしるべ@東武練馬
奥さんの実家に行く日に、イオン板橋に用事があったときに行った。
最近なのにあまり印象に残ってない。結構美味かった気がするが。。。

・屯ちん@池袋
前にも書いたかもしれないけども。
ライトな感じのとんこつラーメンだが、実験で帰りが遅くなって疲れた体には最高だった。
前日には味噌ラーメンの花田に行ったんだが、疲れた体にという意味ではこっちのが断然上だった。

・燦燦@江古田
12月30日、前日にようやく仕事を終え、この日は自宅の掃除をしてから奥さんの実家に行き、夜は微生物の忘年会という予定だったのだが、実家に行かないことになり、コインランドリーにいくついでに寄ってみた。
どういう味というべきか。説明しにくい味だった。600円という値段にしては十分な味だったと思うが、そこそこ激戦区の江古田だとどうなのかな、という感じ。

・宮本太郎@上板橋
正月休み明けはラーメン屋にすら行けないほど余裕がなかったが、それも終わり、銭湯にでも行こうと思ったついでに川越街道沿いにある「愚直」という店に行こうとしたのだが、店主体調不良のため休みということで、急遽探して行ってみた。
札幌系の味噌ラーメンの店で、有吉の番組に出たとか行ってたが、純連やどみぞ、花田のような力はないかなと思った。とにっかく熱かった。

・BASSOドリルマン@池袋
里帰りの終わりが決まり、今のうちに行っておこうということで。池袋でも1,2を争う有名店。
池袋から10分以上歩くところだが、なんであんなところに出したのかね。
それでも少し並んだが、店にはすぐ入れた。と思ったらなかなか出てこず、オレより後の人のが先に出るような気もして、あれ、と思ってたら「大変お待たせしてすいません。味玉つけておきました」と言って出てきた。注文飛ばしてたのかな。まあ結果オーライ。
多分つけめんがメインの店なんだが、つけめんの気分じゃなかったし、ラーメンよりは店的にこっちからということで油そば「ABURASSO」を。
結局油そばは浜そばと比べてしまうんだが、その意味では浜そばが上なんだが、ここも美味かった。これもおまけだったのかやたらと乗っていた肉が、ローストビーフのような、ステーキのような食べ応えのある肉で美味かった。味玉も美味かった。
量が見た目より多くて腹いっぱい。


ふう。こんなもんか。
といいつつ里帰り最後の週である来週にもいろいろ行ってみたいと思ってるので、せっかくだから行ったらこの記事に足そうかな。
あと年始に実家に帰ったときには「煮干乱舞」に行ったんだが、ここはまた相当にエッジのきいた店で美味かった。武里じゃなくて東京進出してもやっていけそうだ。

関東に来てから急に6キロやせて、それをキープしてたんだが、ここへきて体重が戻り始めてるわ。
まあいいや。ラーメン最高!


(追記:1/26)
べんてん@地下鉄成増
板橋や練馬にどこかないかと調べていたときに見つかって、名前は知ってる気がするけどなんだっけ、と思ったら以前高田馬場にあった超人気店が惜しまれつつ閉店していて、それが成増で復活したとのことだった。
これはぜひ行きたいと思ってたが、営業が昼だけということでそう簡単ではなく、奥さんの実家に行く途中で寄ろうと思っても、土曜は特に行列がすごいようなのでそれもなかなかできず、今回ついに行ってきた。
とても寒い日だったのでラーメンとも思ったが、やはり代表的なのはつけ麺ということでそっちにした。
麺もスープも美味かったが…事前に口コミを読んで知ってはいたものの、予想以上にすぐ冷たくなってしまった。
あつもりとか焼き石とかスープ温め直しとかをやってないのは仕方ないとしても、器を温めるとか、最初だけでもすごく熱くして出すとかくらいはしてほしかった。
つけ麺は麺の美味しさを味わうのにはいいんだが、スープが冷めるのだけは絶対にマイナスで、それを避けるために各店でいろいろ工夫してたりするわけだ。
とはいえそれをしないのもこだわり(特にあつもりは絞めた麺が柔らかくなるから麺にこだわってたらやらないかもしれない)だし、焼き石とか用意するのはかなり大変なのもわかるけども、あそこまですぐに冷めるのは初めてだったので、なんとかしてほしいなと。
次はラーメンだな。なかなか機会はないけども。

