106: 島崎藤村の文学とその風土

新井先生WEB

新井 正彦
江戸川大学教授

 ~藤村文芸の源泉~


2017(平成29)年後期公開講座シラバス<一般教養講座> - 106講座

開講期間: 2/1~2/15 木曜日 【全3回】
開講時間: 10:30~12:00
定員: 25名
受講料: 4,500円

概要:  わが国の自然主義文学を確立した島崎藤村。藤村は山深い木曽谷・馬籠に生まれ、9歳で上京後、木曽谷に帰郷することはあっても二度と住むことはありませんでした。しかしながら、故郷・木曽谷は藤村作品に繰り返し描かれています。晩年、馬籠に帰郷した藤村は馬籠小学校での講演で、「血につながるふるさと 心につながるふるさと 言葉につながるふるさと」と述べた後、しばし絶句したといいます。この講座では、この「血につながるふるさと……」の言葉をモチーフにして、藤村文学の源泉を考察していきます。

備考:

お申込締切日:1月25日(木)



スケジュール:

第 1 回 2月 1日 藤村作品と島崎家の人々~血につながるふるさと~
第 2 回 2月 8日 藤村文学とふるさと~父、姉への思い~
第 3 回 2月15日 藤村文学の源泉~水につながるふるさと~


 






stcenter at 09:092017後期 公開講座  

2017年09月01日

記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード