2018年06月22日

韓国選手「イランや日本にできることは自分たちにもできるはず。彼らの戦いぶりが刺激になり、勝利への信念が一層強まった」⇒中国ネット「無理だろ」

時事ネタ10本目。
========================================
韓国選手が強気発言「日本が勝ったのだからわれわれだって…」、中国ネット「無理」(レコードチャイナ)

 2018年6月21日、新浪体育は、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ(GL)第2節に臨む韓国代表が記者会見で「日本とイランに刺激された。残り2試合に勝ってベスト16進出果たす」と豪語したと伝えた。

 韓国は初戦のスウェーデン戦に0−1で敗れている。GL突破には強豪のメキシコ、ドイツに勝つ必要があり、極めて厳しい状況だ。

 背番号10をつける20歳の李承佑(イ・スンウ)は「私たちはコーチを信じる。残りの2試合で結果を出せば、まだベスト16に入れる。韓国代表としてW杯に出るのが小さいころからの夢だった。初戦は負けたがチームとしては意気消沈していない。チームメートとコーチ陣を信じたい」と語った。

 また、Jリーグのヴィッセル神戸所属の鄭又榮(チョン・ウヨン)は「アジア勢で、イランと日本が勝利した。だから、私たちはアジア勢の実力を疑うことはない。彼らにできることは、自分たちにもできるはず。彼らの戦いぶりが刺激になり、勝利への信念が一層強まった」とコメントしている。

 韓国代表の発言に対して、中国のネットユーザーからは「どうして韓国人はいつも根拠のない自信を持てるのか」「自分が三段跳びで火星まで飛べる可能性の方が、韓国がドイツに勝つ可能性より大きい」「ドイツにはけちょんけちょんにしてもらいたい」「韓国は今がまだ2002年だと思っているのか」「平昌五輪の続きだと思っているのか」など、手厳しいコメントが非常に多く寄せられた。

 また、「韓国は予選で中国代表に1勝1敗だったチームだぞ。どうやって勝つんだよ」など、W杯に出場できなかった中国に敗れていることを指摘するユーザーもいた。さらに、ビデオ・アシスタント・レフェリー制(VAR)の導入によって大きな誤審は期待できないとする意見もあった。(翻訳・編集/川尻)
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:35|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

韓国、ロシアW杯でスウェーデン選手にキック……中国ネット「韓国サッカーは2002年日韓W杯から変わっていない」「韓国の試合の楽しみはラフプレー」

時事ネタ9本目。
========================================
相手選手の背中をキック!韓国は16年経っても変わっていなかった―中国ネット(レコードチャイナ)

 2018年6月19日、サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会グループF、スウェーデン対韓国の試合でのあるシーンが中国のネット上で話題になっている。

 スウェーデンと対戦した韓国は0−1で敗れたが、この試合の後半、ファウルを受けて倒れたスウェーデンのアウグスティンソンの背中を、韓国のファン・フィチャンが蹴るというシーンが見られた。アウグスティンソンの腹のあたりにあったボールを背後から蹴り出そうとしたようだが、このプレーでファンはイエローカードを受けている。

 中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で120万人のフォロワーを持つあるブロガーは、このシーンの動画と2002年の日韓W杯の韓国戦の動画を並べて比較。当時、スペインやイタリアを相手に激しいプレーを繰り返し、韓国のイ・チョンスが倒れたマルディーニ(イタリア)の頭部を思い切り蹴るというシーンは世界を騒然とさせた。

 投稿者はスウェーデン戦を受け、「どんなにひどいサッカーも02年の韓国には勝てない。18年になっても韓国のサッカーは変わっていなかった」とつづっており、他のユーザーからは「このシーン見ていたよ。みんなわざとだと言っていた」といった声や、「本当に素晴らしいサッカーだね」「韓国の試合の楽しみはラフプレー」と皮肉る声が寄せられるなど、多くが韓国に批判的だった。

 一方で、「韓国選手はボールを蹴り出そうとしただけ!わざと蹴ったわけじゃない!!」と訴えるコメントも寄せられていたが賛同を示す“いいね”は付いていなかった。(翻訳・編集/北田)
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:34|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

