新スターリーフの手抜き日記

オンラインゲーム「リネージュ」のアルタイルサーバーでプレイするWIZ、スターリーフのプレイ日記です

2015年07月

GoogleのOCRの上手な使い方を誰か教えてください・・・・


キャプチャーソフトで画面を撮影>JPGファイル保存>OCRにかける>テキストファイルに画像の文字を変換。
ここまできたらコピるなりなんなりして、表計算ソフトにブチこめるワケであります。


コレで無料でお手軽にスタイリッシュなデータ収集できるやんけ!

と手を打って、色々調べてみたがうまくいか〜〜〜ん!!


画像から抜きだせてない文字&数字が多すぎる・・・・。


ナイスアイデア&ナイスツールを募集します。
無料だけあってGoogleのヤツじゃショボくてダメなんかな。


ベストナイスアイデア賞の方には、大阪「いわし船」で飲んだ後ピンクなお店を畑さんがオゴってくれます。

よろしく。


消す前にもったいないんで:


あらかた消してしまったんだけど、なぜか残ってたリネージュ最後のSS。


WS000000

公式でアカウント解約するとこんな画面でます。

確かこの画面はスターリーフ垢を解約した時に出たヤツで(リーフ垢>アポ垢で殺りました)、その瞬間はさすがに感無量、って感じだったような気がしてるんだけど、なぜかあんまりそれやってた時の記憶がない。

というか多分、こんなSSがあるってことは成仏時の記事に貼るつもりで撮ったはずなのに、どうしてそのまんまキャプチャーソフトのフォルダーの中に残っていたのか、それもサッパリ思い出せない。


喉元過ぎればってヤツですなぁ。


しかし、こういうネタで悩まされると、なぜかズラズラとおススメ無料ソフトを、その使い方のコツまで丁寧に教えてくれる無料アプリの鬼、ミスターフリーソフト、レディッシュがちょっと恋しい今日この頃。



オシマイ






お、もう三か月か

こんだけ放置してても、まだお客さん来てるとかどないなことなんでしょ〜か。

まあ更新する気分になったので更新してみよう。

こんぬづわ☆


とはいっても、リネージュは成仏してしまったのでリアルネタしかない。
いたって庶民なものですので、大した事件にも巡り会わず、毎日が平々凡々なわけであります。

しかし、平和な日々にもちょっとしたアクセントはある。




健全とは言い難い


ここ最近外食が多かったので、TVでやってたスープパスタを自作しようと思い立ち、お買いものに行くことにしました。

さすがにそのパスタのレシピを正確に再現しようとまでは思わず、まずは材料を適当にネットで検索してみる。


スープパスタ


む、これなんかよさそうじゃない。


正確にレシピを再現することにはこだわりはないし、大抵の調味料はそろってるので、メインの材料に使う魚介類や野菜、バター程度を買うだけでよさそうだ。


スーパーに到着したヴぉくは、手早く野菜から買い物カゴに放り込んでいき、乳製品コーナーに回る。
しかし、以前と何の変わりもないように見えるその乳製品コーナーには、決定的に何かが欠けていることにヴぉくは気が付かざるを得なかった。


マーガリンとか、バター風味の〜みたいなのはゴロゴロ置いてある。
しかし、純粋にバターです以上、っていうブツが売ってない。


そういや、バター不足がどうのこうの、と誰かが言ってたことを思い出す。
バターはおひとり様一個まで、という張り紙までしてあった。

予定を変更して、品を戻し、先に他の店でバターだけ確保してから生鮮品を買おう、と思い直してバターを求めて近くのスーパー巡りを開始。


二軒目=売り切れ

三軒目=売り切れ

四軒目=・・・・・・。


どこの店にいってもバターが売ってない


てゆーか、原因はなんやねん?
牛がストライキでも起こしたんか??


代替になりそうなものを買おうか、と思案してみたのだが、パンに塗るとかならともかく、ソースに使うってんだから極力、純粋なバターそのものが望ましい。

そして

見つけた


五軒目にしてようやく、おひとり様一個までです の張り紙の傍にひっそりと一つだけ残されたバターの箱を発見。
感動のあまり、ちょっと写メールでも撮ろうかしら、って思ってしまいましたわよ。

しかし、その一瞬の油断が命取りだった

ヴぉくはやや速足で乳製品コーナーに近寄って行く。
その次の瞬間、ヴぉくのバターを横合いから不意に出現した手が無造作に、無遠慮にッ、掴みあげたのだ。


紙一重


元から人の顔とかプロフィールを覚えるのは得意なヴぉくだが、ヤツの顔は一生忘れねぇ。
渋川先生に似た感じの、細身のジジイだ。


人生の目標

近い間のリベンジを固く胸に誓い、ヴぉくはトボトボとスーパーを出ようとレジの近くを通過。
ふと、何気なくレジカゴを抱えてレジ会計の列に並ぶ白人男性が目に入りました。


観光名所的なものはないけど、そこそこ栄えてて交通の便もいい町田では白人男性はそんなに珍しくはない。
珍しかったのは、彼の持つ買い物カゴの中身。
そのカゴの中は、ただ一種類の商品で占められていたのです、


南高梅(1ネット1kg)×2


梅干しとか、梅酒の自作用で販売されてるような、生の梅ですな。
思わずその白人男性を観察してみる。

身長はヴぉくと大差ない、年齢は白人男性の年齢なんてよくわからないが多分20代前半、下手すると十代?


二十歳前後の白人男性と南高梅(1kg入りネット)×2


この異様な組み合わせを横目にしつつ店を出ながら、ついつい考えてみる。


’澳海啓作

可能性はかなり低い。
JPのヴぉくですら、自作したことはないくらいだし。


梅酒自作


可能性としてはこっちの方が高いが、年齢と一人で買い物に来ているところからして留学生とかそんな身分なのではないだろうか。
ということは、合計2kgの南高梅を使って梅酒自作ってのは、梅干し自作よりは可能性が高いが、自分ひとりで飲むため用なのだとしたらやはり何かおかしい。


G潺献礇犲作


旅行してみた時の感想だが、クッキーやパンケーキ、ビスケットに人にもよりけりなのだが、やたらとジャムを使う光景を見かけたから、梅ジャム自作用ってのはあるかもしれない。
彼の故郷では日本と違ってジャムは手作りが一般的なのかもしれないし。


い修里泙淇えると勘違い


・・・・・・多分、コレが正解なんだろうな〜・・・・。
そのまま食えなくもなかったと思うけど確か種の中に青酸カリ的な毒があったような。



黄色いサル


しかし、わざわざ戻って話しかけてそれを指摘してあげるほどに親切心は起きず、店員さんが指摘してあげることを祈りつつ、ヴぉくは家路についたのでした。


家路の途中でイタ飯屋に入って、スープパスタ食べたらバターも割とどうでもよくなった。


うむ、書いてみたら本当に平々凡々な変化のない毎日なのだな。


これからも平凡マンセーで慎ましく生きていこうと思います。
皆様も健やかにお過ごしくださいませ。





オシマイ





livedoor プロフィール
Categories
TagCloud
livedoor × FLO:Q
  • ライブドアブログ