102:日本人と神社

宇野先生

宇野 正人
江戸川大学名誉教授

神社の諸相と果たしてきた役割


2017(平成29)年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 102講座

開講期間: 5/18~7/20 木曜日 【全8回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 20名
受講料: 12,000円

概要:  日本においては、様々な神が存在し、全国各地で現在も丁重に祀られ、信仰を集めています。一神教を主体とする国が多い中、こうした特徴ある神々が存在し受け入れられている日本は、世界から見ても稀な国と言えます。
 この講座では、日本人が自らの社会、文化、伝統を考えるためのベースとして、日本人の宗教観について、その中でも神社を取り上げ、その歴史や、日本の社会システムが作り上げてきた神社の役割について考えていきます。

申込締切日: 5月11日(木)



スケジュール:

第 1 回 5月18日 はじめに 日本固有の信仰体系である神社
第 2 回 5月25日 神社の歴史 Ⅰ ~古代から近世
第 3 回 6月 1日 神社の歴史 Ⅱ ~近代から現代
第 4 回 6月15日 神社が祀る神々 ~祭神
第 5 回 6月22日 神社が祀られる場所 ~鎮座地
第 6 回 6月29日 神社建築 ~社殿の様式、名称と役割
第 7 回 7月 6日 信仰の伝え手 ~分祀、代参、講社
第 8 回 7月20日 祭祀と参拝 ~神職及び氏子や崇敬者の役割


 
こちらの講座は受付を終了いたしました





stcenter at 13:592017前期 公開講座  

2017年02月07日

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード