2012年05月16日

今期アニメ視聴リスト

ガンダムAGE:
親子三世代の試みは結構期待している。
とりあえずアセムの再登場時の役回りに期待。

Fate/Zero:
ぶっちぎりで面白い。毎週毎週30分が短い。
ケイネス先生好きだったのだが華々しく散ってくれました。

咲-Saki- 阿知賀編
実質全国編?地方大会のライバルっぽいチームの瞬殺っぷりに吹いた。
ちょっと麻雀うちたくなってくる⇒現実は甘くない

黄昏乙女:
私の今期お気に入り。ただ代永翼が好きなだけかもしれないが。
怪談ものとして新しい作風を形成できた。

宇宙兄弟:
映画も上映されて絶好調。
パンチはないが楽しく見ている。さすがの原作力と言うべきか。

緋色の欠片:
正直、いまいちどうゆう話なのかつかめていない。
イケメンズの個性が見えてこないのが難点か。

アクセル・ワールド
今期お気に入り◆ネトゲ&TRPG的な嗜好に刺さったか。
だんだん主人公がかっこよく見えてくるから不思議である。

ZETMAN:
はじまりはゼロで終わりならゼットである。

夏色キセキ:
お前らこうゆうの好きなんだろ?感がすごい。
が、まんまと楽しんでいるのでそれはそれでよい。

さんかれあ:
今期お気にいり。薬が成功してゾンビ化して・・・まで予定通りか。
この先の展開は如何に。

坂道のアポロン:
綺麗な作品であると思う。
この作品に対しては言葉づかいが綺麗になってしまう。そんなアニメ。

氷菓:
キャラにパンチがないのがあれだが、作画がたいへん美しい。
キレイなアニメーションというのはそれだけで楽しくみれてしまう。

あっちこっち:
極めてよくある4コマ系学園アニメ・・・なんだが割と好きになってきた。
ドタバタを見てるだけでなんか楽しい。

謎の彼女X:
変態さもここまでさわやかにやられるとなんかキレイだね。
なんかこのノリ知ってる気がすると思ったら、昔好きだったマンガ家の次回作だった。
いつのまに活動再開してたんだ・・・

這いよれ!ニャル子さん:
ついにアニメになったよ!(ホントはFlashアニメもあったけど)
クトゥルフ系の小ネタ満載でお願いしたい。

スマイルプリキュア:
安定飛行中。
なおちゃんが好きです。

聖闘士星矢Ω
OPが熱くて(ノスタルジィで)ハートキャッチされてしまった。
話自体は実に王道である。

stdirect at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ 

2011年12月05日

ゼルダ終わりました

ゼルダの伝説 スカイウォードソード終わりました。
・・・
・・・
・・・
ネタバレ注意?



ラスボスがあっさりすぎてちょっと拍子抜けだった。
あそこからもう1ダンジョンあって、ラスボスも3段変身くらいすると思っていたので。
まさか剣で倒したまま人型のまま素直に消えてしまうとは。。。
そのほかのボス戦も含めて、正直、バトル演出はトワイライトプリンセスのほうが良かった。
本作はちょっとモーションプラスでのチャンバラにこだわりすぎ。


と、苦言はこれだけ。
すごい面白かった。
謎解いてる感が最高に気持ち良かった。
もっともっと色んなダンジョン攻略したかった。

良い意味で続編に期待。はやく開発してほしいものである。


stdirect at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゲーム 

2011年11月26日

[第2回]ゼルダの伝説 スカイウォードソード

ゼルダプレイ中・・

砂漠面をクリア。
ここの敵は普通に殺しにかかってきて難しい。
ビリビリ死怖い・・
ここまで雑魚に殺されたゼルダは初めてかもしれない。

ステージの仕掛けはなかなか面白かった。
(魔法のつぼが唐突すぎるけど。)
濃厚なダンジョンでした。


いつものゼルダ通り、下位レベル3ダンジョンの後、中ボスバトル、さらに上位ダンジョンへ。。。

中ボスバトル前のエピソード。
物語の核心をちょっと。。
これはつまりゼルダ様は〇〇へ行っていて、〇〇になって、その結果が〇〇の内容なわけだな!