(追記:1/30)
・愚直@ときわ台
2回目にして食べられた。
食べたのは普通のとんこつだが、オレより前に並んでいた人は全員限定の方(正油豚骨)を食べていた。
完成度の高いとんこつという感じで美味かったが、一蘭とかのようなとんこつに慣れていると弱いような感じがした。
学生替え玉無料ということで先に学生証を見せたら、オレの隣の人に「替え玉作っちゃっていいですか?」と聞いたときに一緒に茹でたようで頼む前に替え玉が出てきた。
一蘭のようなとんこつより量が多く替え玉したらかなり腹一杯になった。
行きやすくはないことを考えると次はどうかなあ。

(追記:2/1)
・二郎@桜台
実にほぼ8年ぶりに行ってきた。これが里帰り中最後の遊びになるだろう。
雪が降り出すかどうかというところと思っていたら雨が降っていて、それでも10分ほど外で待っていた。
麺少な目にするか迷ったが、ここは小のままでいくことに。野菜とニンニクを増してみたが、なんとか無事食べられた。
しかし味が薄かったわ。最初は何の味もしないかと思った。あんな感じだったっけなあ。
ラーメン界にはいわゆる二郎インスパイア系というものがいくつもあり、中には二郎本家より味も量も好みの店もある。
変に二郎を神格化する必要はなく、インスパイアだろうが好きなところに行くべきだなあと思った。
一緒に行ったazarashiは大の野菜ニンニクカラメにしていたが、食べるのが遅く、店主に「あと3,4分で次が湯で上がりますよ」と言われていた。(オレもまだ少し残ってたのでオレも言われてたか)
店員のその発言は本来絶対許されないものだが、これぞ二郎、これぞ桜台店なのである。



starrytdai at 23:58|PermalinkComments(0)clip!ラーメン | 近況報告

2018年01月15日

2018

2018年も何卒宜しくお願いします。
相変わらずタイトルが全然思いつかないけどもうこれでいいや。

今日研究室内でのほぼ年に一回の発表があったのだが、長女が生まれたし、年末年始のイベントもあったし、実験もよくやっていたのでその準備が全くできておらず、先週一気にやったので毎日10時過ぎまで帰れないし、帰っても家で2時頃までやっているという状況で、精神的にも体力的にも非常にきつかった。
それが終わったのですごく解放感がある状態でのこの記事の投稿である。
実際にはだいぶ前に投稿するつもりだったが、一部書けないまま準備を始めたので、そうなるととてもそれどころではなかった。
ようやく最後まで書いて投稿ということだ。


さてさてそんなわけで、2017年のまとめを。
例によって過去10年以上やってるのと同じ内容で。
面倒なので文中の「今年」は2017年のこと、ということで。

Q.1 2017年の10大ニュースのうち、3つ挙げて下さい。

まず10個決めて、その中から3つ挙げろというのか。なんだそれ。
普通に3つあげますよ。(過去10年と同じ)
今年は変化という意味ではそんなに大きなこともなかったのかな…そんなこともないか。

…構が生まれる
今年はやはりこれが最大ですな。
出産というのは妊娠がわかってからお産までに長い時間がかかるわけで、お産が12月ということは今年はもう丸一年を妊娠に費やしたと言っても過言ではない。
もちろん妊娠していたのは奥さんで、体調の変化や大きなお腹での生活を強いられたのは奥さんだけなのだが、つわりでほとんど動けなかった時期などはオレが息子の世話を一人でしていたり、世話や通院のため仕事を休むことも多かった。
息子のときとの大きな違いはすでに一人子供がいる状態で妊娠していたということで、幸いにして息子はとにかく元気がありあまっているのでその相手をしながらというのは本当に大変だった。
12月からは里帰り出産ということで奥さんのご両親に世話になっているが、ご両親もまた息子の世話に手を焼いていて、とにかく余裕のない日々を過ごしているようだ。
その間オレはまた独り暮らしとなっているが、頻繁に手伝いに行かなければならないし、前回ほどの余裕はない。
まもなく生まれて1ヶ月だが、だんだんと夜に長く寝ていてくれたりもしているようだ。
今のところオレには息子との違いや女の子らしさみたいなものはわからないのだが、そのうち出てくるのかな。
里帰り中も自宅に戻ってからも、生活がどうなるかは息子の状態(言うことを聞いてくれるか)にかかっているので、不安が大きいがそこはもう祈るしかないといったところ。
とにかく二人の子育てというのは大変に違いないが、喜びも多いと信じて、子供たちに負けないよう親も成長していけるようにしたい。


博士過程に入学
変化という意味ではこれ。
とはいえ去年一年間と実質的な違いはほとんどなく、大学勤務2年目、といった方がいい。
一応また学生になったので、学割が使えたりするのはとても大きい。
それにしてもまさかまた同じ大学の学生証を持つことになるとは想像もしなかったな。


車を買い換える
二人目が生まれるということで、さすがにアクアでは狭すぎるというのでついに車を買い換えた。
ワンボックスとなるとそれなりに値段が上がるので新車には手が出せず、今回は中古車。
中古車とはいえ今回はとても状態のよいものが見つかったのでよかった。
色がエメラルドグリーンのような色で、中古車の市場としては白黒シルバーがほとんどでそれ以外は少し値段が落ちるそうで、自分たちとしてはそれ以外の方がよかったし、ちょうどよかった。
車の買い換えには前の車を手放すというのも含まれるわけで、新車で買ったアクアは手放した。
そこそこいい値段で売れはしたものの、やはり寂しさはとても大きく、家の引っ越しの比ではなかったわ。


Q.2 2017年に立てた目標は何ですか?

去年のをそのままコピペ。というか毎年全く同じ。

〇纏で何かしら成果を残す。
∋勸蕕討魍擇靴澆覆らもしっかり頑張る
7鮃的な生活。病気にならない+食生活の改善+できれば運動。
ざデ呂硫鷦率100%超え。そして何より楽しくやる。
ニ萋笑いの絶えない日々を過ごす。

ということだ。

Q.3 その目標の達成率はどれくらいですか?

’が変わってから少し結果が出始めたが、その後はなかなか進めずにいるような状態。
個人的なところでは技術的にも知識としてもいろいろ覚えていて、後輩に指導することを任されたりということも増えてきた。
まあこれは甘めの判定で70%としとく。
△海譴狼酣と同じかな。オレとしてはいろいろやっているつもりだが、子育ての主役である奥さんからはとても認められているとは言いがたい。まあこれはあるあるなんだと思うが。てことで50%かな。
これは今年はまあ悪くないのかな。今年はそれほど病院にも行かなかった。
運動は結局してないが、去年体重が6キロ落ちたあとはまた少し戻しているような感じ。これは健康的なのかもな。まあ70%程度か。
い海譴呂覆鵑箸癲G間の回収率は50%くらい。
小さいのをちょこちょこ当ててたが大きいのは全然なかった。
有馬の後のG1ホープフルステークスで万馬券を取れたのが新年につながりますように。
てことで50%
イ海譴呂匹Δ覆里ね。今年は妊娠と出産の一年間ということで、それに関連したイライラが普段より多かったと思う。
出産も終わり、里帰りも終わっていくとだんだん元に戻れるのかなと思うけども。
まあこれは50%

という感じで総合的には55%ってとこか。
去年よりはよかった点が多いのかな。

Q.4 2017年に貰って、一番嬉しかった物は何ですか?

これはまた…何かもらったものあったっけな、とかいうと奥さんに怒られそうだけどな。
これでいいや。

Q.5 2017年にハマった物や人は何ですか?

うーん。これは難しいな。
去年は逃げ恥ということだが、今年はドラマというかテレビ自体最低限しか見れてないしな。まあ人からしたらどこが最低限だというレベルなんだろうけど。
話がそれたが今年ハマったものは…全然思い付かない。


Q.6 2017年の個人的流行語大賞は何ですか?

これはもう世間と同じ忖度だな。
意味としてとても使いやすいからかなり使ってるわ。
周りの人もよく使うと思う。流行語大賞がこんなに本当によく使われることってあったかね。
でもそれはそれで違うような気もする。

Q.7 2017年の個人的レコード大賞、受賞者&受賞曲は何ですか?

まずは優秀賞。数は決めずにあげますよ。

・一直線(GIRLFRIEND)
・奇跡の人(関ジャニ∞)
・HOLIDAYS(木村カエラ)
・パッ(西野カナ)
・インフルエンサー(乃木坂46)
・道しるべ(舞祭組)
・SHIORI(ClariS)
・背中越しのチャンス(亀と山P)
・好きなんだ(AKB48)
・11月のアンクレット(AKB48
)
・花の唄(Aimer)


こんなとこか。今年は少ないね。
この中で大賞は…難しいな。あまりこれってのがないけども…奇跡の人(関ジャニ∞)で。
これは単純にいい曲だと思うわ。
でも今年西野カナがもう少し好みの曲を出してれば大賞だったなあ。


Q.8 2017年を漢字一文字で表すと何ですか?

これは「親」ですね。
まずは長女が生まれたこと。二人目なので初めて親になったわけではないけども。
しかしまあ二人目ゆえに、つわりでの体調不良時や奥さんが病院に行くときにお母さんに来てもらって息子の世話をお願いしたり、今は里帰りしてご両親に主に息子の世話をしてもらうということが発生した。
そうすると我々(というか奥さん)が考えていることとご両親(特にお母さん)が考えていることが違うことによってお互いストレスを感じるというトラブルにつながった。
うちの親はというと母親が出産に合わせて帯状疱疹にかかるというタイミングの悪さを見せて、病院に面会にも来られないし年末年始に会いにもいけないということになり、これもまたトラブルの種となった。
また年始に奥さんの妹さんと旦那さんがやってきて宴会があったが、そのときの雰囲気や話の内容からもいろいろ考えさせられた。
いろいろなことが重なって、子供たちの親としてのあり方、そして親(義理の親)の子としてのあり方、さらには人間性について考える機会になったわ。


Q.9 2017年を振り返って、一言お願いします。

まあ総合的に見て非常にいい年だったんじゃないでしょうか。
というかこれまでの一生で「悪い年」って1回もないけど。
自分的にそれなりに頑張って、趣味も楽しめたのでまあ正直これ以上はないな。
この暮らしが一生できればそれはそれでいいんだけどな。

と去年までは書いている。それを続けたいが難しいだろうとも書いている。

んでそれに対して数年前までは結局今年も変わらなかったと書いているが、子供が生まれ、大学に勤務するなどして変わってるとここ数年は書いているが、今年はそれがさらにすすんだというところかね。
長女が生まれ、一方長男はますますやんちゃに育ち、大学も去年より忙しくなって土日に出たりすることも増え、まあとにかく休む暇がない。
今度は逆にこれがしばらく続くことになるだろう。早くこれに慣れて余裕が出てくるといいけどな。

Q.10 最後に、今年の抱負をどうぞ

じゃあ箇条書きで。来年これがやりやすいようにね。
〇纏で何かしら成果を残す
∋勸蕕討魍擇靴澆覆らもしっかり頑張る
7鮃的な生活。病気にならない+食生活の改善+できれば運動。
ざデ呂硫鷦率100%超え。そして何より楽しくやる。
ニ萋笑いの絶えない日々を過ごす。


これはもう去年とまったく同じですわ。変える部分がないやね。
,肋しずつ見えてはいるが、まだまだ。なんとかしたいね。
についてはあえてここにあげる必要がないようになれたらいいけどな。
い砲弔い討3年続けてマイナスなので今年こそなんとかしたい。

ふぅ。
まあこんな感じですわ。
例によって長文なので全部読んだ人はいないと思うが、自分の記録用として。


まあとにかくみなさん今年も何卒よろしくお願いします。


starrytdai at 23:53|PermalinkComments(2)clip!まとめ 

2017年12月14日

ガイル子

12月11日11時28分、我が家に長女が産まれた。3880グラムととても大きく産まれた。

予定日は15日で、とはいえ長男も早めに産まれていたし二人目はもっと早い、なんてことを言われていたので警戒していたのだが、全然産まれて来ず。
そのため「逆に予定日より遅れるかもね」「でもそんなこと言い始めたとたんに産まれたりして」なんてことを言っていたら、突然である。

里帰り後も土日はオレも奥さんの実家に行っていて、今回も同様だった。
しかし全然産まれる気配はなく、月曜から仕事に行くため自宅に戻ろうとしていたが、一応警戒体制ということで日曜も泊まって月曜の朝に行くつもりで起きた。
朝御飯を食べて出る準備をしていたところ、
突然奥さんが「破水した」と。

