新スターリーフの手抜き日記

オンラインゲーム「リネージュ」のアルタイルサーバーでプレイするWIZ、スターリーフのプレイ日記です

2009年12月

リネには関係ないが

穂積つええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!

どうみても亀田、内藤よりいつもいい試合してるし

話題にするならそっちでしょ〜よ。

マスコミの力って恐ろしい。





そういや全然ログインしてないな〜。

皆様お元気でしょうか?

年末年始には普通にログインしてると思います。





ちょっと前に中央線で朝方、小学生くらいの男の子が座ってるヴぉくの目の前に

立ってたんですが、なんと学帽かぶってました。

男塾の富樫くんが被ってるような学帽を、ややカワイクした感じのヤツです。

まだあるんですね。

ランドセルによほど重い物が入ってるのか、ヨタヨタとふらついて、その子が乗

ってきて発車後一分間に5〜6回くらい足を踏まれ(吊り革に手が届かないらし

い)、しかも謝られもしなかったんですが、紳士なヴぉくは席を立って譲ってあげ

ました。

いいことしたな〜、と自己満足してると次の日、二路線ででかい事故に遭遇して

なんと合計3時間くらい無駄こきました。

小田急線が特にひどかった。

新百合ヶ丘〜新宿間で2hかかるとかないない。

これも不景気の影響なんでしょうかね??

気分で無意味に更新してみました。

おしまい。


12/10アデン

852a9f01.JPG4つ巴、今度はDLの勝ち。

・・・・・。

勝てないですぅぅぅうう!!

そういや注意してなかったけど

CMとDLって今は実質同じ勢力なのかな?

今回のQの人数は上記のような感じ。

遅刻がそこに2名ばかし追加だった気

がします。

要するに人数的には珍しく有利じゃなかった

けど、見てる限りじゃそこまでこちらの被害

ってのはなかったと思います。

しかし、見えてないとこじゃ、けっこう死んでたらしい。

見えてるとこでも死んではないけど、けっこう真っ白

だったかな。

マイネのHPバーの漂白されっぷりが見てて笑えました。






遊撃に関しちゃ、DIGけっこう降ってた割りにはあんまり相手に被害を出すこと

ができず、リーフもあんまりEND貢献はできてません。

CMやDLよりやたらとNBと交戦してる時間が長かったけど、やっぱこれはどこ

の勢力も最初はNB狙いにしてんですかね?

