109:人間・夏目漱石 ~ある明治人の人格形成物語~ 

自像

栗田 博行
元NHK京都放送局放送部長

北海道送籍がその生涯にもたらしたもの 


2018(平成30)年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 109講座

開講期間: 4/12~5/10 木曜日 【全4回】
開講時間: 13:00~15:00
定員: 50名
受講料: 8,000円

概要:  昨年生誕150年を迎え、改めて注目を集めた文豪夏目漱石。
明治25年、25歳の夏目金之助の戸籍は北海道の兵役免除の土地に移されました。これを進めたのが誰だったのか、史料は一切残されていません。しかし、生涯の確定した事実と、わずかに残された漱石自身の言及を突き合せてゆくと、この「送籍」が夏目金之助の胸裏に点滅しながら一生続いた重要なトラウマとして浮かび上がってきます。それはまた、あの膨大な創作のエネルギーともなりました。
 本講座では、「人間・夏目漱石」の核心を形作ったトラウマに着目し、彼の自己形成と生涯の苦闘、達成された成果の偉大さとその限界を見つめます。

備考:

お申込み締切日:4月5日(木)


スケジュール:

第 1 回 4月12日 幼・少年期→青年期の自己形成
第 2 回 4月19日 国家がもたらした青年期の危機
第 3 回 4月26日 壮年期……あの事を胸底にひそめて
第 4 回 5月10日 消えなかったトラウマと創作のマグマ

講師プロフィール
早稲田大学文学部卒。昭和38年NHK松山局入局後、教育・教養番組を中心に番組制作現場を歩み、司馬遼太郎出演「人間・正岡子規」「雑談『昭和への道』」などを手がけてきた。

 
※こちらの講座は受付を終了いたしました。






stcenter at 08:512018前期 公開講座  

2018年02月16日

記事検索
プロフィール

江戸川大学駒木学習センター

〒270-0198
千葉県流山市駒木474
TEL 04-7156-7715
Mail stcenter@edogawa-u.ac.jp

QRコード
QRコード