令和2年4月2日
2020年 江戸川大学 前期公開講座 お申込者の皆様へ

江戸川大学駒木学習センター
所長 土屋 薫

2020年度前期公開講座 開催中止のお知らせ

 平素より本センターの活動にご支援を賜りありがとうございます。
 この度は、2020(令和2)年前期公開講座にお申込みをいただきまして、ありがとうございました。
 しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響が日々深刻化していることから開講の可否を慎重に検討いたしました結果、受講生の皆様の安心・安全を第一に考え、2020年度前期公開講座の全講座を中止とする決定をさせていただきました。

 お申込みをいただきながらご期待に添えず、まことに申し訳ございませんが、事情をご賢察くださり、本学の判断にご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 この新型コロナウイルス感染症の状況が好転し、9月からの後期公開講座が実施できることを願い、しっかりと準備を進めて参ります。
 今後ともみなさまのご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

[お問合せ先]
江戸川大学駒木学習センター
電話:04-7156-7715(平日9:00~17:00)
E-Mail:stcenter@edogawa-u.ac.jp



stcenter at 11:562020前期 公開講座 
2020年04月02日
令和2年3月16日
2020年 江戸川大学 前期公開講座 お申込者の皆様へ

江戸川大学駒木学習センター
所長 土屋 薫

2020年度前期公開講座 4月実施回休講決定のお知らせ

 この度は、2020年度前期公開講座にお申込みをいただきまして、誠にありがとうございます。
 さて、日々報道されております新型コロナウイルス感染症の影響から開講の可否を慎重に検討いたしました結果、誠に残念でございますが4月の一般教養講座の実施回は全て休講という決定をさせていただきました。

【4月実施回休講決定講座とその休講日】
101講座「近代絵画の先駆者たち」 :4/17、4/24
109講座「ウェブドラマで学ぶ韓国語」 :4/16、4/30
110講座「音楽の旅路 ジャズ」     :4/17
112講座「日常に生かすかな書道」 :4/7、4/14、4/21
113講座「日常に生かす美しい書道」  :4/7、4/14、4/21
114講座「古典に学ぶ美しい書道」 :4/8、4/15、4/22
115講座「基本の基本から学ぶ書道」 :4/10、4/24
116講座「水彩スケッチを楽しむ」 :4/11、4/25
117講座「水彩スケッチを楽しむ」 :4/11、4/25

 なお、5月以降の講座の実施に関しましては、現時点では実施する方向で準備をすすめておりますが、社会状況等の今後の推移を見極めながら、4月末日までに改めてお知らせいたします。
 また、受講料のお支払いにつきましても今後変更が予想されますため、正式に開講が決定次第のご案内となりますことご了承いただきたくお願い申し上げます。
 お申込みをいただきながらご期待に添えず、誠に申し訳ございませんが、事情をご賢察くださり、本学の判断にご理解とご協力を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
 末筆ながら、お申込者の皆様にはくれぐれもご自愛くださいますよう、心よりお願い申し上げます。

[お問合せ先]
江戸川大学駒木学習センター
電話:04-7156-7715(平日9:00~17:00)
E-Mail:stcenter@edogawa-u.ac.jp



stcenter at 13:572020前期 公開講座 
2020年03月16日
20190125

市川 昌
江戸川大学名誉教授、
日本教育メディア学会会員、
日本生涯教育学会会員、
日本マス・コミュニケーション
学会会員

西欧と日本・美の交流


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 101講座

開講期間: 4/17~7/10 金曜日 【全10回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 50名
受講料: 15,000円

概要:  近代絵画の時代は、東西文化交流と人間復興が特徴です。個性豊かな西欧と日本の芸術家たちが封建的な中世の壁を破って、新しい近代絵画の多様な表現で私たちを魅了する文化変革の時代でした。 
 この講座では西欧絵画のリアリズム表現から個性豊かな印象派とエコール・ド・パリへの流れと、日本の徳川時代の琳派から浮世絵、明治から昭和の日本的表現への変化を比較して、東西文化の衝撃と融合を探ります。戦争から和平へと激動の時代を経て近代絵画の表現にいたる美の先駆者たちの人と作品を比較して、時代の変貌と人間描写をたどりながら、私たちに何を訴えているのかを考えたいと願っています。

備考:

お申込み締切日:4月10日(金)

スケジュール:

第 1 回  4月17日 レンブラント・オランダの写実主義と人間描写
第 2 回  4月24日 伊藤若冲・京の細密画家と日本美の発見
第 3 回  5月15日 ゴッホ・日本文化への憧れと南仏の風景
第 4 回  5月22日 歌川広重・東海道五十三次とリアリズム
第 5 回  5月29日 ミレー・農民画家と大地への祈り
第 6 回  6月12日 横山大観・新日本画と富士を描く
第 7 回  6月19日 ルノアール・豊かな色彩と生命の裸婦像
第 8 回  6月26日 藤田嗣治・猫と女性とパリ
第 9 回    7月3日 ミュシャ・チェコの民族画家と平和への祈り
第 10 回 7月10日 岡本太郎・太陽の塔と抽象画の世界


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。





stcenter at 12:002020前期 公開講座 
2020年02月21日
宇野先生

宇野 正人
江戸川大学名誉教授

自然と共にある日本の神々


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 102講座

開講期間: 5/7~7/9 木曜日 【全8回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 20名
受講料: 12,000円

概要:  日本は自然に恵まれた風光明媚な国柄です。日本人は古代から風光明媚な自然を愛で、自然に囲まれた社寺への巡拝や代参も盛んでした。そのため、街道や宿場宿坊の整備も早くから行われ、道中の安全から、社寺参拝の途中、名所旧跡を訪れる事も常としてきました。それら風光明媚な場所には、大小を問わず、神社が祀られているのが普通となっています。いかような場所にある神社でも、必ず自然に囲まれています。また、祀られる神々の大部分には自然と結びついた信仰があり、日本の神々は自然と共にあるといって良いでしょう。
 産業革命以降、人間は利器や技術を得ました。それにより日常生活が豊かになったことは間違いありません。反面、人間は自然を対峙利用し、その結果、現在に至るまで地球上のどの地域でも自然が加速度的に減少しています。自然の減少による大きな問題も惹起されており、この問題は日本も例外ではありません。
 本講座では、自然と神々についての考察と同時に、自然と我々の問題についても受講生の皆様とともに考えます。

備考:

お申込み締切日:4月30日(木)



スケジュール:

第 1 回   5月7日 はじめに 自然と神々
第 2 回 5月14日 山の神々 神体山・修験
第 3 回 5月21日 海の神々 海神・航海安全
第 4 回   6月4日 水の神々 瀧・川・流水・祓
第 5 回 6月11日 地の神々 地神・収穫
第 6 回 6月18日 気候の神々 日月・雨・風・火
第 7 回   7月2日 木々岩石の神々
第 8 回   7月9日 まとめ 自然と景観を護る神々


 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:592020前期 公開講座 
大江先生

大江 志伸
江戸川大学名誉教授
読売新聞元論説委員

東京五輪年を揺るがす世界の課題を追う


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 103講座

開講期間: 5/11~7/6 月曜日 【全5回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 50名
受講料: 7,500円

概要:  2回目の東京五輪が開催される2020年は、アメリカ大統領選挙を筆頭とする政治イベントと重なり、国際情勢にとって岐路の年となります。今回の講座では、新聞・テレビ報道やネット情報をフル活用しながら、世界の時事問題の深層に迫ります。皆さんの関心が高い日韓、日中関係などでは最新ニュースを題材にするため、講義内容の当日変更もありますので、ご了承ください。

備考:

お申込み締切日:4月30日(木)



スケジュール:

第 1 回 5月11日 トランプ再選の可否と世界
第 2 回 5月25日 習近平国賓訪日と日中関係
第 3 回   6月8日 台湾総統選結果と中国の未来
第 4 回 6月22日 韓国国会議員選挙と日韓関係
第 5 回   7月6日 揺らぐ北朝鮮の外交戦略


 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:582020前期 公開講座 
帆足先生new

帆足 興次
江戸川大学名誉教授、
NPO法人社会システム
研究フォーラム理事

設置実態からみた将来への懸念


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 104講座

開講期間: 5/20~7/1 水曜日 【全4回】
開講時間: 14:00~15:30
定員: 20名
受講料: 6,000円

概要:  ここ数年での台風の頻度やその被害の大きさから、SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)の一つである二酸化炭素の増大を抑止しなければならないとの諸説を見聞することが多くなりました。それゆえ、国家安寧の基盤である電力供給方式としては自然が保有するエネルギーを活用することが望ましいとして、その一つである太陽光発電の積極的な導入が行われています。しかし、制度設計の甘さゆえにその実態には多々の課題があり、それを指摘しつつ将来に向けての安定供給策を議論していきます。

備考:

お申込み締切日:5月13日(水)



スケジュール:

第 1 回 5月20日 SDGsの達成には何が必要か
第 2 回   6月3日 いま国内外の電源はどう構成され変化しているのか
第 3 回 6月17日 現場を知らない制度設計は何をもたらしたのか
第 4 回   7月1日 これからのエネルギー・ライフとはなにか
 

 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:572020前期 公開講座 
斗鬼正一4

斗鬼 正一
江戸川大学名誉教授

日常生活の不思議から「人間という人類最大の謎」に迫る


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 105講座

開講期間: 7/13~7/27 月曜日 【全3回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 20名
受講料: 4,500円

概要:  動物にとって生きるとは「食べて、出す」こと。だから人間も生きていれば必ず汚れ、ごみやうんちが出てきます。でもなぜか人間だけは、それをそのままにはせず、掃除し、洗濯し、トイレや下水道まで作って、消し去ろう、流し去ろうとします。かと思うと、トイレには神様がいて美人が生まれるようにと祈ったり、汚いガンジスを聖なる川と崇めたりもします。
 そんな汚いものへの人間の奇妙な行動を文化人類学の目で眺めてみれば、人間という謎の正体が見えてくるのです。
 身近な日常生活の不思議を入口に、知的好奇心全開の「人間探検」をしてみましょう。

備考:

お申込み締切日:7月6日(月)



スケジュール:

第 1 回 7月13日 なぜか人は掃除する-なぜ日本では生徒に学校の掃除をさせるのか?なぜ寺では掃除が修行なのか?なぜごみは汚いのか?
第 2 回 7月20日 なぜかトイレには神様がいる-なぜ世界のトイレは多様なのか?なぜトイレを掃除すると美人が生まれるのか?なぜうんちをご神体にするのか?
第 3 回 7月27日 なぜか汚れた水にはパワーがある-なぜシンガポール人は下水処理水を飲むのか?なぜ汚いガンジスが聖なる川なのか?なぜ汚れた下水が山村の団結を強めるのか?


 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:562020前期 公開講座 
miyaji

宮地 信良
江戸川大学国立公園研究所
客員研究員/ネイチャーガイド

国立公園をより楽しく、安全に歩くために


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 106講座

開講期間: 5/12~5/26 火曜 【全2回】
開講時間: [講義]13:30~15:00
                 [現地ツアー]終日
定員: 20名
受講料: 3,000円

概要:  「国立公園を歩く」という時、日本では多くの場合山歩きになります。植物、動物、地形など国立公園の自然を楽しむためには、楽しくまた安全に歩けることが前提です。今回は山歩きのさまざまなノウハウについて講師の体験を中心にお話しします。現地ツアーでは講義でお話ししたことを実際のフィールドで実践してみましょう。

備考:

お申込み締切日:4月30日(木)

【受講条件】
・現地ツアーを含む内容となっております。今回は階段道も含む軽いハイキングの出来る健康な方が対象です。
・現地ツアーは雨天でも行います。ただし、荒天の場合は、中止いたしますのでご了承ください。
・講義だけの受講も可能です。お申込み時にお知らせください。(現地ツアーのみの受講はできません。現地ツアー受講の場合は講義の受講が必須です。)
・現地ツアーは受講料の他に5,000円~6,000円程度の経費(バス代、昼食代、保険料等)と東武日光駅までの往復交通費が必要です。



スケジュール:

第 1 回 5月12日 【講義】「山歩きの知恵」安全で疲れない歩き方、山で出会う危険と回避、コースの取り方、用具、服装、持ち物等についてお話します。
第 2 回 5月26日 【現地ツアー】日光3滝のひとつ、裏見の滝及び奥日光(光徳周辺を予定)で講義でお話ししたことを実践してみましょう。


 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:552020前期 公開講座 
中島先生WEB

中島 慶二
江戸川大学教授、
江戸川大学国立公園研究所所長、
鳥見歴半世紀

上高地で森林の鳥を堪能しましょう


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 107講座

開講期間: 5/2~5/23 土曜日,金曜日
      【全3回】
開講時間: 5/ 2:13:30~15:00
                5/22:15:00~18:00
                5/23: 8:00~11:00
定員: 20名
受講料: 4,500円