目の前のCM、DLとやりあってると、いつの間にか後ろにいた例の遊撃PTで

サドンデスっていう怖さがあるんで、とりあえずNBは先に排除しとこう、っての

は俺も同意なんですが。

今回も何人かやられちゃってましたね。

あのPTに殺されたくなかったら見えた瞬間にカンタマ張って自陣にバック、真っ

先にデテクして、前に出てるはずのIL先に狙うのが一番です。

後は単純にGT周辺の壁とか障害物をちゃんとチェックして、今ここにDIGPTき

たらここに逃げ込むって場所をいくつか決めとくと、NBのDIGPT見えた瞬間に

すぐ逃げ込めるし、逃げ込んだ先でデテク焚くだけでだいぶ被害は減らせると

思います。

40FやFIなんかで弓モンスター寄せる要領ですね。

前QでああいうPT組んでた時、障害物と射程距離うまく利用されるのが一番ダ

ルかった記憶あるんで、マジでオススメ。

TAも実は画面の隅まで届くわけじゃないんで、本気で見えた瞬間に下がるよう

にして障害物盾にするようにしたら、そんだけでだいぶ変わるはずです。

一番危ないのはムキになってガンペリーさんとTAの撃ち合いとかしちゃうことで

これやってる人時々いるけど、大抵最後は死ぬか飛んでますよね。

TA連打するくらいならカンタマ連打した方がまだ安全です。

LVが低けりゃエリアもアリだと思う。

今どんなステにしてるかわかんないけど、CON18で堕落装備つけた虹エルフ

狙うよりCOI着た52↓IL狙う方が飛ばすのも殺すのも楽だし、アバターなければ

そうそう一撃で死ぬもんでもない。

アバターの射程は6セルなんで、TAしてるガンペリーさんが見えてる=絶対に

周囲6セル以内にILが消えてるんで、COI着てるってだけで位置の推測は比較

的簡単です。

あっちからしたら、そうやって寄せられたとこに待ち構えてた前衛がワーッと一

気に襲ってきて、モミクチャになったドサクサに紛れてデテクで発見されちゃった

ILにTAとかDIG降ってきて、殺されたり飛ばされたりしてコンボができなくなるっ

てのが一番痛いはずなんで、これをちょっと念頭においてほしいかなと。

終盤にタイミングが合わなくてもってかれるケースが多いんで、今回は葉華さん

なんかと補給中にWISで打ち合わせして、さっさとメテオ集中爆撃でGT折って

しまおう+キック力UPさせとこう、ということで終盤SSのような感じでGTメテオし

てみたんですが、GT折る分にはいいが、後はエリアが邪魔でダメージが安定し

ないからこの人数じゃダメージとしちゃ意味がねーって結論なりました。

打ち合わせしたメテオWIZは3名だったんですが、参加したメテオ持ちWIZ全員

に声をかけておけば知ってる限りでは、5人まで増やせてたんで、使うタイミン

グさえ間違えなかったら、各自2発撃つ程度でGT折れるのかな。

この手の集中攻撃はイミュ回しが犠牲になるという大問題があるんで、なかな

か実行するのに度胸がいるんですが、ディレイ中にHAscをひたすら連打すると

いう次善策で勘弁願いました。

しかし、LVがまだまだ雑魚だったらしくてこの有様でした、すません^x^;;

つまり今回はいいとこが何もなかった。

結果的にはあんまり意味がなかったんですが、そのうちこれもタイミングしっか

り打ち合わせして、なるべく一人当たりの数は撃たないで大人数で割る形で機

能させることができればな、と妄想してたりします。

ダメージを与えるってのは努力目標で、単にGT折る、ってのを目標にしたなら

そうMPの無駄ってわけでもない。

このSSの三時方向からのFW、誰か知らないけどGJでした。

GT周辺の視界が悪くなるのは攻め手のほうからしたら、好都合だし、メテオ撃

つ時のタゲ合わせにもやっぱり好都合。

しばらく遠ざかってる内にNBがドンドン人減っちゃって、代わりと言っちゃなん

だけどメンツがしっかり固定されてきましたね。

その減っちゃった人たちはどこへ行ってしまったのか。

そういやまだヤヒは見たことないんだよな〜・・・。

カルマ系ボスは一人食いできない上にまずいから、やる気でないけど。

おしまい。

まだそこまで過疎ってなかった

435af9b4.JPG四つ巴となったアデン、結果NB勝利。

別サーバーに移住した某ナイトの別らし

き人物が参加してたようですが、真偽は

定かではないものの、どうやら本人なよ

うです。

人数はQが43名、他の3勢力はよくわか

んないですが、20〜30の間くらいだった

ようです。

Qを10とするとDL5、CM6、NB6くらいの

比率だったのかな。

消えてる人もいるもんなんでカウントが難しい。





今回は現在Qが揃えることのできる戦力のほとんど最高のメンツで臨んだと思

ってたんですが、遊撃じゃそれなりに他勢力を圧倒したものの、最後はNBさん

に持ってかれました。

GT奪取時のプリの道作りが今後の課題となりそうです。

個人的にはマトモに戦争参加したのがほとんど一ヶ月ぶり?くらいになってしま

ってたんで、平和ボケしててどうも動きが悪かった。

終盤で二人ばかり前衛をEM+カーパラで飛ばしたくらいかな。

DIGに関しちゃ今回、DIGWIZ多かったんでグサグサとダブルトリプルになって

それなりに戦果出せてたようなんですけどね。

この通り、イミュ切れてる時に多分CMのPoopR(?)さんにスタンくらって、銀

ちゃんに横殴りされあわやENDするところを味方のヒールに救われました。

NBとかHAじゃなくて、どうもGHだったぽいけど誰だったんだろ。

イミュこなかったとこを見るとエルフだったのかな。

素晴らしい反応速度、無茶苦茶助かりました。

次回はああいうマヌケなことをしないように心がけたいもんだと思います。

狩りほとんどしてないもんで戦費調達が最近おぼつかなくなってきました。

ま〜しかし面白かった!

おしまい

どうなっちゃったんだアルタイル

b62de834.JPG

ケント参加してみました。

・・・・・・暇防衛。

聞いてみるとアデンくらいしか戦闘はない

そうです。

ギランも暇続きらしい。

あ〜〜〜〜〜んなに狩りクランあるし市場

にゃ露店キャラあふれてるのに、なぜ!?





とかグチってみましたが、Qもそうですが、人が3人いれば政治が生まれるわけ

で戦争の過疎というよりは、戦争勢力の過疎なんでしょう。

そりゃ四の五のと俺みたく文句言ったり、たまにグレて放浪したりするヤツもい

る中、勢力をまとめて仕切る苦労ってのは並大抵のものじゃあございません。

・・・・・やったことないけど。





ひさびさにログインしたらいたアル鯖の自称アイドル、なんかとんでもないネタ武

器作ってました。

買うとしたらこれは一体相場いくらになるのだろう?

