2014年02月20日

癒しの風景をご覧ください。


みな様
 
なかなか便りを出せずに済みませんでした。
 
地上から観測して戴く全国の天文台へお願いに出掛けたり、
マスコミへ情報提供など様々な対応に追われていました。

県内外のブロジェクトメンバーの方々には毎週末お集まり頂き
打合せを進めています。
 
その折々の様子をご紹介差し上げたかったのですが
時間が無くて残念です、言い訳になり済みません。
 
天文台を訪問していた折りに訪ねた山陰の風景を折々にご紹介します。
 



出雲大社を遠く望む…



















 
此は、北風を受け波打ち寄せる日本海です。
 
香川大学は温暖で災害の少ない瀬戸内海に面しています。
この日本海の風景を観た時には、何か 解き放たれるような感慨を覚えました。
 
向こうに霞む海岸と山並みが交わるところ
出雲大社を大きく包み込む日御碕です。



石見銀山の町並み
















打合せが終わると夕方になっていました
ホテルまで少し時間がありましたので
石見銀山の町を訪ねてきました。


出雲大社

















次に訪ねる天文台との打合せ時間に余裕がありましたので
出雲大社を訪ねました。
 
尊厳 厳しさ 優しさ

その入り交じる風景にとけ込みそうになりました。
 
                        山下
 



stars1 at 06:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月28日

屋上に受信アンテナ追加

 
お昼の食事を済ませて屋上に上がると
風は無く温かい穏やかな時が流れていました。
 
きょうは、無線の専門家でプロジェクトメンバーのTさんと
学生二人の四人で作業を始めました。

20140128_133614













 
 
 

屋島が遠くに観える素晴らしい景観です。
工学部9階ビルの屋上に設置しています。
 
20140128_140555













 
 
 

衛星を追尾するアンテナ施設。
手前の両サイドに大きく見えるのは
地上局から衛星への送信用アンテナ。
 
奥に見える細かな素子が連なっているのが
受信用の435メガヘルツ帯アンテナです。 
 
20140128_140624













 
 
  
 
 
きょうは、無線の専門家であるTさんが作業をしました。
 
Tさんは命綱を付けて神業の様な綱渡りです。
学生の方々も私も、安全第一でお手伝いしました。
  
風もなく温かい日差しに包まれていましたが
次第に雲行きが怪しくなり、風がビュービュー音を立てます。
 
作業の終盤に差し掛かると雨も降りだしました。
 
衛星からの受信電波を、二台体制で確実に受信出来る様にと
アンテナを追加しケーブルの取り回しをしました。
  
雨風の中を無事に作業を終えられて全員がホット安心です。
 
作業のあとは、冷え切った体をコーヒーで温めましたが
その美味しかったこと……。
 
STARS郷郵衛星プロジェクト 山下
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 

stars1 at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月26日

STARS供JAXA納入の顛末記。


1月22日(水)

懐炉で温め、毛布でくるんで、たいせつに
大切に運んだSTARS供

午前9時、
吐く息が日光に白く輝き、街が未だ寒さに包まれている
JAXA関西の施設に到着したSTARS兇蓮直ぐに
JAXA施設のクリーンルームに運び入れられました。
 

JAXAの方々が見守るなか移動用のアクリル透明ケースから
STARS兇鮟个兄笋燭舛量椹觚〆困鮑僂泙擦討らは
バッテリー電圧や分離機構の信号が正常なのかなど
JAXAの方々と共に念入りに点検を進めました。
 
 
ファーストフードが連なる近くのスーパーで昼食を済ませて
午後からも入念に点検をした結果は、何も問題はありません
でした。
 

全員 ほっ!と ひと安心…
 

長い間の苦労が、皆様の温かなご支援が報われた
その一瞬でした。
 
 
STARS兇鬟薀奪廚粘いて保護したあとは、ガスを充填した
専用の移動ケースに納められ、ロケット打ち上げ基地のある
種子島に運ばれます。
 

私たちが 半年の間にわたり 毎日 目の当たりに
見守ってきた STARS兇鮓納める時が来ました。
 
 
寂しさと 期待の入り混じる なんとも言えない気持ちが
心を包みます…。
 
 
STARS兇 「はやぶさ」に似た想い入れが生まれているのを
胸に 己が心に観じた 初めての瞬間でした。
 

この一日を記録した写真には、JAXA施設の内部が
映っていますので、皆様にご覧頂けないのが残念ですが、
折を見て公開への了解を得たいと思っています、
楽しみにしていてください。
 
 
香川衛星開発プロジェクト  山下
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 
 


stars1 at 19:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

STARS競廛譽后Π貳霧開

みな様
 
1月21日(火)にSTARS兇鬟泪好灰澆醗貳未諒々へ公開し
沢山のマスコミ各社の方々と一般の方々がお集まり頂き
地上では見納めとなるSTARS兇陵姿をご覧になりました。

 
 
記者会見
















 




 ( ↑↑↑ 記者発表をする 中西工学部部長と能見准教授)
 

 
20140121_134505















 


          (各放送局のカメラが並ぶ会場)
 

