2017年08月17日

またラーメン@東京

またすっかり開いてしまったわ。
書くことがないわけではないし、時間も全くないほど忙しくはないけども。
とはいえ常にバタバタしていて余裕はないが。

というわけである程度溜まったのでまたこの話を。
時間の使い方に余裕が出てきて、多少遠出してたりもする。
でもやっぱり自転車があれば全然違うなあ。買おうかなあ。
一応行った順に。前回の記事からなので2月末からの約半年分。すでに書いた店や本郷三丁目付近の昔からある店などは書きません。

・江戸前煮干中華そば きみはん@鶯谷
母親の職場に用事があって行ったついでに。TETSUの系列店だが、名前の通り煮干だし、つけめんよりはラーメンの店。
これはかなり美味かった。煮干系は家系とか背油系のように癖になるという感じではないが、やはり定期的に食べたくなる味。

・豚骨一燈@本郷三丁目
小岩の有名店が本郷三丁目に進出。(駅からお茶の水方面に行ったところ)
開店前から楽しみにしていたが、直後はかなりの行列ができていた。
ラーメンとつけ麺を食べるため2回行ったが、まあどっちでもいいかな。正直それほどでもない、ドロドロしたタイプの豚骨魚介。
昼に行った2回とも夜に下痢になったので、多分もう行かない。

・武骨家@後楽園
文字通り家系。その中ではまあ特に強調すべき点はない。
ご飯無料なのがいいというだけかな。
雰囲気的には偽物家系かも。

・花のれん@茗荷谷
さっぱりした店内、原料にこだわったスープや麺という感じで、行ってはみたものの明らかにラーメンマニア向けではない。
安くないし量も少ない。女の人は好きかもね。

・岡村屋@根津
久しぶりに根津の方に行って何か食べよう、と思って行ってみたが結局ラーメンになった。
家ではなく屋だが、味は家系。学生証でライス無料はありがたかった。ってもうこれは普通使えないんだな。

・桑ばら@池袋
池袋で新たに開拓しようということで。とはいえ新店というわけではない。以前まるきゅうラーメンとしてやっていたところが変わったそうだ。その頃から行ったことはなかったので今回行ってみた。
店の外に貼ってある妙なノリの紙に書いてあるとおり塩気強めだったが美味かった。
ただいつも並んでいるようで、わざわざ行くほどではないかな。

・ささら@氷川台
自宅の最寄り駅にある店というだけ。
食べたのはまあ本当に昔ながらのしょうゆラーメン。しっかりしたスープだったと思う。

・武蔵家@お茶の水
前に北千住で行ったことがある家系チェーン。チェーンというのが適切かはよくわからないが。お茶の水に新しくできたのを知ったので行ってみた。
これはとてもいい家系。ご飯も無料だし。近ければもっと行くけどなあ。

・勝本@水道橋
外観からちょっとした料亭かと思うようなきれいな店。中はカウンターだけ。
つじ田インスパイアという話もあるがよくわからない。中華そばと濃厚中華そばがあったが、まずは中華そば。
魚介系の上品な味。麺も浅草開化楼ということで美味かった。つじ田とは全然似ていない(らしい。正直覚えてない)
濃厚の方も試してみたいね。

・狸穴@池袋
健康診断のあと、池袋で新しい店、とくにつけ麺が食べたいということで検索して。
少し並んでいて、近くには滝野川大勝軒もあったのでそっちにしてしまおうかとも思ったが並ぶことに。
まあやっぱりというべきか、よくある豚骨魚介。これを食べにわざわざ出かけるかというと、というところ。

・盛@本郷三丁目
いつの間にかラーメン大がラーメン盛に変わっていた。
多分店員が変わり料金が少し上がったが味とか雰囲気は何も変わってない。

・ひょっとこ@有楽町
東京メトロのジャンプスタンプラリーで、パーフェクトは無理でも6駅(シールがもらえる)なら行けそうだということで、足を伸ばしてみた。
銀座周辺でどこへ行くかと調べて、篝という店も考えたのだが行列が怖いのでこっちに。でもここも混んでいた。
かなりのお年と思われる店主が1人でやっていたのでそこは単純に時間がかかるが、席に座ったら数分で提供されるくらいなのでそこが律速というほどではない。
上品というかレベルの高い和風のしょうゆラーメン。スープを全部飲んでしまった。有楽町に用事があったらまた行きたい。

・チラナイサクラ@御徒町
中本も入っているラーメン横丁(今は中本、なんつっ亭、青葉、TETSUとここ)にある。
店主が女で着物(浴衣?)で接客してるということも話題の店だが、味も確かということで一度行きたかった。
行った日には中本の行列がすごかった。あれだと1時間近いのではなかろうか。
ここもまた上品なしょうゆラーメン。って最近それ系によく行ってるな。
値段的(750円)に大盛りにもしなかったので足りないと思ったが、なぜかその後早くから腹が減るようなこともなかった。
もう少し安ければまた行きたいけどなあ。

・翔竜@北千住
これを書いている今日まさに行ってきた。
ちなみにお盆で指導教官の先生が休みなのでこうして昼に自由にしているのである。
翔竜麺は味は相変わらずだが、780円に上がっていた。これだと半めんたいご飯(180円かな)は頼めない。
でもずっと昔の大盛券が使えたので腹はいっぱい。美味かった。
あの脂でもこの日にお腹を壊すことはなかった。オレのお腹がラーメンで壊れる確率は最近本当に高くなってしまったが、その傾向がまったくつかめない。

ふう。こんなところ。
翔竜のとこで書いたが、昼にラーメンを食べて、夜家で晩御飯を食べたあと腹が痛くなって奥さんに「そんなんなるならラーメン食べるな」と言われる、というのが何度もあったわけだが、翔竜やラーメン大じゃなくてラーメン盛では大丈夫なのに意外なとこで腹痛くなったりして、本当に傾向がつかめない。

腹を壊しても、悪玉コレステロールが相変わらず高くても、やめられないし、正直やめる気もないので、また定期的にここでレポートしていきたいと思います。
レポートというほどいい情報を書けてないけども。てかずっと前のことを書いてるから仕方ないか。

ではでは。



starrytdai at 23:59|PermalinkComments(2)clip!近況報告 

2017年07月15日

最高かよ

今オレは東大大学院医学部の研究室に所属している(これ書いたことなかったってことないよな?)。
んで研究室の主な仕事は当然研究となっているわけだが、大学なので教育も重要である。
研究室内部での後輩(オレにはまだ実際にはいないけども)の指導という意味ではなく、大学院ではなく大学の医学部の学生への講義や実習も仕事となっており、講義は数人が参加して準備をしたりするだけだが、実習となると全員がスタッフとして参加することになる。
これは修士の学生だった時も同じだった。それはそれで懐かしい。

んでその学生実習がつい先日あった。
オレが参加するのは2回目で、去年は何も分かってないような状態だったが今年はある程度はわかってきており、とはいえ何でも質問に答えられるという状態ではないのだが、また他のメンバーとも打ち解けてきたというのもあり、ずいぶん余裕を持って参加できた気がする。

といっても実際にはほとんどすることはなく、実験機器のところにいて使う補助をしたり、一部の実験については実際に説明役をしたりというのがあったもののほとんどの時間はただそこにいるだけの時間を過ごした。
それは他の人も同様なのでひたすらに雑談の時間となり、その意味で息抜きにはなったが、立ちっぱなしなのでとても疲れた。
今年同期として博士課程に入った人(眼科医で1個下の男性)が、実験等の経験がほとんどないために苦労していていろいろ溜まっているという話などを聞いていて、自分は気楽なもんだなと思ったりしていた。

とまあ自分としてはそんな感じなわけだが、学生たちはというと、自分たちの頃とはあまりに雰囲気が違っていて驚く。去年驚いたのと今年もほとんど同じ状況だった。
自分たちの頃といっても毎日午後に実習があり、卒業後はほとんどの人がどこかの研究室に所属して研究をすることになる薬学部と、実習はほんの数日(うちの教室の実習は2日間だけ)で、卒業後はほとんどの人は臨床に進んで研究をやる人はほとんどいない医学部とでは状況が全く異なるので、比較はできないんだが。

要するに「将来とほとんど関係ないし、単位のためだけに参加する」というスタンスの学生がかなり多いということだ。
遅刻する人も多いし、来ていても作業はグループの他のメンバーに任せて何もせず寝てる人とかもいた。
また見た目としても冴えないというかなんというか(これは今年の学生は去年よりいくらか冴えてる感じはしたが)、とても東大理3という大学受験の世界における頂点の人間には思えないというのが正直な感想だ。

まあ経験的にも知っているように、そういう風に一見見せておいて本気出すととてつもないというのが彼らなんだろうと思うが。

まあとにかく会社にずっといただけではこんな「10歳以上も下の超絶優秀(なはず)の人たち」と関わることはまずないわけで、関わったからといって特に刺激を受けることもないのだが、まあ毎日同じような研究を続けているのと比べれば刺激的ではあるし、すべての経験は何かしらの糧になると思って来年以降もやっていきたいと思う。

というかなんか話せるネタ見つかるといいな。


あーそれにしても暑い。やれやれ。

starrytdai at 18:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!近況報告 

2017年06月12日

オートバイうるさい

息子がどんどん言葉を覚えていってとても楽しい。

すでにいわゆる「二語文」、つまり単語だけではなくタイトルのような主語、述語として成立しているような言葉はしゃべれるようになった。
といってもなんでもではなくそれこそタイトルのような特定の表現だけだが。

1歳9ヶ月を過ぎたところでこれくらいというのが周りと比べてどうなのかというのは、気にしても仕方ないとはいえ気になるところで、オレはママ友、パパ友のようなつながりはほとんどないのでそれが全く分からない。

でも少ない情報からすると早い方なのかなと思われる。うんきっとそうだ。


今の時期の子供は言葉を覚える天才だから今のうちに英語を教えようみたいな風潮はあるが、正直教えたところであまり意味がないと思うので(多分間違っているけど)、まあ単語を教えるついでに英語も教えたりThank youとかを教えたりはしているが、それこそそんなのいつでも覚えられるのでたいした意味はないだろう。

それでも本当にどんどん覚えていくので面白い。
自分で教えるだけでなく奥さんや祖父母たちも教えるわけで、自分の知らないところで覚えた言葉を言ったりすると本当に驚くし面白い。

今回はそんな話をいくつかしたいと思う。

ちなみに「こどもずかん」という動物や食べ物や乗り物などの絵と名前と英語が書いてある絵本がとても良くて、また息子もとても興味をもってくれるのでそれを使って言葉を教えるのが中心になっている。

その中で一番最初に覚えたのは多分「タコ」である。なぜかはわからないが。
というかタコを覚えてからはなかなか他のは覚えていかなかった。何度言っても「カメ」のことを「マゲ」と言ったりと。ある日突然カメと言えるようになったけども。
なのでお風呂で遊ぶタコのおもちゃを買ってやったりしていた。今もタコは好きなようだ。

こどもずかんの中で覚えた単語で今一番ホットなのがタイトルのオートバイである。
普通バイクであってオートバイとは言わないだろと思うけども、絵本にもそう書いてある。
もう完璧に覚えていて、オートバイは外に出ればすぐに実物も見られるのでそれも含め覚えている。
さらにオートバイの走る音だけでもわかるようで、家にいてバイクの音がすると「オートバイ、うるさい」と言う。それが本当に面白い。

んで先日息子が寝てから奥さんがドライヤーで髪を乾かしていたら起きてきてしまって、「うるさい」と言っていた。
そのまま目が覚めてしまうと厄介なのですぐに寝室に戻してもう一度寝かそうとしていたら「うるさい、オートバイ」と言い出した。
息子の中でオートバイはうるさいものだし、逆にうるさいのはオートバイだとなっているようだ。


あと今家のすぐ近くでスーパーを作るらしい工事をやっていていろいろ重機もいるためか、息子は時々それを見たがる。
そのときに息子が「バックホーン」というようなことを言うのでなんだそれは、と言っていた。
こどもずかんにも重機は載っているのだがバックホーンというものはない。検索してみてもバンドのTHE BACK HORNが出るだけである。
しかしその中に「本当はバックホーンじゃなくバックホーで、ショベルカーのこと」みたいな内容があり、確認するとbackhorがショベルカーのことだった。奥さんのお母さんが教えていたそうだ。
まさか息子から新しい英単語を教わるとはな。


こどもずかん以外だとテレビからもいろいろ覚えていて、アンパンマンの主要キャラクターはだいたい言えている。
メロンパンナちゃんが好きなようなのだが「あまちゃん」と覚えてしまっていたり、おむすびまん→おむぱ、てんどんまん→とんどんだーなど、改めて書いてみると全然合ってないなという感じなので言えてないけど覚えてるといったとこか。
最近は簡単なジグソーパズルもできるようになった。その辺もどんどん成長していって本当にすごいわ。

テレビで言うとタレントなども覚えていて、最初はピコ太郎で今でも出てくると「アポー」と言っている。
郵便局に行ったときにダウンタウン松本のバカマジメのポスターがあったので松ちゃんだと教えたら、ワイドナショーやタウンワークのCMでも松ちゃんと言うようになった。
あとは小池百合子都知事のことを奥さんが「ゆりちゃん」と教えたらテレビでも町のポスターでもゆりちゃんと言うので、都民ファースト支持者だと思われそうで嫌だ。
支持といえばもうすぐ都議会議員選挙があり、会社の上司(研究トップ)が会社を辞めて都民ファーストから立候補すると聞いたときはここ数年で一番驚いた。区が違うので投票できないが。どうなることやら。


そんなわけで歩き方がまだスムーズじゃなかったりして運動能力より知能が先に発達してる感じがする息子だが、運動の方も最近ボールが投げられるようになったりして、とにかく成長著しく、本当に面白い。
これはこれからもまだまだ楽しめるわけなので、本当に楽しみだ。

自分だけでなく周囲にも子供が産まれていって、それまでのような遊びなどはすっかりできなくなっていてその点では残念だけども、それを補って余りある楽しみを得られるのが子育てということで、当たり前のことだけども、実際やってみて実感するわ。

でもパパ仲間と集まって子供の話するのとかは楽しいだろうな。
ママ同士だと変に気を使ったりとかして謙遜するのが一切ない自慢合戦になるだろう。面白そうだ。

starrytdai at 19:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年05月17日

あかん、優勝してまう

阪神が普通に強い。
各チームとの対戦が2周りしたあたりだが貯金12で2位の広島に2.5ゲーム差の首位、3位の巨人とは5.5ゲーム差。
とくに5月に入ってからは負ける雰囲気がない。

補強といったら糸井くらいだが、まあその糸井の存在はかなり大きいし、去年死んでいた鳥谷は復活したし、ルーキーの糸原もよくやってるし、ずっと期待だけされていた中谷がついに覚醒したかもしれないし、投げる方はそれほど変わらないが盤石の中継ぎ抑えに加え秋山が覚醒したかもしれないのが非常にでかい。藤浪も荒れ玉は相変わらずだが去年よりは良さそうだ。
北條や原口、高山といった去年活躍した若手がいまいち物足りないが、そのあたりが打つようになったらもう本当に負ける気がしない。

広島の方は打つ方は変わらず驚異だが投手陣が割とひどく、怪我人も出ているうちに阪神としては差をつけておきたい。
巨人は大補強した選手たちがことごとく失敗しているし、横浜は筒香がいまいちだし、ヤクルトや中日は普通に弱い。

ということは、

あかん、優勝してまう

ということである。

これはヤフーニュースの阪神関連の記事(勝ったとき)でよく見るコメントなんだが、実に阪神ファンの気持ちをよく表している感じがする。
優勝するのは当然うれしいことなんだが、暗黒時代に負け癖がついていて、そこそこ強くなった近年でもいわゆる「勝っても負けても虎命」の人からすると、今みたいな状況でも「いやいや優勝するわけないんだって」というのがどこかにある。
それをまさに表しているのが「あかん、優勝してまう」なのだ。

まあ実際にまだ交流戦にも入ってないし、9月に入ればいつもの失速の可能性も高いので現時点でそんなことを言うのは早すぎるのだが、それもわかってて言ってるということである。

そんなことを帰宅時に書いていたら今日もまた勝った。(冒頭のゲーム差とかも書き換えた)
今だけかもしれないし今のうちに何度でも言っておこう。

あかん、優勝してまう。



starrytdai at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月26日

就活の時期

就活の時期である。
時期といっても自分たちの頃から二転三転して時期が変わっている気がするのでいつがその時期なのかはよくわからないが。

今いる研究室にも博士課程の最終学年の学生が何人かいて、そのうちの一人の女の子が就活をやっていた。(修士はいない)
志望先はやはり製薬企業の研究職ということになり、博士での採用なので修士で就職したオレの場合とは違うが、周りに就活の経験者自体がほとんどいないということもありアドバイスを求められたりもした。
周りの人にアドバイスを求めるということ自体もそうだが、その子はかなり普通に研究室内で就活の状況とかを人に話していて、オレのときは「隠れてやっている」というほどではないまでもあまりおおっぴらに研究室内で就活のことを話せる状況じゃなかった記憶があるので、それと比べてもかなり積極的な攻めの就活だなという感じがしていた。
初期の頃にどこかの会社に出すつもりのESを見てくれと言われたので見たら、文章的に多少の拙さはあった気がしたがしっかりと自己アピールできていて、そういえばオレはそうやって「自分がいかに優れていて会社にとって有益か」とかをそんなにうまくアピールできてなかったな、とすごく思った。


んで先日その子が志望順位の高かった会社に受かったと報告してきた。
研究室内でもよかったよかったと盛り上がっていて、他に最近Nature Immunologyに論文が出た人もいるのだが、とある最近いろいろうまくいっていないらしいポスドクの人がそういう周りの成功に対して妬んでいる、という画が面白かったりした。

教授の推薦書というのが必要だったそうだが、教授が忙しい中時間を割いて手書きで推薦書を書いてくれたらしく、それが効いたと言っていた。
修士の就活で教授の推薦書を求められることはなかったと思うし、求められない時に勝手に出した場合プラスなのかマイナスなのかもわからないし、博士の就活においてどの程度影響があるのかも全然わからない(それだけで一発オーケーのレベルなのかもしれないし、迷ったときの加点くらいなのかもしれない)のだが、その子は能力も高いし性格もしっかりしているし、きっと面接での受け答えもハキハキとできていただろうと思うので、推薦書がなくても同等の会社に受かっただろうと想像できる。

というのはやはり博士課程やポスドクともなると、まあオレが言うのもアレだが「この人は一般企業無理そうだな」という感じの人も少なからずいるが、その子はそういう感じじゃないというのが強い。
能力とかは正直どの人もそれほど変わらないし会社に入ってからどうにでもなるだろうが、やはり就活ではその「会社でちゃんとやっていけそうな感じ」が相当重要だろうと思う。ふわっとした表現しかできないけども。
オレは会社に入ってからも人からよく言われたように、「仲良くなるといい奴だけど第一印象は悪い」というのがそれこそ就活してた頃は強かったと思うので、それが就活に苦戦した理由として大きいと思う。面接なんて第一印象が9割だしな。
会社にいた頃に採用を兼ねたインターンにスタッフ側として参加したが、人事の人は「内向きな性格っぽい人」を避けたがっていたのがまさにそれだと思う。
その子以外の学生、とくに男は研究には向いているのかもしれないがなんというかあまりその点大丈夫かなという人が多かったりする。重ね重ねオレが言うのもアレだが。
まあそういう人は適正を活かして一般企業じゃなくアカデミックに進めばいい(進めるものなら)し、そこは自由なんだけども。

そんな話をその女の子ともしていて、オレが第一印象悪いとよく言われる話をしたら、今は全然そんなことないと言われたのは少しうれしかった。まあそれこそ研究室に長らくいる人(一般社会の人とあまり接してない人)の意見なわけだけども。
自覚はそれほどないがオレも少しはいい方に変わっているのかもしれない。
昔塾のとある先輩に対してそこにいた誰もが思った「社会は人を変える」はやはり真理なのかもしれない。