なかなか面白くなってきて、後半戦へ突入。

stdirect at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゲーム 

2011年11月24日

ゼルダの伝説やってます

ゼルダの伝説スカイウォードソード
11月23日に発売!

家の近くの総合スーパーおもちゃ売り場にて購入。
一切予約とかしていなかったのだが、なんか貴重なWiiリモコン付き限定版を購入できてしまった。
Amazonとか家電量販店の予約で瞬殺されてるから諦めていたのだが、こういうのは逆に小さいところのが手に入りやすかったりするんすかねぇ。


というわけで金ピカなWiiリモコン持ってプレイ開始。
今度のリンクはリア充だ!ゼルダ様はしっかり者タイプの幼馴染だ!
・・・
・・・
・・・
色々あってゼルダ様を探す旅に出ることに。
1つ目のダンジョン「天望の神殿」
目玉の仕掛けにはビックリした。まさかと思ってやったことが正解だった時には「エ〜ッ!?」と叫びました。
あれはゼルダ慣れしてる人には逆に辛い、玄人殺しの良い仕掛け。

2つ目のダンジョン「大地の神殿」
仕掛けの部分にいまひとつ印象にない。
ボス部屋の鍵を入手した後、さぁどうやってボス部屋に入るんだろうか・・とか思慮してたら、まさかの展開で何の苦労もなく入れてしまったことに衝撃。

23日中にここまでクリア。
さぁ今日もがんばるぞ。

stdirect at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゲーム 

2011年08月27日

青の祓魔師

話題なのは知っていながらなぜか見ていなかったのだが、音楽の担当が澤野弘之と知ってがぜん視聴欲がわいた。
・・・
・・・
お、面白いじゃねぇか・・・



もともとオカルトものは好きで各宗教入り乱れたバトルとか超燃えるのだが、本作のキリスト教ベースで他宗教の要素をうまく吸収している世界観もなかなか上手いなーと思ってます。

あとはキャラがいいね。
王道な布陣と言えばそうなんだけど、各自しっかり背負っているものを描いていて◎

話もテンポが良くて一気見でも疲れなかった。

音楽のことはハナから心配していない。


総合で、王道中の王道な少年バトルアニメながらも圧倒的な基礎力の高さで名作に仕上がってると感じます。
最近、変化球ばかり見ていた私にこの力のある直球は効いた。



※澤野弘之
日本の作曲家。連ドラ「医龍」で有名。
私は機神大戦ギガンティックフォーミュラのBGMに惚れたのが縁で以来ずっとこの人のファンである。
青エクのBGMも実に澤野イズムにあふれていて良かった。
サントラ買っちゃおうかな…

stdirect at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ 

2011年08月16日

謎惑館

この値下げを機に3DSを買った。
前々から「3DSはほしいけどやるソフトがない」という状態だったのだが、インパクトのある値下げに押されて買ってしまった。
反省はしていない。

で、買ったソフトが『謎惑館〜音の間に間に〜』

ジャンル的には何にあたるんだろう。
アドベンチャー?ミニゲーム集?

立体音響で喋るキャラを眺めて、こっちも喋ったりタッチしたりして進めていく。

とりあえずこの立体音響というのがなかなか面白く、ヘッドフォンつけてるたけで四方八方から声がしてくる。
PSPで発売のコープスパーティなんかにも採用されていたが、こういう技術はどんどん普及してほしい。

それから特筆すべきはこれでもかというほど3DS本体の機能を使ってみせた点か。
タッチパネルはもちろんカメラ・ジャイロセンサー果てはスリープ機能までゲームに組み込んでいる。
そういう貪欲な姿勢は好きです。


欠点はといえば、音声入力がほとんどなので電車の中とか実家とか周りに人がいるとプレイできない点。
帰省中の暇つぶしに買ったのに、、、、

あと結構短いです。


一回終えた後はお約束通り、好きなミニゲームを自由に出来るようになるので、
ちょっとメイドさんに会いに行ったり釘宮聞きに行ったりとちょいちょい楽しんでます。
・・・
・・・
・・・
いやー、しかし3DSろくなソフトないねぇ。
次に買って今メインのソフトは銀星将棋3D。
(3DSである必要がない。)




