104:電力の安定供給に不安はないのか?

帆足_1

帆足 興次
江戸川大学名誉教授 NPO法人社会システム研究フォーラム理事

電力自由化を巡る諸課題を論議する



開講期間: 5/17~6/28 火曜日 【全4回】
開講時間: 14:00~15:30
定員: 20名
受講料: 6,000円

概要:  原油価格の変動や中東情勢の混乱があるものの、現在は1970年代の石油危機時のような社会的・経済的打撃は少なくなっています。理由のひとつは米国が最大の産油国になったことにもよりますが、それ以上に多様なエネルギー利用の技術が進歩したことがあります。
 とはいえ、有限な資源に多くを依存しているいまの生活をどのようにすべきかは、我々自らが考えなければならない重要な課題といえます。
 この講座では、エネルギー、なかでも電力の供給を巡る諸課題を論議し、これからのエネルギー・ライフのあり方を考えます。


備考: 申込み締切日:5月10日(火)



スケジュール:

第1回 5月17日 3.11原発事故後でも停電しなかったのは、なぜ?
第2回 5月31日 再生エネルギー導入の現状を、どう理解すべきか?
第3回 6月14日 電力自由化、送配電分離は、われわれにどう影響するのか?
第4回 6月28日 市民ひとりひとりが決めるべきエネルギー・ライフとは?


 






stcenter at 13:532016前期公開講座  

2016年02月26日

記事検索
プロフィール

江戸川大学駒木学習センター

〒270-0198
千葉県流山市駒木474
TEL 04-7156-7715
Mail stcenter@edogawa-u.ac.jp

QRコード
QRコード