中国ネット「京都は中国の都市を真似して作られたパクリ都市ではないか」

時事ネタ8本目。
========================================
京都は「パクリ都市」なのか・・・中国人が懐かしさを感じる理由=中国メディア(サーチナ)

 近年、非常に多くの中国人が日本を旅行で訪れているが、そのなかでも京都は人気のある都市となっている。だが、京都を訪れた中国人のなかには、京都の街並みが中国の古い街並みと非常に似ていると感じる人がいるようだ。

 中国メディアの快資訊は9日、日本の古都・京都の街並みは中国を真似して造られたのか疑問を投げかける記事を掲載し、中国人にも人気の観光地となっている京都について紹介している。

 記事はまず、日本の京都には1000年を超える歴史があり、非常に歴史の趣を感じさせる街であるゆえ、中国人観光客に人気がある場所であると紹介。続けて、京都を訪れたことのある中国人なら、京都と中国の西安や洛陽など歴史のある都市の作りが非常に似ていることに気づくはずだと伝え、それゆえ中国ネット上でも「京都は中国の都市を真似して作られた、パクリ都市ではないか」と言われていると紹介している。

 記事が指摘しているとおり、京都は中国の「洛陽」を模している点は少なからず存在する。日本では京都に平安京があった頃、当時の中国王朝の首都だった洛陽にちなんで平安京の東側を「洛陽」と呼ぶようになったとされる。中国人が京都を訪れた時に何か懐かしい気持ちになるのは、こういう経緯があるためだ。

 記事は、中国では一部の歴史ある都市以外では、伝統的な文化が失われ、歴史ある建造物も壊されるケースが目立つと指摘する一方、日本は自分たちの文化を誇りとし、それを大切に受け継いできたがゆえに、京都は今なお風情ある街並みを現代に伝えているのだと強調した。

 日本には中国から伝えられた文化が数多く存在する。だが、自分達の伝統や文化を継承していくという面では、今のところ日本人に軍配が上がることだろう。中国には数千年の歴史があるが、経済発展を優先するなかで文化や伝統が軽視され、歴史的価値のある伝統や文化が失われるケースが増えていると言われる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:33|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

カナダでマリファナ(大麻)が合法に……主要先進国では初

時事ネタ7本目。
========================================
マリフアナ合法化、カナダ国会で可決…主要国初(読売新聞)

 【ニューヨーク=吉池亮】カナダの公共放送CBCは19日、マリフアナ(大麻)の合法化を認める法案がカナダ国会で可決され、8〜12週間以内に合法化が実現する見通しだと伝えた。国レベルでマリフアナの合法化が認められるのは、主要先進国では初となる。

 CBCによると、投票結果は賛成52、反対29だった。マリフアナ合法化は犯罪組織などによる違法取引を根絶しつつ、若者の乱用も抑止する狙いがある。トルドー首相も19日、法案通過を歓迎する書き込みをツイッターに投稿した。
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:32|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

トランプ大統領、国防総省に宇宙軍の創設を命令

時事ネタ6本目。
========================================
トランプ氏、「宇宙軍」創設を国防総省に指示(AFPBB News)

 【6月19日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は18日、国防総省に対し、陸海空軍、海兵隊、沿岸警備隊に加わる第6の軍となる「宇宙軍」の新設を命じた。ただ、宇宙軍創設には議会の承認が必要となる。

 米議会ではここ数年、宇宙軍新設を支持する議員と、空軍が宇宙軍の任務を担うべきだとする議員らの間で、議論が白熱。トランプ大統領はかねて、宇宙軍創設の構想支持を表明していた。

 トランプ大統領は「第6の軍としての宇宙軍設立に必要な手続きを迅速に開始するよう国防総省に命じる」と表明。「私たちは空軍に加え、宇宙軍を持つ。分離すれども平等な組織だ」と述べた。宇宙軍の果たす役割や設立時期などの詳細は明らかになっていない。(c)AFP
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:31|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

日本ユニセフ協会に対するデマ・誤情報・謂れなき誹謗中傷にご注意ください……日本ユニセフ協会が主張

時事ネタ5本目。
========================================
日本ユニセフ協会に関するデマや誤情報にご注意ください(日本ユニセフ協会)