それでも自分は二度としたくないが、今就活してる学生が、とくにオレのように面接とかで自分を表現するのが苦手でなかなかうまくいかないような人が、いい会社に出会って就職し、いい社会人になっていきますように。


starrytdai at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年04月08日

あれから1年part4

東大に勤務になり1年が経った。

いつもと比べてどうとかいう話ではないが、本当にあっという間に過ぎた気がするわ。


ここに書いたかどうか忘れたが、去年の4月から会社所属のまま「受託研究員」として今の研究室に勤務していたのだが、去年の秋に入試を受けて合格し、今年4月からは博士課程に入学した。
つまりまたしても学生になったわけだが、会社を辞めたわけではなく所属したままで、給料も出るし授業料なども会社持ちという、一般的に見れば相当に羨ましい状況である。

そうなることは去年の時点で決まっていた(入試に受かるのを前提として)のだが、その時点では個人的には正直かなり嫌だった。自分の能力で、こんなにレベルの高いところで研究するのはキツすぎると思ったからである。
その考えはなくなったわけではないが、1年続けてみて、まあそこまで恐れるほどのものではないとも思えるようになった。
自信がついたとかいうほどのことではないが、元々自分を過小評価(相手を過大評価)する人間なので、時間を経てある程度は適正な評価ができるようになったといったところか。

ちなみに入試は普通に筆記もあり勉強して臨んだが、面接の方が恐ろしく意味のない形だけのもので、まあもともとあり得ないとは思っていたが「落ちるはずのない試験」だった。
何しろ「休日は何してますか」とか「学生時代部活動してましたか」とか聞かれたからな。合コンかというような内容。
オレだけかと思ったら同時に修士から進学した学生も似たようなことを聞かれていたので、内部進学(オレはそうではないけど状況は似てるので)の人に対してはそんなもんなんだろう。

世界でもトップレベルの研究室なので仕事は猛烈に大変になった、ということはまるでなく、まあ1つ前の記事に書いたようにもちろん実験や発表の都合で帰りが11時になったり土日も出たりすることはあるんだが、それが毎日続くということはない。
まあそこは個人の努力によるところで、毎日遅くまで残っている学生もたくさんいるが、子供のいる先生などは決まった時間に帰る人もいるなど、やることをしっかりやればあとは自由という状況である。
オレは修士の頃でさえ「9時に行って8時に帰る」というのをほぼ守っていた人間なので、今も基本的に7時までに帰れるように実験の計画を立てたりしてやっている。
家のことや息子のことをほぼ完全に奥さんに任せる、ということをしない限りはこれくらいが限界だと思っており、個人的にそうしたいとは思っていないので、これからもこのくらいでやっていくつもりだ。


というわけで、「必死で仕事をして大きな成果を得るよりほどほどにやってほどほどの成果でいい」という考えのオレがする仕事としては本当は向いていないのは明らかなのだが、今のところはそれほどストレスを感じることなくやっている。
このスタンスでは将来的に問題になってくる可能性は十分あり、そのときは嫌でももっとやらなければならなくなってくるが、まあそれも長くてもあと4年と考えて、やるしかないだろう。

とりあえず今は、仕事も子育ても家事も、ついでに趣味も、楽しくやっていくことを続けていきたいと思います。

やれやれ。


starrytdai at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月28日

らしくない

昨日、この一年の総まとめとも言うべき仕事が終わった。
まあここまでの研究発表をしたというだけで正直たいしたことではないのだが、今のオレにとっては大きなことであった。

運良く、なのか頑張ったからなのかはわからないがそれなりの結果も持っていたので、特に怒られたりすることもなく終わり、しっかり今後に繋げていけばきっと先に進めるだろうという状況でもあり、とにかくよかったわ。
とはいえまだダメになってしまう可能性もあり安心はできないので、とにかくしっかりとやっていくしかない。


んでその準備のために直前の1週間程度はとにかく忙しかった。
2週前に発表資料を先生に見せてから直していくつもりが追加の実験があって全く資料に手をつけていくことができず、結局もう一度先生に見せるのが金曜になってしまい、そこからまた直しがあったので金曜の夜遅く、さらには土曜にまでかかってしまった。
日曜の夜にも直前の確認などをしていた。
その前の2週間は別の実験のために土日も研究室に少しだけ行く必要があり、それもあわせると実に20連勤となってしまった。
実にオレらしくない。いろんな意味で。

こんなに仕事を頑張ること自体オレらしくないが、それももっと早くからやっておけば直前にこうなることはなかったかもしれないし、以前は早めに準備をする性格だったのに、実にオレらしくない。

まあとにかく終わったので、またしばらくはこんなに頑張ることなく適度にやっていきたいと思います。
とはいえ実験の予定は続いていて、土日に出る必要がある日も出てくるので、らしくない状況は続くのだが、基本的にはそれにいっぱいいっぱいになることなくやっていきたいものだ。

ではでは。

starrytdai at 19:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年03月16日

WBC

いやはや。本当に面白いわWBC。

日本は1次リーグ2次リーグともに全勝で決勝ラウンド進出と。
事前の強化試合は散々だったから大丈夫かと思ったが、始まってみるとあれはなんだったのかというくらいしっかり勝ってるな。
投手陣は多少よく打たれてる気がするが、相手の打線の力を考えたらまあ仕方ない。
打つ方は日替わりヒーローという感じで、さすが超一流の選手たちだ。特に中田と筒香はやっぱりすごいし、腹は立つが巨人の小林は本当によくやってるわ。あと菊地の守備、松田のムードメイク、なんだかんだで山田や内川も、ってほとんど全員だな。