それでもう仕事に行くのは中止、そのまま病院に行くことに。
移動中なども急にということはあり得たが、そこでは問題はなく、病院に着いて状態を確認し、そのまま分娩室(LDR)へ。
とはいえ夕方くらいまではかかるかなと助産師も言っていたのだが、そのあとすぐ急に痛がりはじめたと思ったらあれよあれよと事が進んで、結局破水から三時間半で産まれてしまった。
奥さんはもちろん痛かったと思うが、その時間もほんの10分程度だったので、よかったと思う。
それまでの「なかなか産まれないね」が嘘のようなあっという間の出来事で、本当にわからないもんだわ。
事前にいろいろ見ていたときに12/2がドラミちゃんの誕生日だということがわかり、これはもう奇跡だなとか思っていたのだが、そううまくはいかなかったわ。

娘は初日はなかなか目を開いてくれず、天使というより地蔵のようなありがたい表情をしていたのだが、2日目からは地蔵っぽさはなくなって、なんとなく息子にも似ているような感じがしてきた。
最初のうちは顔はどんどん変わっていくと思うので、また楽しみだな。

息子はというと興味はあるようだが「赤ちゃん怖い」と言ったりしていて、まだ妹ができたということはよくわかっていないようだ。
下の子が産まれて上の子が後回しになってしまうのはよくないようなことをよく聞くし、奥さんはやはり娘中心になると思うので、
オレは息子優先で見てやりたいと思う。
いつか兄としての自覚が芽生えてくるのかね。それも楽しみだ。

月曜に産まれたので金曜までの入院となり、見事に平日のみとなったので仕事との調整が大変で、金曜は研究室の忘年会でしかもオレが幹事だったのだが行けなくなってしまった。まあ仕方ない。
退院後もしばらくは里帰りが続き、オレは独り暮らしが続く。
忘年会に行けなくなった代わりの飲み会などは平日にやるとして、土日はまた子供たち(あと奥さん)の顔を見に行く日々となるが、これからは四人分頑張っていかないとな。 

ではでは。


starrytdai at 09:41|PermalinkComments(0)clip!近況報告 | 子育て

2017年11月27日

Heaven's feel

昨日、奥さんと息子が奥さんの実家に里帰りした。

もちろん悪い意味ではなく、ここにもまだ書いていなかったがまもなく二人目の子供が生まれる予定で、その出産のための里帰りである。

予定日は1215日で、息子の時もそうだったように早めに生まれる可能性が高いのでもっと早く里帰りすべきだったのだろうが、いろいろ用事もあり昨日になった。

臨月に入っていることもあり「里帰り前に産まれるんじゃないか」と気が気じゃなかったんだが、そうはならず安心した。

 

息子と二人の里帰りとなるともはや引っ越しのようなもので、持ち物を準備するのにかなりの時間がかかり、家を出るのが10過ぎ、11時過ぎに奥さんの実家に着き、それから晩飯を食べて、オレは一人自宅に戻ったので1時過ぎであった。

深夜ということもあり、ワンルームでもない家に一人で帰るとさすがに寂しかったわ。前回のように奥さんだけでなく息子もいなくなってるから尚更。

息子はオレが出かけようとすると泣いたりして大変なので、奥さんの実家を出るときは息子が気付かないうちにサッと出てきた。まあじいじとばあばがいるから問題なかったかもしれないが。

今のところ特に問題ないようだが、そのうちオレが全然帰ってこないことに気づくかもな。気付かないか。

息子が産まれてから(というか里帰りから戻ってから)すぐ東大勤務になり出張なども全くなかったので、1日以上顔を合わせないことはなかったが、どういうことになるのかね。普通に息子はなんともなくてオレの方が寂しがってそうだが。

 

とはいえ今まで子育てと家事で奥さんだけでなくオレもほとんど暇はなかったが、これで時間ができるというのは事実。

週末はほとんど会いに行くと思うので逆に忙しいかもしれないが、平日に関してはそういうものは何もない。まさに無敵。

誰かと飲みに行ったり、夜に行ってみたかったラーメン屋に行ったり、見られていなかった映画を見たり、銭湯に行ったりしたいと思う。ご存知の通り危険な遊びには興味もないので健全なことばかりだが

まあ野球のシーズンだったらなあとはとても思うのだが、そればっかりはね。

仕事的にも今まで一応よほど忙しくない限り早めに切り上げるようにしてきたが、存分に仕事ができそうだ(棒読み)

時期的に忘年会新年会にはとても行きやすい状況なので、ぜひお誘いを!って誰も見てないけどな。

とはいえ産まれるまではあまり余裕でもいられない。

いつ今から産まれるという連絡があるか全くわからず、実験中でどうしようもないならまだしも遊んでいるとなったら大目玉確定なので、多少は控えないと。

そしてなんといっても名前が全く決まってない。一人目の時と違い考えている時間がまるでなかった。時間ができた今こそ考えなければならない。

 

とか言いつつ早速Fateの映画を見てきた。

終わる前に早く行かないとと思っててようやく行けたんだが、公開終了の気配はないな。

めちゃめちゃ面白かったが、続編はまだ先のようで。それこそ里帰り中にやってもらいたいが…無理そうだな。


さてそんなわけで、2歳差で二人目が産まれるというなんとも理想的な状況を生きているガイルです。こんな風になるとは誰が予想したことか。

ではでは。次は産まれたら報告します。



starrytdai at 23:59|PermalinkComments(0)clip!近況報告 

2017年11月14日

3.18BOYZの「 」

これまた過去最長レベルに空いてしまった。 普通に書くほどのことがないという感じ。
 まあこれのために溜めていたということで。

さて今日は3.18BOYZの一人であるnemotanの結婚式があり久しぶりにメンバーが集まった。
今年は結局3.18の会合もできておらず、何をするかも決まらないまま今年も終わろうかというところまで来ていた。
しかしそんなところにnemotanのめでたい知らせがあり、さすがに普段忙しく参加できないみゅんもこれには参加するということで、この機会に何かやろうという流れになるのは当然である。

 にも関わらず事前には何の意見も出やしない。
オレが「披露宴のあとで女装して二次会にはそれで参加」というのを提案したがスルー。 ネタなんだし別にありだと思ったけどな。

 そしてそのまま特に何もせず。
「集まっていること自体が3.18」という、まあ正直過去にそんなことは多々あったが、なんとももったいない状況。

んで結局披露宴と二次会の間には何をしたかというとみゅんの提案、というかほとんど規定事項だったように新橋にある男性専用サウナへ。
考えたこともない行動だがみゅん的には普通のようで、披露宴と二次会に両方参加するとどうしても時間的に長くなり疲れてしまうし、特に間の時間は相当ダレるので、ここでリフレッシュしておくことは重要、とのことだった。
実際確かにかなりリフレッシュ効果は高く、とくにこの年になると夜になると顔に浮いてくる脂が全然なかったと思った。
体力的にも、前日も研究室の用事で10時過ぎまで飲んだりしてた割には全然もっていた。
結果的にはいい過ごし方ができたと思う。

しかしまあ二時間コースで1980円とか高すぎるし、内容もそこらのスーパー銭湯と比べて全く足りないし、そういう意味では最低レベルの金の使い方だった。
まあ一応銀座のすぐそばだし仕方ないとは思うが。

にも関わらずサウナには結構な人がいて、男性専用サウナというと汚いおっさんで溢れているようなイメージで、まあ実際スーパー銭湯とかと比べれば客層はおっさん中心だが、汚いという感じはなく、値段設定を考えても間違いなくリッチなおっさんなんだろう。
あのクオリティでオレみたいなことを思わないというのは本当にこだわりがない人で、そこにこだわりがない人というのは金に全く不安がないかただの浪費家かである。
いや納得してない人もいたのかもしれないが。

サウナで軽く飲んでいる間に次回開催の内容が話し合われ、前から意見としては出ていたことを実行に移そうとか、長く続けられる趣味を見つけようとか、いろいろ意見は出た。
そのうちの1つをとりあえずやるが日にちはまた相談ということで決まり、あとは持ち帰って日程含め具体的な話を詰めていくことに。
一応内容はふせておく。

 日程に関してはみゅんの仕事が忙しいこともあるが、それ以上に子供がいるオレやなまずの方が仕事が休みでもホイホイ行けるわけではなく難しいかもしれない。
まあそこはなんとか説得するしかない。

 書いていなかったがnemotanの結婚式はとてもすばらしいもので、個人的に神社での挙式は初めてだったし服装なども和にこだわっていたのもよかったし、披露宴で使われた音楽がほとんどJ-POPだったのもオレ好みだったし、春日部の人気店であり3.18BOYZの聖地の1つでもある十勝亭の店主ことnemotanの親父さんにも挨拶できたし、二次会は(というか多分披露宴からだが)可愛い女の子がたくさんいたし、家に帰ってから見た引き出物がハイセンスだったりした。