謎惑館 ~音の間に間に~
謎惑館 ~音の間に間に~
クチコミを見る


stdirect at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゲーム 

2011年08月14日

天国に涙はいらない 終

ラノベの話。
このシリーズを最初に手を取ったのはいつだったか。
まだ制服着て学校かよってたころ、今日ぐらい暑い日の帰り道に自転車こぎながら読んだ思い出が残る青春の一冊。

前巻から実に5年の期間を空けて最終巻がでていた。




ということで帰省がてら読了。
宗教がらみの蘊蓄と近代萌え文化的超解釈とでオリジナリティある名シリーズでしたが、
最終巻はこれまでのオールスターを使って1巻の展開を反復することで見事にシリーズ全体の総決算となりました。


なんかまた1巻から読みたくなったので家の書庫を捜索中…


ラノベっていいもんですね。




天国に涙はいらない 終 (電撃文庫)
天国に涙はいらない 終 (電撃文庫)
クチコミを見る


stdirect at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

2011年08月02日

今期のアニメ

境遇とか経験とか。面白いと感じるか否かは製作技術の巧拙以上に観た時の精神状態によってるなー、と感じる今日この頃。
結局どんな話が好きかは人それぞれで当たり前なんですね。人気作ってのはその時代の最大公約数なだけであって。
そう考える私はアニメの評価を出来る人間ではないのかもしれません。
芸術に関しては上手いか下手でなく好きか嫌いかでしか語れないのです。


TIGER & BUNNY
虎徹中心の話になってまた一段と面白くなったように思う。虎徹のHEROにかける想いが実に響くのです。俺もオッサンになったということか。

スイートプリキュア
予想通りの展開ではあるけどキュアビート良いわ〜

花咲くいろは
いろはじゃない、比較的普通の人に焦点があたる回は良いんだよね。

STEINS;GATE
2クールと思ってなかった。各キャラのイベントを急いでる感はあるが全体としては上手くまとめてほしいものだ。

うたの☆プリンスさまっ
何だこれ、面白いぞ。こういう突き抜けたイケメン物は一回りして好きだったりする。俺も1000%LOVEしたい。

異国迷路のクロワーゼ
湯音ちゃんが可愛い。それがすべて。と思ってたら4.5話にちょっと揺らされてしまった。良い話じゃないか。

NO.6
3話くらいでテーマが見えてきた。結論には是非注目したい。さぁ見事に描ききれるか。

神様のメモ帳
いまいちよくわからない。ちゃんと観てないということか。

ゆるゆり
あっかりーん!影が薄いネタでキャラ立ちする主人公ってすごいな。

神様ドォルズ
OPが好きです。キャラが好きです。話はまだちょっと見えてこないが過去との決着ものなんかね。

うさぎドロップ
うん、鉄板なのはわかってるけどほっこりするよなぁ。自然体の表現が良い感じである。

まよチキ
女性が苦手な設定がだんだんどうでも良くなってるな。最初からそんなもんいらんかったんやー

THE IDOLM@STER
1話のチャレンジぶりはおいといて、普通に作れば普通になるのだ。キャラはもともと良いんだから。

BLOOD-C
何を隠そう私はメガネスキーで巫女さんスキーだが、両者はアンチシナジーだと思っている。

輪るピングドラム
つかみはOKの好例である。

バカとテストと召喚獣にっ
2期物は影が薄い。試験召喚獣とかクラス戦とかの設定もうどうでもいいんだろうなぁ・・

いつか天魔の黒ウサギ
設定出しが済んで日常(?)になったらそれなり。結局キャラ物なのかね。

ダンタリアンの書架
よくわからない。ちゃんと観ていないということか。

猫神やおよろず
コメディにふるかちょっと良い話にふるか。いまんところ中途半端でしかない。

R-15
藤真拓哉も細々とながら良くがんばったなぁとか考えてしまう。

ロウきゅーぶ
あれ?意外とマジメな話なのか。そしてマジメに面白かったりする。

stdirect at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ 

2011年07月03日

2011春

ついに7月。
東京へ移って3ヶ月。
なんかいつのにか過ぎてしまったな、という印象ですが振り返ってみれば結構色々とやってたような気もします。
まぁ仕事は忙く充実していたということですな。
プライベート面がいまいち充実させられなかったのがもったいなかったという気持ちもあり。