てゆーか狩りしてないくせに20m+も持ってるとか生意気な。






ネタが大してないんでまたまたリアルネタ:





ちょっと一昨日、本屋徘徊してたんですね。

デパートの2Fにあって、入る時エスカレーターで上がって、帰るときは階段で降

りるというタコ壷のような設計の本屋なんですが、階段側には当然防犯装置とし

て、警報のゲートがあります。

商品もったまんま通過すると派手に音がなるアレですな。

適当に徘徊した後、目当てのブツがないのでそのまんまそのゲートを通過する

と、「ブヒーーーーーーッ!!」っと派手な警報が鳴り響きました。

ビビッたヴぉくは一歩下がり、周囲を見渡します。

もちろんレジで会計済ませてない商品は持ってません。

ビックリしたようにヴぉくに注目するお客さんが見守る中、もう一回ゆっくりと一

歩踏み出します。

「ブヒーーーーーッ!!」

背後から慌しい足音が近づいてくるのが聞こえてきました。

わかってます。

店員さんですね。

困った顔で振り向くと、やや年嵩気味のお姉さんが無理やり作ったとあからさま

にバレバレなひきつった笑顔で、

「すいません、カバンの中身を拝見してよろしいですか?」

こういうときに、無駄にゴネて暴言を吐くおじさんおばさんいますが、見ていてみ

っともないですよね。

もちろんやましいことの何もないヴぉくは笑顔でどうぞ、とカバンを渡し、お姉さ

んが検分するに任せました。

当然何も出てこないので、コートを脱いで渡し両手をホールドアップ、穏やかな

笑顔と口調で

「どうぞ、こっちも確認してくださってけっこうです。でも警報の誤動作だと思うん

ですけど。」

と言うと、お姉さんは乱暴な手付きでゴソゴソとヴぉくのコートを調べながら、そ

れには返事をせず

「では失礼します。」

とやっぱり目が笑ってない笑顔で、ホールドアップしたヴぉくの腹の廻り、背中な

んかを軽く叩いて周り始めました。

何もでてきません。

「もう一度ちょっとそこ通ってみていいですか?」とゲートを指差していうと、お姉

さんはやっぱり目の笑ってない笑顔で頷いてくれました。

一歩踏み出すと、今度は警報はなりません。

「ちょっとコートとカバンをいいですか?」と、言って受け取りゲートにくぐらせる

と、これも警報は鳴りませんでした。

「誤動作、ってことでいいでしょうか?」と、お姉さんに向き直って尋ねると、今度

は多少、ひきつってない笑顔で


「ご迷惑をおかけしました。携帯電話なんかがたまに誤動作させることがあるみたいなんですよ。」

「いえいえ、そちらも仕事でしょうから当然のことだと思いますよ。」


と、紳士という言葉を絵に書いたような笑顔で一礼して、ではこれで、と踵を返し

たその瞬間です。



☆:(ぬおっ!!!)



ほんの数秒前まで、ゲートの付近には誰もいなかったのです。

ゲートにコートとカバンをくぐらせてお姉さんの方に向き直り、経過していたとし

ても15秒。その間、ヴぉくの聴覚は誰の足音も背後に聞かなかったし、視界を

何かがよぎったりもしなかったはずなのです。

ところが振り返ったそこには一見、仏像にさえ見間違えるほどに静かに、無表

情に佇む二人の警備員の姿が忽然と出現していました。

もしヴぉくがお姉さんの制止を聞かぬままにダッシュで逃げようとしたなら、おそ

らく二人の5本の指の間に張りめぐらされたピアノ線でヴぉくの五体はバラバラ

になっていたことは疑いありません。

もし仮にそれを回避して彼らを倒したとしても階段の下には、棘のついた鞭を持

って角の生えた兜をかぶったボスが当然、体当たりの姿勢で待ち構えているに

違いないのです。

背中に冷たい汗をかきながら、ヴぉくは彼ら二人の間を通り過ぎ、三度ゲートを

通過しました。

ピアノ線を警戒してましたが、幸い警報はもう誤動作で鳴ることはなかったよう

で、五体がバラバラになることもなく階段を最後まで降りきると、そこにはウイグ

ル獄長の姿はなく、平和なデパート1Fの風景が広がってました。

ほっとしてゲートの方を見上げると、二人の警備員の姿は煙のように消えてい

たのです。

本屋を経営した経験はヴぉくにはありません。

しかし警察のアテにならない世知辛い現在、セキュリティへの細心は思わぬ需

要を産み出しているのでしょう。

あれほどの猛者がデパートの警備をしている時代なのです。

と、しみじみと思いつつお隣の本屋さんに向かうのでした。

記憶が正しければ、ヴぉくが万引きをしたのは小学校3年生のときで、実家の

近所のスーパーで友達とチョコレート盗もうとしたんだったかな?

2〜3回は成功したんですが、すぐに見つかって家まで引っ張っていかれて両

親にボコボコに殴られたのが、子供の頃の懐かしい記憶としてあります。

最近はお婆ちゃんでもやる人がいるという話を聞きますが、子供の時イタズラし

て怒られたことがないままに成長してしまったのかもしれませんね。

しかし万引きは犯罪です。

しかも店によってはどうやら命がけなようです。

おしまい。

livedoor プロフィール

スターリーフ

Categories
TagCloud
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