 インターネット上の「ブログ」や「掲示板」などに、ユニセフや日本ユニセフ協会に関するデマや誤情報、中にはいわれなき誹謗中傷を内容とする書き込みが見られることがあります(具体例については、本ページ下部をご覧ください)。

 日本ユニセフ協会はじめ世界34の先進国・地域で活動するユニセフ協会(国内委員会)は、ユニセフ本部との間で交わされた「承認協定書」と「協力協定書」において、各国・地域においてユニセフを代表する役割と、ユニセフの広報・募金・アドボカシー活動の窓口としての役割を付託されています。

 ユニセフの役割が世界中で拡大する中、その活動に必要な資金を確保するため、ユニセフ本部と密接に連携しながら、日本ユニセフ協会も、日々、日本国内での広報・募金・アドボカシー活動の拡充に努めております。日本のみなさまからお預かりしているユニセフ募金は、世界トップクラスです。ユニセフ親善大使はじめ多くの著名人の方々も、全くの無償で、日本ユニセフ協会やユニセフの活動を支えてくださっています。

 インターネットには、非常に多くの有意義な情報が溢れています。しかしその中には、真偽が疑われる情報も少なくありません。是非、ご覧になった情報の発信元や情報源をご確認ください。

 日本ユニセフ協会やユニセフに関する公式の情報は、以下の公式ホームページ等でご確認いただけます。

 日本ユニセフ協会ならびにユニセフの活動へのご理解・ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

■ホームページ
 日本ユニセフ協会 www.unicef.or.jp
 ユニセフ本部(英語・西語・仏語・アラビア語・中国語) www.unicef.org

■Twitter
 日本ユニセフ協会 @UNICEFinJapan
 ユニセフ本部(英語) @UNICEF

■Facebook
 日本ユニセフ協会 www.facebook.com/unicefinjapan
 ユニセフ本部(英語) www.facebook.com/unicef

 ※ この他に、日本国内では、日本ユニセフ協会と協力協定を結んで活動する25道府県市のユニセフ協会やユニセフ本部公的資金調達部の日本政府・韓国政府の窓口として活動するUNICEF東京事務所、国外では、他のユニセフ協会(国内委員会)や各国のユニセフ現地事務所も、それぞれ独自にホームページやTwitter、フェイスブックページなどのソーシャルネットワークアカウントを開設しています。また、日本ユニセフ協会では、「世界手洗いの日」や「TAP PROJECT」などの各種キャンペーン用に、個別の特設サイトも開設しています。これらのサイトが「公式」なものであるか否かは、相互リンクや相互フォローの状態等でご確認いただけます。ご不明な点は、日本ユニセフ協会広報室(webmaster@unicef.or.jp)までお問い合わせください。

* * *

 「ユニセフや日本ユニセフ協会に関するデマや誤情報の例」

■ 「日本ユニセフ協会は募金詐欺団体。募金を不当に“ピンハネ”している」

 ⇒ユニセフ本部との協力協定に基づき、世界の子どもたちへのより大きなご支援につなげるために、お預かりする募金の約20%弱を、募金活動 (領収書/寄付控除申請書類の印刷・発送費や振込/決済に係る費用などを含む)、広報・アドボカシー活動、人材育成・学習活動など、日本国内での活動に関わる費用に充てさせていただいております。

■ 「日本ユニセフ協会は偽物(UNICEF東京事務所が本物)」

 ⇒日本ユニセフ協会とUNICEF東京事務所は、すべての子どもの権利を守るというユニセフの使命を実現するために「One UNICEF(ひとつのユニセフ)」として、それぞれの役割を担い協働しています。

 日本ユニセフ協会は、ユニセフとの協力協定に基づき、世界34の国と地域でユニセフの広報、募金、アドボカシー活動を担う国内委員会の一つです。民間の皆さまとユニセフをつなぐ日本における唯一の公式窓口です。