 
20140121_151800
























        (郷土の偉人 平賀源内に因んだ愛称GENNAI)
 


20140121_134515



















 

 
         (記者の質問に応える能見准教授)
 


ご覧頂いた様に沢山の放送局と新聞社の方々が取材に来て
頂きました。
 

発表のあとは9階の無線中継室にて2009年の1月23日に
打ち上げられ、高度600キロ余りの宇宙空間を今も90分
周期で周回する1号機のSTARSからの信号を送受信する
様子をご覧頂きました。
   

また、RNC西日本放送様のラジオカーが中継に来て頂き、
午後1時10分からと午後2時05分からの二回に分けて
生中継をして頂きました。
  

公開の様子は、香川と岡山向けの各社様の当日の放送に
加えて全国放送でも取り上げられました。
  

翌日には関東地方でもTBS様により放送されたほか、
新聞各社様の紙面に詳しく紹介されました。
関係された皆様方に心よりお礼申し上げます。
  

 
学生を中心とした産学官に社会人が加わり総合力を更に
高めた此のプロジェクトはみな様方の熱い想いと温かな
支援を受けてこれまで進めて来ることが出来ました。
   

世界的に問題となっているスペースデブリの補足・除去へ
向けた技術を開発・実験・検証するこのSTARS兇砲蓮
いま世界からJAXAから熱い視線を投げかけられています。
  

今は打ち上げ後のミッション遂行へ向けての準備に追わ
れる日々です。
此からも皆様方のご支援、ご協力をお待ちしています。
  

  
香川衛星開発プロジェクト  山下
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 

 













stars1 at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月20日

STARS兇慮開場所が決まりました。

みな 様
 
ご支援頂きありがとうございます。 
 
STARS兇慮開場所が未定になっていましたが、
工学部 本館3階・4301演習室に決まりました。
 
工学部正面玄関を入って頂き、事務室左の階段を3階に上がって頂くと
4301演習室があります。
 
皆様のご来場をお待ちしています。
 
香川衛星開発プロジェクト  山下

stars1 at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月17日

21日(火)の公開場所の確認について。

みな 様
 
お世話になっています。
 
公開のご案内を差し上げました前の記事で
工学部会議室をご案内差し上げましたが、
工学部内での場所が変わりますのでご連絡差し上げます。

☆日時 : 1月21日(火)午後2時〜2時30分  
☆場所 : 香川大学工学部(林町キャンパス)
 
 ↑↑↑ の日時等は変更ありませんが、
詳細な場所については追ってご連絡差し上げます
よろしくお願い申し上げます。
 
香川衛星開発プロジェクト  山下



stars1 at 10:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月15日

STARS供‖脳綟が決まりました。

皆様、長らくご無沙汰をしていました。
 
このブログで進行情況をお知らせ出来ないまま2年余りが経ちましたが
その間にEM(エンジニアリングモデル)製作が進み、そのEMを検証した上での
FM(フライトモデル)の完成まで沢山の皆様のご協力を得て到達することが
出来ました。
  
此も皆様のご支援の賜と想っています、ありがとうございます。
今後も続けてご支援をお願い申し上げます。
 
さて、この程、STARS兇梁脳緲縦蠧が
2月28日の早朝に決まりました。
 
下↓↓↓のJAXAプレスリリースをご覧下さい。 
http://www.jaxa.jp/press/2013/12/20131226_h2af23_j.html
  

来週にはJAXAへSTARS兇鯒柴する予定になっています。
そこで、ご支援を頂いた皆様方のご厚意に報いようと、
宇宙へと旅立つSTARS兇涼肋紊任郎埜紊箸覆觧僂魍様に是非ご覧頂き
JAXAへ送り出して頂ければと想い、工学部にてSTARS兇慮開を
実施することになりました。
  
下のスケジュールをご覧下さい。 

☆日時 : 1月21日(火)午後2時〜2時30分  
☆場所 : 香川大学工学部(林町キャンパス)、←工学部内の場所は追ってご連絡差し上げます。
                        
 
プロジェクトでは、沢山の方々のご来場をお待ち申し上げています。 
 
私たちプロジェクトでは、種子島からのH僑船蹈吋奪箸砲茲訛脳紊惴けて、
ミッション遂行へ向けて様々な準備を進めているところです。
 
此からはブログなどを通じて皆様方に出来るだけ情報をお知らせしながら、
香川から宇宙へと送り出す私たちのSTARS兇虜を、皆様方と共に
共有して往きたいと想います。
 
それから、プロジェクトではSTARS兇裡丕劵潺鉾崛箸鮑遒辰討い泙后
第1回目を年末からyutubeにアップしていますが、現在第2作目を
鋭意制作中です、完成しましたらこのブログでご紹介させて頂きます。
 
↓↓↓yutubeにアップしたSTARS侠↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=xq4xi51rsF8&feature=youtu.be
↑↑↑トップページにもリンクがあります↑↑↑
 
  
此からもよろしくお願い申し上げます。
 
香川衛星開発プロジェクト
             山下
 




stars1 at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月20日

STARS-II相乗り決定&香川CanSat2011

お久しぶりです。
M1の内田です(。・ω・)ノ゙

おかげさまで、STARS-IIがGPMの相乗り小型副衛星に選定されました。
7機関7衛星の申請があって、7衛星が選定でしたね。
候補リスト残件数11件ということは軌道高度が400kmというところで
他の衛星がその軌道を避けたということですかね…。
とりあえずSTARS-IIはEM試験がしっかりと行えるように日々活動中です(^_^;)
今後試験など進展がありましたら随時報告していきます。
「やれることやって、がんばっていこぉ(・ω・)/」 by谷川(プロジェクトマネージャー:心配症)

話は変わりますが香川CanSat2011を開催します。
 日時:2012年1月21日(土)13:00〜
 場所:香川県屋島陸上競技場
当日は午前中に小学生対象のイベントを行って、午後から気球実験を行います。
現在はメンバーが企画している実験と、授業で学生が製作したCanSatの投下実験を行う予定です。詳細についてはWebページをご確認ください。
「CanSatを投下したい」、「気球実験をしたい」という方はぜひご連絡ください(*´∇`*)
 香川CanSat2011:http://stars1.eng.kagawa-u.ac.jp/kagawa_cansat2011

stars1 at 23:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)内田[M1] 

2011年11月08日

近況報告

どうも、内田です。
このブログはなかなか更新されないですね。

先月からイベント尽くしですイベントが終わりません。
10月20〜24日:「はやぶさ」帰還カプセル展@香川大学
10月28日〜    :ELaNa-III受信
10月29日   :香川大学工学部祭@香川大学工学部
10月30日   :全日本ARDF競技大会@香川県
11月  4日   :ものづくりフェスタ IN KAGAWA@四国就職能力開発大学
11月13日   :北四国ARDF競技大会@愛媛県
11月27日   :気球実験説明会@和歌山県
11月30日〜   :宇科連@愛媛県
12月10〜11日:UNISECワークショップ@九州工業大学
工学部祭などのイベントでは展示と衛星電波受信、ミニARDFといったこれまでと同じ内容に加えて、新規にKUKAIペーパークラフトを行いました
このペーパークラフトはM2の細田さんとB4の黒川君がデザインして、かがわ源内ネットワークの支援のもと制作しました
実際につくるとこんな感じになります↓ イベントでは小学生たちに人気です

DSC_0123
 DSC_0122
 
話は変わりますが、STARS-IIはTSR-Sの実験結果を受けて、ミッションを変更しました。ミッションは以下の通りです。
 ・重力傾斜を利用したテザー伸展
 ・EDT(導電性テザー)の技術実証
 ・重力傾斜による張力を利用したテザー宇宙ロボット制御
 ・張力制御によるテザー伸展回収

starsII概観図


EDTに電流を流すためには電子を放出する必要があるので、STARS-IIではフィラメント方式での電子放出を考えています。
しかし、フィラメントで電子を放出するのに必要な電圧をかけると1000℃になるという話が出てきてしまい、搭載方法に頭を悩ませています。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
また、GPSを親機と子機にそれぞれ搭載するのですが、子機を地球に向けてテザー伸展するので、現状の設計だと子機はGPSを補足できないというビックリな問題が上がってきました。あれ?GPSアンテナを展開する??という感じです…(´・ω・`)
まだまだ課題はありますが方向性は見えてきている?ので、振動試験がスケジュール通りにできるように頑張りますというかやるしかない



stars1 at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)内田[M1] 

2011年08月29日

イベント報告

お久しぶりです、内田です(。・ω・)ノ゙
今日は26〜28日に参加してきたイベントについて報告します!

今月の26〜28日、高松天満屋にて
「おもしろ ワクワク 科学の世界」というイベントが開催されました。
3日間での参加人数は予定の3000人を超えて、大盛況でした。
本プロジェクトでは、衛星模型(原寸大)の展示と親子衛星のペーパークラフト工作をしました。


TS3R0015



このペーパークラフトも準備していた枚数以上の希望者がでたため、
最終日は工作用紙が無くなり次第、折り紙教室に変更しました。
この折り紙教室では折り紙で衛星を作りました。
折り方は↓のページを参考にしています。

 衛星 :http://www.na.rim.or.jp/~tomoyan/origami/jinnkoueiseihtml.html
 きずな:http://www.satnavi.jaxa.jp/kids/origami/winds/kizuna_orizu.pdf
 いぶき:http://www.satnavi.jaxa.jp/kids/origami/gosat/orizu.pdf

衛星は比較的簡単に折れたのですが、きずなといぶきの折り方が難しく、
なかなか完成にはたどりつきませんでした゜゜(´□`。)°゜。
興味がある人はぜひ挑戦してみてください。
とりあえず参加してくれた子供達には楽しんでもらえたみたいなので良かったです。

10月にもイベントがあるので、今度は衛星やロケットに関係する技術や原理を
身近なもので簡単な実験とかができればいいなぁと思ったり(´∀`)
また、楽しんで、さらに科学に関心をもってもらえるように工夫していきます!



stars1 at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)内田[M1]