2次リーグは相手もどこも強くて、特にオランダ戦はすごかった。というかオランダの選手の気合が本当にすごくて、普段のプロ野球よりも相当に熱が入ってる感じだったわ。特にバレンティンの打席での集中力はすさまじかった。シーズンであれが続いたらそれこそまたホームランの記録を更新するだろうな。

東京ドームで試合をしていたわけで、つまり勤務先の隣の駅なわけだが、見にはいけなかった。
チケットは全然余っているようだったのだが、外野席でも5000円というのは高すぎた。それならテレビで見る、となってしまったわ。

しかしあまりにも気になったので近くに様子を見に行ったりはした。
外国人がチラホラということはなかったが、いつもと違う雰囲気のような気はした。
グッズを買おうとも思ったのだが、一番手頃なユニフォーム型キーホルダーは主要な選手だけで藤浪のがなかったのでやめた。
まあその藤浪はここまでほとんど出番がないので仕方ないだろうが。
最後の試合の点差ついたあととか出しどころだったはずなのになあ。おそらくこの先はもっと出る可能性は低いだろう。悲しいわ。
まあこれを素直に実力不足と捉えて、シーズンで発奮してほしいね。

日本は決勝ラウンドに進んだのでまだ試合があるわけだが、アメリカでやるということで、日本時間は平日の10時。
それじゃあとても見られないわ。
忙しくない時期ならいっそ…とも思うがちょうど最高レベルに忙しい時期なのでさすがに無理。最後だけでも、とかもできなそうだ。本当に残念。
アメリカとかそんなにやる気なくて結局日本が一番客も入るんだろうから、日本でやってくれりゃいいのに。
まあとにかく頑張ってくれ侍ジャパン!




starrytdai at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年02月21日

ラーメン@東京

さて久しぶりにラーメンの話でも。

相変わらず昼は一人でいろいろ出かけていて、しかしラーメンばかりだと健康うんぬんよりも金がかかりすぎるので、月単位で平均600円になるように調整している。
500円のランチや、茗荷谷まで足を伸ばして丼太郎に行くことがとても効果的というか重宝している。
というか750円とかで定食を食べる気にならないので、平均を超えるのは専らラーメンという感じである。

さて本題。前のように行ったところを全部書いてもいいのだが、思い出す(昼飯代の記録のため店名も記録してるからそれを見ることはできるが)のが大変なので、適当に抜粋して。

では早速。

・ わいず@秋葉原(末広町)
神田の名店が秋葉原にも出店とのこと。まあこっちも外神田だけども。
はっきり言ってはいないが、見た目は完全に家系。味は濃いが油は少なく、なんというか最近乱立してる家系のチェーンとは違うレベルの高さを感じた。
オレが入ったあとはすぐ行列になっていた。ぜひまた行きたい。


・播磨坂もりずみ@茗荷谷
かつての名店ちゃぶ屋の店主がやっている店。
最寄りの茗荷谷からも徒歩10分くらいの場所にあるのに、よりによって雪がちらつく日に行ってしまい(別の店が定休日だった)、めちゃめちゃ寒かった。
そのせいで1134円の醤油味玉チャーシューを頼んでしまった。
内装がフレンチレストランのようなきれいな店であることからも想像できるが、レベルの高い繊細な味だったが、チャーシューの塩気がなかなか強く、個人的にはそれでよかったがバランスとしては崩してしまってる気がした。

・六感堂@池袋
店主はおぎやはぎ矢作の同級生だそうだが、矢作もその贔屓目なしにベタ褒めの店。池袋東口から10分弱歩いたところ。
スープは醤油と塩で、麺が普通のとグリーン麺というユーグレナを練り込んだものという完治で、一番人気は塩グリーンだそうだが、グリーン麺の怪しさは危険だと思ったので普通の麺に。
これもやはりかなりレベルの高い味。淡麗系の塩ではかなり上位だろう。
気軽には行けないが一応グリーン麺も試してみたいかな。

・武骨相傳@上野
何度か上野に行った時に見かけて気になっていたが、ある日つけ麺が食べたいと思ったときに行ってみた。
とりあえず高い。普通ので880円。麺の量は無料で増やせるからまだいいけども。
赤黒白とあり、どれが普通というか人気なのかわからないが、赤は辛いし黒はビターな味わいとかなので自然と白に。
武蔵系列にあまり惹かれない理由がこれなのかなという感じだが特徴がないというか「ああ、これね」という感じ。まあ白にしたからなのかもしれないが。

・MENSHO TOKYO@後楽園(春日)
スープにラムを使っているという変わり種。
とはいえすごく変わった味ということもなく、美味いと思う。並んでいることも多いそうだ。
ラーメン、つけ麺、まぜそばと揃っていて、つけ麺とまぜそばを食べたが、まぜそばはラムを使っていないそうな。しかし汁なしだとどうしても浜そばと比べてしまい、そして勝ち目がない。