これでもしかすると友達の結婚式に参加するというのは最後かもしれない。
最後にならないようにD長には頑張ってもらうとしよう。


 さてそんなわけで今年の3.18は一応集まりはしたものの独自のイベント的なものはなく終わった。
通常の開催もあり、結婚式もあった年と比べるとあれだが、まあ集まれてるだけいいやね。
次回開催の見込みもたったことだし、これからもバカやっていきましょう!

starrytdai at 18:57|PermalinkComments(0)clip!3.18BOYZ、浦高 

2017年09月25日

広島優勝、鳥谷2000本、安藤引退

さてセリーグは広島が優勝しましたな。最後は甲子園で決められて。その試合も少し前のマツダでの3連戦と同じくスコア的には僅差だけども大きな実力差を感じる試合というか、実力差自体はそれほどないのかもしれないけど底力というか意識というかの部分で絶対的な差を感じるというか、そんな試合だった。

マツダで3連敗する前までは広島も少し落ちてきていて、ここで勝てば!というのがあったがそれも一気になくなり、しかしそのままずるずるということもなく横浜に3連勝したりして、巨人には相性が悪すぎて勝てないが、いずれにしてもセリーグの中で広島が抜き出ていることは明らかである。
広島を100とすると阪神60、横浜巨人50、中日30、ヤクルト15ってとこか。
阪神は糸井と福留と鳥谷と中谷と秋山とメッセンジャー、横浜なら筒香と宮崎とロペスと今永と山崎が2人ずついたら広島に勝てるかなというレベル。
広島の選手はみんな若く、怪我にも強そうで、この戦力は当分落ちそうにない。となればこのままでは当分広島の連覇が続いてしまうんじゃなかろうか。

阪神としては今年はここまで2位で、最後まで広島優勝の砦になったように明らかに去年よりは強くなっていて、最近広島や巨人には負け続けているもののここ数年のような大失速の雰囲気もない(気がする)。
いろいろな要素を去年と比べてみると
・糸井加入(+10)
・鳥谷復活(+10)
・秋山覚醒(+10)
・最強リリーフ陣(+10)
・若手(中谷、大山、糸原など)が活躍(+10)
・中堅(上本、俊介)活躍(+5)
・高山北條原口岩貞2年目のジンクス(-20)
・藤浪不調(-5)
・ゴメスの代わりいない(-5)
ってとこか。藤浪は去年も良くなかったしな。
糸原は離脱してしまったし、高山などは復活してくれるはずだし、何より藤浪が本来の投球を取り戻したら、それこそ広島に対抗できるレベルにはなると思う。
来年は本当に期待したいわ。


そんな中鳥谷は通算2000本安打を記録してまだまだ阪神を引っ張って行って欲しいところだが、一方これまで投手陣を引っ張ってきた安藤が引退ということで。
去年まであれだけ投げてて、去年引退した福原と合わせて一昨年までは「いつまで安藤と福原に頼るんだよ」と思ってたがついにその時代も終わりということで。
実際リリーフ陣は育てたわけではないが鉄壁で、今年は安藤の出番は全くなかった。
福原と安藤が立て続けに引退してしまうとは、やはりある程度の年齢になると急にガタっときてしまうのかね。毎日投げる中継ぎ投手だと特に。
仕方ないとはいえ寂しいわ。引退会見は文字だけでも泣けて、映像でまた泣けた。
甲子園で引退試合もするということなのでぜひ見たい。セレモニーはまた泣くだろう。

ついでというわけではもちろんないが狩野も引退するようだ。
こっちは1軍での引退試合はないということで、まあ狩野だって阪神で現役生活が一番長いというくらいの貢献度はあるが、安藤と比べればそれは、ということかね。
一時は正捕手にもなりかけたし、打つ方も勝負強くて近年は代打の切り札だったし、活躍してくれたが、まあこれも仕方ないのかな。
今までお疲れさまでした。応援歌好きだったなあ。

他球団でも井口や森野といった元中心選手たちが引退していて、これも寂しい。
この時期はいつも寂しいね。まだこれから引退選手が出てくることだろう。


さてそんなわけで今年のプロ野球もまもなく終わり。早かったなあ。
研究室に野球の話ができる人がそこそこいたのもあり楽しく見られたわ。
シーズンが終わってもドラフトなどもあり話は尽きない。ああ野球は本当に最高だ。