そんな60点な春でしたが、アニメとともに気分を切り替えていきたいものです。


春アニメ感想

C:A
話を大きくしすぎちゃったような感じはある。
あくまで個人の対立・葛藤として小さくまとめることもできたはず。
しかしそうでなく盛り上げに盛り上げまくっておいて、ちゃんと終点を描いたことは評価したい。
「ひょっとしてお別れ?」や「ゴメンだね。俺は永遠に今日に留まる。」
別れの演出も美しく。
結末はGOODかBADかわからないけれど良い最終回だったと思っている。


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:B
こちらは逆に小さな小さなコミュニティにおきたひとつの大事件をまとめる。
ちょっと中盤だれた感じもあるけど、各キャラの複雑な思いのたけを丁寧に表現しておりました。
これを見た人が埼玉に来てくれると嬉しい。


デッドマン・アンダーランド:
終われてない。

・・・
・・・
まぁ他にも色々みてました。
DOG DAYS:E
ご都合主義だっていいじゃない。キャラアニメなんだから。

まりあ†ほりっく あらいぶ:D
OPテーマの『雌豚になれー☆』に衝撃を覚えた。

Aチャンネル:C
いつの間にか最終回だったらしい。割とキャラを好きになれた。

変ゼミ:C
最初はきつかったが何時の間にやら変態慣れしてしまう不思議。

30歳の保健体育:B
ギャグは滑っていたが真面目な部分は良かった。俺も結婚したい。

アスタロッテのおもちゃ:D
萌えアニメの皮をかぶるハートフルアニメ。いまいち響かなかったが。

星空へ架かる橋:C
ハーレムアニメながらちゃんとケリをつけたことをほめたい。

緋弾のアリア:C
あんまり終わった感がないが。好きな人は好きそう。そんな感じ。

電波女と青春男:B
語り部分が結構共感できた。俺も青春したい。

よんでますよ、アザゼルさん。:B
悪魔どもが外道に可愛くて良いギャグアニメでした。

stdirect at 02:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ 

2011年06月07日

今期のアニメ[2011春]

いつか書こう書こうと思い続け、気づけばもう終盤なんですね、2011春期。
春期は例年豊作なんですが、今期は特に良い気がする。
皆さまにとってはいかがでしょうか。

放送されているものは大概見てるのですが、特にお気に入りなものをいくつか。


C:
私的には今期はこれが最高。
視聴者側の見方を
バトルアニメ→世界感謎解きアニメ→思想の対立と葛藤アニメ
と上手いこと変化・誘導させている。
世界はどう変化するのか、主人公は最後にどんな選択をするのか、・・・材料はだいたい提供されているように思うが綺麗にまとめてくれたら殿堂入りものである。
あとEDテーマが好きです。『AorBじゃないや〜♪』


TIGER&BUNNY:
世間的にはこれが今期の代表格かな?
第2話のくだりに非常に燃えた。ああいうのに私は弱い。
「君のおかげで助かったよ。今日から君も、HEROだ!」
本筋の物語に乗っかるとつまらなくなってる気がするんだけど俺だけ?


花咲くいろは:
ギャグテイストながらほっこりできて良いと思うのだ。
これを観終えると休日の終わりを感じて切なくなる。


デッドマン・アンダーランド:
ずっぱし★
いやー、敗者残念ショーにはマジで目をそむけた。吐き気がした。
救いがなかったりご都合だったりと次回が読めなくて気になるアニメ。


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。:
埼玉だよ!埼玉!秩父ですよ!
皆さん埼玉に来てください。


他にも色々色々あるんすが特別注目してるのはこんな感じです。

stdirect at 23:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