・大匠@本郷三丁目
500円で替え玉無料の本郷麺坊がつぶれたあとにできた店。
しかし680円だし替え玉無料じゃないし(ランチはライス無料だそうだが)、それでまた行きたくなるほどの味ではなかった。残念。

・立川マシマシ@御茶ノ水
名前の通り立川の方に何店かあるようだがそれが御茶ノ水にもできた。
まあ完全なる二郎インスパイアなのだが、1つのブランドを形成してる感じもある。
ラーメンではなくマシライスというのもあって、それも食べてみたいと思った。

・節骨麺たいぞう@池袋
ちょっと時間がたってしまってるからあまり覚えてない。美味かったとは思うのだがその程度なのかな。
名前の通り「節」と「骨」がしっかりしていた気がする。行く前はなぜか筋骨麺だと思い込んでいたが。

・君@本郷三丁目
以前「麺と酒の田村屋」みたいな店があった場所。あそこは地味に好きだったんだけど。
ここは油そば専門店で、普通と濃厚の二種類。まずは普通を、あとこれを書いてる間に行って濃厚を食べたんだが、結局はいつもの感想。浜そばには勝てない。
というか多分味というより麺の違いなんだろうな。浜そばの浅草開化楼の麺が油そばには合いすぎていて、まずそれを使わない限りどんな味にしても追い付けないんだと思う。いやもちろんオレの中でだけども。
ここは特に麺がいまいちかな。

・夢あかり@新大塚
定期で行ける範囲は行ってみようということで。
これも少し時間がたっていてあまり覚えてないのだが、ご夫婦で経営してるという感じで優しい味だったと思う。

・織恩@東大前
赤門から農学部の方にしばらく行ったあたりの路地にある。
東大生に人気のようでいつも混んでいるが、店主のクセが強く、食券を置く位置が指定されていたり、奥からきっちり詰めて座らされたりする。
沖縄好き(出身?)のようでインテリアとか、沖縄の塩を使ったメニューがある。
ラーメンつけ麺まぜそばと揃ってるがまぜそばが人気のようだ。オレもまぜそばとつけ麺を食べたがまあ美味い。
店主のクセがあまり好きでないのが難点かな。

・なりたけ@池袋
投稿後に追記。
実験について「今日は時間の余裕あるな」ってときは池袋まで出てしまったりする。それでも急げば一時間ちょいなので、それほど変わらない。
池袋にもあると知り一度行ってみた。あんなにも背脂多かったっけか…味も濃いし。
過去記事で本八幡や錦糸町の店に行ったときのことを見るとこのくらいならとか書いてるんだが、正直多すぎと思ってしまった。
これが個人的な衰えなのか、池袋店がやりすぎなのかはわからないが…いずれにしてもありゃ体に悪いに決まってるわな。


まあこんなとこか。
最近電子書籍でラーメンwalkerの東京23区、都区外、神奈川、埼玉、千葉の合冊を購入したのでそれを見て行けそうなところに行ったりしてるのだか、全然範囲が狭くてな。
さすがに電車賃を使って行くのはあれだし、せめて大学に自転車を置いとけばだいぶ広がるんだけども。

そういうわけで今後もいろいろ行くと思うので、定期的にここにまとめて書いておきたいと思います。
でひでは。


starrytdai at 08:52|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2017年02月02日

やばいブログ

ある程度書いたまま放置してしまった。そろそろ出しとくか。

数年前から時々読んでいるブログがある。

一部では有名なので知っている人も多いのかもしれない。

どの程度有名なのかは想像できないが、テレビに出たり本が出たりしないのを見ると、ネット発でテレビに出たり本を出したりする人ほどは有名でないということなのかもしれない。
でも話があったとしても本人は無理してそれに乗ることはなさそうなので断っているだけかもしれず、結局どの程度有名なのかは分からない。


誰のブログかというと「いばや通信」というブログで、検索すれば一発で出てくるのでリンクを貼る必要はないと思う。
「いばや」というのは「やばい」の逆なだけで、まあたいして気にすることはない。
ブログには本人の名前も普通に書いてあるがまああえて出す必要もないでしょう。


内容はというと一言で言うと「定職に就かず自由気ままに生きている人の自由な日記」となってしまうだろうか。
大人が定職に就かずに生きていけるというのは金持ちの子供である以外には結局何かしてお金または現物をもらうしかないわけで、この人は講演をしたりしてお金をもらっているようである。
しかしおそらくそれ以上に「周りの人の恵み」(恵みという言葉は適切ではないとは思うのだが)によって生きているという方が強いと思われる。