概要:  中部山岳国立公園の中心的な利用拠点であり、登山のメッカでもある上高地は、平坦で歩きやすい自然探勝のための道が整備されており、野鳥の観察にも適しています。
 第1回は大学内で講義。なぜ野鳥は美しいのか、なぜきれいな声でさえずるのか、など、野鳥を楽しむための基本の知識、観察のための方法などを学びます。
 第2回と第3回は上高地での観察。第2回(5月22日)は夕方施設に集合し、施設周辺の主に森林にすむ鳥を観察し、基本種のさえずり判別をマスターします。翌日の第3回(5月23日)は、森林、湿原、河川など多様な環境を移動しながら、夏鳥のさえずりや行動を観察します。
 第2回と第3回の具体的なスケジュールは第1回の講義の際に説明します。

備考:

お申込み締切日:4月23日(木)

【受講条件】
・3時間程度平坦な道を歩く体力が必要です。また、朝晩の冷え込みが予想されますので予めご承知おきください。上高地の5月の平均最低気温は6度、平均最高気温は14度です。
・フィールド回は双眼鏡(倍率8倍程度)をご持参ください。講義回でも扱い方をお教えしますので可能な方は双眼鏡をご持参ください。数に限りがありますが、お持ちでない方にはお貸しすることも可能です。お申し込み時にお知らせください。
・フィールド回は雨天でも行いますが、コースを一部変更する場合があります。また、荒天の場合は中止いたしますのでご了承ください。
・フィールド回2回分の参加には受講料のほかに、現地までの往復交通費及び宿泊費等が必要です。宿泊先は「自然公園財団 上高地公園活動ステーション(1泊2食8,150円/支払各自)」です。研修所ですのでホテルの設備とは異なります。男女別の相部屋の予定です。詳しくは講義回で説明します。
・講義だけの受講も可能です。お申込み時にお知らせください。(フィールド回のみの受講はできません。フィールド回受講の場合は講義の受講が必須です。)



スケジュール:

第 1 回   5月2日 講義:野鳥の楽しみ方の基礎
第 2 回 5月22日 フィールド:森林の鳥たちの声の判別:基本種を中心に
第 3 回 5月23日 フィールド:多様な環境にすむ鳥たちの姿を追う


 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:542020前期 公開講座 
証明書用写真(2019)

城一 道子
江戸川大学特任教授

脱・日本語的英語発音
                     ―読み聞かせや朗読を楽しむ


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 108講座

開講期間: 5/13~6/24 水曜日 【全4回】
開講時間: 14:00~15:30
定員: 15名
受講料: 6,000円

概要:  「英語の学び直しは発音から」2回目のシリーズ。英語の構造に一定のルールがあるように、英語の音声にも一定のルールがあります。個々の音、複数の語が結びつくときに消えたり、つながったり、変化する音、また、強勢によって生まれる文のリズムなど英語らしい発音を身につけるためのコツを学ぶワークショップです。1回目のシリーズを受講していなくても参加できます。

備考:

お申込み締切日:4月30日(木)



スケジュール:

第 1 回 5月13日 きれいな英語に聞こえる秘訣
第 2 回 5月27日 リズムにのって楽しく
第 3 回 6月10日 役者になったつもりで
第 4 回 6月24日 思いを込めて朗読する


 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:532020前期 公開講座 
趙先生

趙昭暎
韓国語講師


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 109講座

開講期間: 4/16~7/9 木曜日 【全12回】
開講時間: 10:30~12:00
定員: 20名
受講料: 18,000円

概要:  ウェブ韓国ドラマを通じて韓国語や韓国文化を学べます。
 韓国ドラマを見て、韓国語をたくさん浴びると、本で学ぶのとは違って、どんなシチュエーションで、どんな言葉を使うかがよく理解できるようになります。たとえば、韓国ドラマの中で、よく「クレ、クレ」と言っているのは、恐らく日本語にすると「そう、そう」という感覚で使っているのだろう、ということが理解できるようになります。
 独学で頑張っている方、頑張っているのに伸び悩みを感じている方!本講座はそんな方々にこそぜひ受講していただきたい講座です。

備考:

お申込み締切日:4月9日(木)

スケジュール:

第 1 回  4月16日  EP.01 친구들과의 대화가 무서운 이유 (友達との会話が怖い理由)
第 2 回  4月30日  EP.02 오해를 푸는 가장 쉬운 방법 (誤解を解く最も簡単な方法)
第 3 回   5月7日  EP.03 좋아하는 사람에게만 보이는 것 (好きな人にだけ見える事)
第 4 回  5月14日  EP.04 좋은 사람이 되고 싶은 이유 (良い人になりたい理由)
第 5 回  5月21日  EP.05 조별과제가 무서운 이유 (グループ課題が怖い理由)
第 6 回  5月28日  EP.06 친구들이 나를 피하는 것 같다. (友人が私を避けるようだ)
第 7 回   6月4日  EP.07 남사친이 이성으로 보이는 순간 (ただの友達が異性に見える瞬間)
第 8 回  6月11日  EP.08 짝남이 빵셔틀로 변한 썰 (片思いの男の子がパンシャトルに変わった話)
第 9 回  6月18日  EP.09 미친 듯이 심장 뛰는 순간들 (狂ったように胸キュンした瞬間)
第 10 回 6月25日  EP.10 절교한 친구가 갑자기 나타났다. (絶交した友達が急に現れた)
第 11 回  7月2日  EP.11 절친이 학교에서 사라졌다 (ベストフレンドが学校からいなくなった)
第 12 回  7月9日  EP.12 헤어진 후에 생각나는 것들 (別れた後思い出すこと)


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:522020前期 公開講座 
araki

荒木 健
江戸川大学非常勤講師、
作曲家、ベース奏者

ジャズ・スタンダードの名演聴き比べ その3 プレイヤーが愛した曲たち


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 110講座

開講期間: 4/17~7/3 金曜日 【全6回】
開講時間: 11:00~12:30
定員: 20名
受講料: 9,000円

概要:  20世紀のアメリカ合衆国で誕生し、やがて世界で親しまれるエンターテインメントとなったジャズ。その歴史の中で燦然と輝く名演奏家と数々の名曲たちの魅力を探ります。ジャズのレパートリーの中で、多くのプレイヤー達に演奏される名曲、スタンダードを聴き比べていく3回目。スーパースター達が好んで演奏した曲をピックアップ。年代、楽器、メンバーによって様々に表現される演奏を聴き比べていきます。素晴しいメロディに耳を傾けながら、お気に入りの音楽との新しい過ごし方を見つけましょう。

備考:

お申込み締切日:4月10日(金)

スケジュール:

第 1 回 4月17日 ジョン・コルトレーンのお気に入り。マイ・フェイバリッド・シング他
第 2 回  5月8日 ルイ・アームストロングのお気に入り。スター・ダスト他
第 3 回 5月22日 ダイアナ・クラールのお気に入り。イースト・オブ・ザ・サン他
第 4 回  6月5日 チェット・ベイカーのお気に入り。ワッツ・ニュー他
第 5 回 6月26日 レイ・ブラウンのお気に入り。チェロキー他
第 6 回  7月3日 オスカー・ピーターソンのお気に入り。バット・ノット・フォー・ミー他



※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:512020前期 公開講座 
大瀬先生

 大瀬 由生子
一般社団法人日本糀文化協会
代表理事、
料理研究家、
テーブルコーディネーター
一般社団法人日本糀文化協会
代表講師


プロフィール画像縦(川浦)2

川浦 智子
一般社団法人日本糀文化協会
代表講師

腸内活性化!免疫力アップ!
                                 体に優しい発酵食品


2020年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 111講座

開講期間: 6/2~7/28 火曜日 【全3回】
開講時間: 10:30~12:00
定員: 20名
受講料: 8,500円
(各講座で使用する材料費を含みます)

概要:  ずっと昔から日本人の暮らしに寄り添い、多くの恵みをもたらしてきてくれた糀。糀は、食材を美味しくし、栄養や保存性を高めてくれて、私たちの健康や美容を導くなど、素晴らしい働きをしてくれます。
 糀の発酵によりできた、味噌・醤油・酒・味醂・酢は、ユネスコの無形文化に登録され、世界でも注目される「和食」には欠かせないものです。
 このように、日本人が誇れる優れた糀文化なのですが、周りを見渡してみると、その存在や使い方を知らないという方も多いようです。
 そこで、この講座では糀文化の魅力を伝え、日々の暮らしに役立てていただける方法をお伝えしていきます。じっくりと時間をかけながら発酵し、様々な恵みをもたらしてくれる糀文化は忙しい現代に生きる私たちにこそ大切にしたい、先人たちの贈り物です。

備考:

お申込み締切日:5月26日(火)



スケジュール:

第 1 回  6月2日 夏バテ防止~飲む点滴「甘酒」を学ぼう!
           自宅で作る甘酒の作り方や効能を学びます。
                          夏野菜の甘酒スムージー試食・レシピ付き
第 2 回 6月30日 もっと知りたい!流山の白みりんのこと
                          みりんの味わい比べ・効能などを学びます。
                          みりんスィーツの試食・レシピ付き
第 3 回 7月28日 夏こそ「酢」を学ぼう!
                          お酢の優れた健康効果を学びます
                          ワークショップ:フルーツビネガーを作って
                                                 一瓶お持ち帰りいただきます。


 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:502020前期 公開講座 
福田先生20200109

福田 一彦
江戸川大学教授、医学博士、
江戸川大学睡眠研究所所長、
日本睡眠学会理事、
日本睡眠改善協議会理事、
日本生理心理学会理事

こころは実在しない


2020年度前期公開講座シラバス<一般公開授業> - 201講座

開講期間: 4/15~7/22→4/22~7/29 水曜日 【全14回】
開講時間: 9:00~10:40
定員: 10名
受講料: 20,000円

概要:  心理学は「こころ」を扱う学問であると言われますが、「こころ」とは我々の中枢神経系を中心とした「からだ」で起こっているあるプロセスの言い換えに他なりません。
この授業では、我々の心理的体験、行動がどのような生物学的・生理学的基礎を背景としているのかを学んでいきます。

備考:

お申込み締切日:4月8日(水)

~ 注意事項 ~

 こちらは「一般公開授業」です。通常の公開講座とは異なり、大学で実施している授業を学生と一緒にご受講いただくものです。その性格上、あくまでも授業の運営が優先となりますので、以下の事項についてよくご確認の上でお申込みください。

◆各回の講義内容は、授業の進行度合いによって変更することがあります。
◆やむを得ず休講することがあります。休講となった場合、補講を行います。補講の日程は原則として土曜日になりますが、実施日については都度お知らせをいたします。
◆授業中の教室の出入りや飲食は禁止しています。トイレ等は必ず事前に済ませてください。
◆授業中の質問は授業運営の妨げとなりますのでお控えください。授業終了後、質問等を受け付けますが、学生の質問が優先となりますのでご了承ください。また、講師の都合によりすべての質問にお答えできない場合もあります。
◆授業内で小テスト等が実施されますが、受ける必要はありません。また、学期末の定期試験は、受講生は受けることはできません。成績・単位等も付与されません。



スケジュール:

第 1 回  4月15日→4月22日 心とは何か?(心という「仮説」の危険性について)
第 2 回  4月22日→4月29日 ものを見るとは?1(視覚系の構造と機能)
第 3 回  4月29日→5月13日 ものを見るとは?2(視覚世界の創造)
第 4 回  5月13日→5月20日 遺伝と環境1(知能とは何か)
第 5 回  5月20日→5月27日 遺伝と環境2(遺伝と環境の分離、研究法について)
第 6 回  5月27日→ 6月3日 遺伝と環境3(双生児研究法による成果、家庭の教育は重要か)
第 7 回   6月3日→6月10日 遺伝と環境4(遺伝の働きについて)
第 8 回  6月10日→6月17日 まとめ(小テスト1)
第 9 回  6月17日→6月24日 動物の子育て(刷り込み)
第 10 回 6月24日→ 7月1日 動物の子育て(代理母親)
第 11 回  7月1日→ 7月8日 不登校とは何か1(不登校に関する診断の歴史的理解)
第 12 回  7月8日→7月15日 不登校とは何か2(不登校概念の多様性の背景)
第 13 回 7月15日→7月22日 不登校とは何か3(不登校と生体リズム)
第 14 回 7月22日→7月29日 前半のまとめ(小テスト2)


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:492020前期 公開講座 

~今からでも間に合う、資産運用~


2020年前期公開講座シラバス<特別公開講座> - 301講座

開講期間: 5/26~6/9 火曜日 【全3回】
開講時間: 10:30~12:00
講師:日本証券業協会 金融・証券インストラクター
定員: 50名
受講料: 無料

概要:  人生100年時代、長寿社会を豊かに暮らすには自助努力による資産形成の知識が必要となっています。本講座では、証券投資未経験者・初心者の方向けに、シニア世代が知っておきたい資産運用の基礎知識について、中立・公正な立場からやさしくお話しします。

備考:

※この講座は「日本証券業協会」による無料の講座となります。(ただし、事前のお申し込みが必要となります。)

●金融商品の勧誘などは一切ありません。また、推奨銘柄や個別の相談はご遠慮ください。
●日本証券業協会は、金融商品取引法に基づき内閣総理大臣の認可を受けて設立されています。
●講師を担当する金融・証券インストラクターは、主に金融機関出身で日本証券業協会の登録基準を満たした者です。

お申込み締切日:5月19日(火)



スケジュール:

第 1 回 5月26日 人生100年時代のマネープランと資産運用
第 2 回  6月2日 主な金融商品の基礎知識
第 3 回  6月9日 税制優遇制度を活用した金融商品の選び方


 


※誠に恐れ入りますが、新型コロナウイルス感染症の影響から
 開催中止となりました。
 詳細はこちらをご確認ください。






stcenter at 11:482020前期 公開講座 
20190125

市川 昌
江戸川大学名誉教授、日本教育メディア学会会員、日本生涯教育学会会員、日本マス・コミュニケーション学会会員

その魅力と東西交流の謎


2019年後期公開講座シラバス<一般教養講座> - 101講座

開講期間: 10/4~1/24 金曜日 【全10回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 50名
受講料: 15,000円

概要:  ユネスコの世界遺産登録された遺跡が残る都市には、いずれも魅力的な歴史物語があります。
 この講座では講師が実際に訪ねた東西の世界遺産都市に残されている遺跡、遺物、寺院教会、壁画、彫像などを映像でさぐり、わかりやすく楽しく歴史をたどります。人類の平和を祈る広島原爆資料館から古代の大陸との交流を示す古墳壁画、そして海と陸のシルクロードの仏教やイスラムなどの遺跡を経て、ヨーロッパのキリスト教文化との接触と東西交流などの都市を訪ねます。そして現地取材の映像と歴史的資料をもとに世界遺産に秘められた歴史を学習者の皆さんと共に学びます。

備考:

お申込み締切日:9月27日(金)



スケジュール:

第 1 回 10月4日 広島・原爆資料館と平和の祈りの負の遺産
第 2 回 10月11日 飛鳥・法隆寺とキトラ古墳と高松塚古墳の壁画
第 3 回 10月18日 長崎と五島列島・潜伏キリシタン遺跡と西欧との接触
第 4 回 11月15日 マカオと香港・海の天主堂とポルトガル英国植民地
第 5 回 11月29日 バンコクとアユタヤ・河の仏教遺跡と象の王国
第 6 回 12月6日 敦煌とシルクロード・砂漠の岩窟にみる仏像と壁画
第 7 回 12月13日 エルサレム・嘆きの壁と悲しみの道
第 8 回 1月10日 イスタンブール・ビザンチン美術とイスラム大寺院
第 9 回 1月17日 モスクワとサンクトペテルブルグ・ロシア正教教会と美術館
第 10 回 1月24日 ベネチア・聖マルコ大聖堂とアドリア海の宝石


 


※こちらの講座は受付を終了しました。





stcenter at 12:002019後期 公開講座 
2019年08月22日
宇野先生

宇野 正人
江戸川大学名誉教授

神話・伝承・民話・伝統の基層


2019年後期公開講座シラバス<一般教養講座> - 102講座

開講期間: 10/10~12/19 木曜日 【全8回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 20名
受講料: 12,000円

概要:  神話(しんわ)という言葉は、それまであった神話(かんがたり)とは異なり、「Myth」、「Mythology」の翻訳語として、明治20年代に登場した比較的新しい言葉です。神話は、口承伝承、叙事詩、民話、昔話、儀礼執行、口承伝承筆記等々により後世に伝えられ、現代も祭事や習慣など、さまざまな形で息づいています。
 本講座では、従来からの神話研究成果を踏まえて、日本を中心に、ギリシア、ローマ、欧州をはじめとする世界各地の神話を具体的に概観しつつ、神話が現代にどのような影響を与え、我々の暮らしに浸透しているのかを見ていきます。それにより、現代における神話の存在意義を受講生の皆様とともに考えます。

備考:

お申込み締切日:10月3日(木)



スケジュール:

第 1 回 10月10日 はじめに‐神話とは何か
第 2 回 10月17日 神話研究の諸相‐神話への観点
第 3 回 10月24日 世界の神話‐欧州を中心に
第 4 回 11月14日 日本の神話‐物語
第 5 回 11月21日 日本の神話‐類型
第 6 回 11月28日 神話と儀礼‐顕現する神話
第 7 回 12月12日 神話と現代‐持続と創造
第 8 回 12月19日 まとめ‐生き続ける神話


 


※こちらの講座は受付を終了しました。





stcenter at 11:592019後期 公開講座 
大江先生

大江 志伸
江戸川大学名誉教授
(読売新聞元論説委員)

ニュースを正しくつかむには


2019年後期公開講座シラバス<一般教養講座> - 103講座

開講期間: 10/7~11/25 月曜日 【全4回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 50名
受講料: 6,000円

