102:現代社会における神社

宇野先生

宇野 正人
江戸川大学名誉教授

伝統的神社から近代の神社へ


2018(平成30)年前期公開講座シラバス<一般教養講座> - 102講座

開講期間: 5/17~7/5 木曜日 【全8回】
開講時間: 13:30~15:00
定員: 20名
受講料: 12,000円

概要:  日本の伝統や文化のランドマークとしてもイメージされる神社は、実は長い歴史の中で少しずつ変わってきています。地縁の関わりに基づく社会から、流動化した個人主義的な社会へと激変した日本の中で、それでも廃れることのなかった伝統的な神社はどのような変化を遂げてきたのでしょうか。
 この講座では、神社の変容の例として企業の神社などを事例として取り上げ、近現代宗教史の視点から、明治維新から現代にかけての日本の宗教政策、時代背景をたどっていきます。我々が普段から身近に感じている神社の在り方について、いっしょに考えてみましょう。

備考:

お申込み締切日: 5月10日(木)


スケジュール:

第 1 回 5月17日 はじめに
第 2 回 5月24日 特別な神社①~企業が祀る神社
第 3 回 6月 7日 特別な神社②~船舶、工場内における特殊な神社
第 4 回 6月14日 伝統的神社から現代神社への変容~個人祈願の拡大化
第 5 回 6月21日 宗教政策と時代背景①~明治維新、大正デモクラシーを経て
第 6 回 6月28日 宗教政策と時代背景②~昭和初期から第二次世界大戦
第 7 回 7月 5日 宗教政策と時代背景③~敗戦から現代
第 8 回 7月12日 おわりに


※講師の都合により、本講座の日程を一部変更いたしました。
 ≪3月12日(月)スケジュール修正≫
 (5月31日(木)がお休みとなり、7月12日(木)が追加となりました。)


※こちらの講座は受付を終了いたしました。






stcenter at 08:582018前期 公開講座  

2018年02月16日

記事検索
プロフィール

江戸川大学駒木学習センター

〒270-0198
千葉県流山市駒木474
TEL 04-7156-7715
Mail stcenter@edogawa-u.ac.jp

QRコード
QRコード