定職に就いていない人間がなぜそんなに人から恵みを受けられたり、講演ができたりするのかというと「凄まじい魅力を持っているから」としか言いようがない。


オレが今までブログを読んでいて一番印象に残っている彼の言葉で、まさにその生き方を表していると思っているのが「自分をオープンなものにしている限り人は死なない」というものである。
乱暴に説明すると、お金も仕事もない時にそれを隠していたら誰にも助けられずにやがて死んでしまうが、「金も仕事もない。誰か助けてくれ」と言っていれば必ず誰かが助けてくれるというようなことである。
こう表現するとオープンにしても死ぬ人は死ぬ(誰も助けない人もいる)と思うが、自分がそれをしたらきっと誰か(このブロ…掲示板を読んでくれているそこのあなた!)が助けてくれるような気がするし、最低限の友達付き合いをしてきた人なら確かに死ぬとこまではいかないだろうなと思う。
死ぬとこまでは行かないだろうが、この人はそのレベルではなく本当にいろいろな人からいろいろなものをもらったり海外にも行ったりして、普通に(何が普通かとかいう話はこの話のテーマだったりもするのでここでは「多くの人がしていること」というだけの意味とする)仕事をして生活している人よりもいろんな意味で豊かな暮らしをしているように見えるのはやはり「凄まじい魅力を持っているから」としか言いようがない。


いったいどんな魅力なのかというとブログをある程度読んでもらえばわかると思うのだが、「現代社会に生きる我々がどこかで『あんな風に生きたい』と思っているものの実際には絶対にできない生き方を体現していること」だと個人的には思っている。
日本の古き良き理想の人生である「いい大学に行っていい会社に入って、結婚して子供も育てて、出世して、マイホームに住んで・・・」というようなものは、もちろん今でもそれを理想とする人も実際している人も少なくないが、現実的にはそんなにうまくはいかず、何かを諦めたり、諦められずに理想とのギャップに悩んだりするのが現代人である。
その中でも「生活する」というのを考えた時に一番問題になるのが「仕事」で、「生活のために(嫌々)仕事をしている」という人がどうしても多い中で「仕事をしないで生きる」というのはそれだけで理想的なんだと思う。(だから「やりたいこと、好きなことを仕事にできている」という人もそれだけで幸せで、そういう人には彼の考え方は全く響かないと思う。)
「生活のための仕事」がしたくなくても、全く誰の役に立つこともしたくない、というほどに腐ってしまっている人はもうどうしようもないのかもしれないが、多くの人はそうではないと思う。

つまり「嫌々仕事をするのは苦痛だけれど、自分が誰かの役に立って、それでお金や物をもらって生活できる」のならそれが一番で、でもなかなかそうはいかないのだが、それをやっているのが彼なので、多くの人が彼に惹かれるのではないかと勝手に解釈している。


結局彼は「人とのつながりだけで生きている」のであり、それは相当にコミュニケーション能力が高いからじゃないかと一見思うが、むしろ真逆であり、それが苦手だったからこそ元々は就いていた仕事も続けられずに今のような生き方をしているようだし、今でも苦手な人からは逃げたくなるというのは変わらないようだ。
仕事の悩みというのもそれ自体の悩みというよりは実態は人間関係の悩みということはよくあり、それは結局「苦手な人とも付き合わなければいけない」ということだと思う。
社会に出たらそれは当たり前、と教わってきたが、それがストレスになって人を追いつめていることもあるわけで、ならばやはり「好きな人とだけ付き合う」ことが本当は理想なんだと思う。

それは彼も実際に言っていて、苦手な人と付き合うことによるエネルギーの浪費やストレスは甚大で、それを我慢することが正しいわけではない。
苦手な人とのつきあいにより自分を押し殺したりして生きることは何よりも自分のためにならず、そんなことをするために産まれて来たわけではないはずだと。
まあそれはわかっていても実際には生きていくために仕事をしなければならず、それには苦手な人との付き合いが必ずついてまわるというのが現実だと思う。
だから我慢できる程度なのであれば問題ないんだと思う。許容を超えていても耐えなければならないような状況が良くない。
そのときに彼のような、とまではいかなくても、転職したり独立したりして理想の場所を見つけることがみんなにできれば過労死や自殺は減るに違いないが、そうなっていないのが今の日本なんだろう。

個人的にも彼の考えにはとても共感する部分が多い。
共感するからといって同じように行動することはできないようなものばかりなのはなんとも皮肉なのだが、それはまあ少なくとも今の生活に少なからず満足しているということなのかもな。
多分同じような人がたくさんいるんだと思う。
彼が支持されるのも叩かれるのも同じ理由だと思う。
当たり前のことだが全くどうでもいい存在なら誉めも叩きもしないわけだが、どこか自分の考えに触れるというか共感する部分があったときに、素直に讃えられる人もいれば、自己を省みたりして反発する人もいるといったところだろう。
讃えられる人はまあオレも含めある意味で現状(彼とは全くちがうものであっても)に満足している人、もしくは絶望的な状況の中での唯一の拠り所とするような人で、叩く人はある意味で彼に嫉妬しているような人なんじゃないかと思う。
オレはいつからか「世の中にいろんな考え方の人がいるということを知る」のが好きで、これは割と偏った種類の人の中で生きてきた影響なのかもしれないのだが、その中で彼の考えというのは本当に面白かったし、ブログに登場する他の人たちの考えも面白かった。多分これがオレが彼のブログを見る一番の理由だと思う。


というわけで珍しいことをしてみたが、まあもはや誰も見てはいないと思うのでこの紹介も特に意味はないだろう。
でもこれをきっかけにブログを見た人がいて、その人にも何かよい影響を与えられたら、紹介した甲斐があったというものだ。

さて今から久しぶりに見てみるかな。


starrytdai at 00:48|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!