概要:  ネット社会の急拡大に伴い、日々、膨大な情報があふれています。メディアの多様化は情報の多様化ももたらしていますが、その内容は玉石混交の状態です。
 今回の講座では、新聞、テレビ、ネットなど各情報源の特徴や変化を追いながら、「ニュースを正しく掴む」方法について、皆さんと一緒に考えます。各回、国内問題や国際情勢を中心にテーマを決め、ニュース源の検索や信頼度のチェックを行いながら、ニュースの核心に迫ります。できるだけ最新ニュースを題材にするため、講義内容の当日変更もありますので、ご了承ください。

備考:

お申込み締切日:9月30日(月)



スケジュール:

第 1 回 10月7日 「国内世論」を検索する―既存メディアはマスゴミ?
第 2 回 10月21日 「韓国・北朝鮮」を検索する―溢れる日本語情報
第 3 回 11月11日 「アジア」を検索する―どこも中国の影
第 4 回 11月25日 「世界」を検索する―信頼度ナンバーワンは?


 


※こちらの講座は受付を終了しました。





stcenter at 11:582019後期 公開講座 
斗鬼正一4

斗鬼 正一
江戸川大学名誉教授

「鬼先生」の文化人類学入門


2019年後期公開講座シラバス<一般教養講座> - 104講座

開講期間: 12/2~12/16 月曜日 【全3回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 20名
受講料: 4,500円

概要:  『チコちゃんに叱られる』(NHK)、『この差って何ですか?』(TBS)など、メディアでおなじみ「鬼先生」が、「文化人類学という金棒」を武器に、「人間・世の中・自分という人類最大の謎」に切り込みます。 
 なぜか「トンネルのむこうは不思議の町」で、メチャ食いした両親はなぜか豚になり、橋のむこうの油屋はなぜかお寺そっくり。そしてなぜか湯船のむこうに富士山がそびえる銭湯で、なぜか「極楽~極楽~」。
 こんな日本人の遊びの謎満載の『千と千尋の神隠し』を切り口に、遊びとは何なのか、なぜ人だけが遊ぶのか、そして人が生きるとはどういうことなのか・・・と知的好奇心全開の「人間探検」にご案内します。



備考:

お申込み締切日:11月25日(月)



スケジュール:

第 1 回 12月2日 なぜかメチャ食いすると豚になってしまう-なぜ食という遊楽にマナーがあるのか?
第 2 回 12月9日 なぜか油屋はお寺そっくり-なぜ入浴が遊楽、極楽なのか?
第 3 回 12月16日 なぜか水辺の中洲川端、道頓堀が歓楽街-なぜ人は遊ぶのか?


 


※こちらの講座は受付を終了しました。





stcenter at 11:572019後期 公開講座 
新井先生WEB

新井 正彦
江戸川大学教授

~『千曲川のスケッチ』を読む~


2019年後期公開講座シラバス<一般教養講座> - 105講座

開講期間: 2/6~2/27 木曜日 【全3回】
開講時間: 10:30~12:00
定員: 20名
受講料: 4,500円

概要:  処女詩集『若菜集』によって日本近代詩の祖となった島崎藤村。しかしながら、信州・小諸の6年間で詩から散文に転じ、小説『破戒』の成功を受けて、藤村は詩人から小説家へと転身しました。藤村の生まれ故郷は山深い木曽谷・馬籠ですが、詩作から決別し小説家への転身を決定づけた信州・小諸は、藤村にとって第二の故郷と言っていいでしょう。詩人から小説家へと大きな転換を成し遂げた小諸時代、藤村に何があったのでしょう。
 この講座では、小説家・島崎藤村の原点ともなった『千曲川のスケッチ』に焦点を当て、小諸の風土を背景に詩人・藤村から小説家・藤村誕生の過程を考察していきます。

備考:

お申込み締切日:1月30日(木)



スケジュール:

第 1 回 2月6日 『落梅集』~「雲」にみる小諸の風土~
第 2 回 2月20日 『千曲川のスケッチ』~詩から散文へのスタディ~
第 3 回 2月27日 『千曲川のスケッチ』から『破戒』へ~小説家・島崎藤村の誕生~


 


※こちらの講座は受付を終了しました。





stcenter at 11:562019後期 公開講座 
カテゴリ
記事検索
プロフィール

江戸川大学駒木学習センター

〒270-0198
千葉県流山市駒木474
TEL 04-7156-7715
Mail stcenter@edogawa-u.ac.jp

QRコード
QRコード