 UNICEF東京事務所は、ユニセフの駐日事務所として、日本政府からの政府開発援助(ODA)による資金協力や、その他の連携促進などを行っています。

■ 「アグネス・チャンは、ユニセフ募金で家・事務所を建てた」

 ⇒アグネス・チャンさんはじめ、現在世界で約200人・団体を数えるユニセフ親善大使のみなさまはユニセフや各国ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)の活動を無償で応援してくださっています。

■ 「日本ユニセフ協会には“天下り”がいる」

 ⇒当協会には天下りはおりません。民間出身で常勤の専務理事及び常勤に準じて業務を執行する役員を除き、会長以下役員は、全員ボランティアとして協力しています。
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:30|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

バス業界も人手不足で便数が減少……イベントなどによる臨時便の運航業務増加も負担に。便数が少ない郊外への赤字路線は利用者への影響が大きくて便数を減らせず、中心部の黒字路線の便数を減らさざるをえない状況に

時事ネタ4本目。
========================================
もう維持できません(NHKニュース)

 「最近、バスの本数が減ったなぁ」と感じること、ありませんか。「何をいまさら…」と感じる方もいるかと思いますが、調べてみると、たしかに今、バス業界では大きな異変が起きていました。それも大都市部で。しかも、このままなにも手を打たないでいると、かなり深刻な事態になりそうなんです。
 (宮崎放送局記者 牧野慎太朗・ネットワーク報道部記者 後藤岳彦・おはよう日本ディレクター 北條泰成)

■乗っている人が多いのに…

 ことし2月、福岡県民に衝撃が走りました。あの、日本最大規模のバス会社が大規模な減便を発表したのです。

 その会社とは「西鉄」の愛称で福岡県民に親しまれている「西日本鉄道」。何に衝撃を受けたかというと、その対象路線でした。これまでバス路線の見直しと言えば地方の赤字路線が「定番」でしたが今回の対象は福岡市中心部。それも、屋台が立ち並ぶ「中洲」を中心に「天神」や「博多駅」などを結ぶ、1日平均8000人が利用する黒字路線でした。

 会社はいわば“バスの山手線”のような「循環ルート」を縮小し、便数を大幅に減らしました。

 さらに残業や飲み会で遅くなったサラリーマンなどの心強い味方だった「深夜バス」。会社にとっても、日中の2倍の料金を稼げ、いわば“ドル箱路線”でしたが、11路線すべてを廃止しました。

 利用者への影響も大きく、「アテにしていたのに、仕事や飲み会で遅くなったとき、本当に困る」(会社員)、「バイトを早く切り上げないといけなくなった」(女子大学生)と悲鳴のような声があがっています。

 しかし、会社はなぜ、利用者にとっても会社にとってもメリットの大きい、中心部の、しかも黒字路線で路線の見直しに踏みきったのでしょうか。

■バス業界でも深刻…

 そこで会社を訪ね、担当者にその理由を聞いてみました。取材に応じてくれたのは西日本鉄道の清水信彦自動車事業本部長。その答えは、「運転手不足」とのことでした。やはりここでも担い手不足が深刻なようです。

 西鉄では、見直し前には1日20人の運転手が不足していて、慢性的な人手不足に陥っていました。

 通常の運行でさえ運転手の確保が大変なのに、日常的にプロ野球や有名アーティストのコンサートなどで臨時バスの運行業務が発生。運転手たちに残業や休日出勤をお願いして、なんとか運転手のやりくりをしていましたが、こうした勤務を理由に離職する人が増加傾向になったといいます。

 そこで路線の見直しに踏みきることにしましたが、会社は公共交通機関として便数が少ない郊外の赤字路線を減らすと、さすがに利用者への影響が大きいのではないかと考えたそうです。そこで、中心部の黒字路線を減らす「苦渋の決断」をしたと言います。

 「状況を改善しないと、さらに大規模な路線の見直しが必要になりバス事業全体が壊れてしまうという危機感を持っていた」(西日本鉄道 清水自動車事業本部長)

■運転手志望者のイベント?

 深刻な運転手不足に悩むバス会社は西鉄だけではありませんでした。

 国土交通省がおととし全国のバス会社を対象に行った運転手不足に関するアンケート調査。回答した350社のうち、なんと、8割が「運転手が不足している」と感じていました。しかも、このうち5社に1社が運転手が足りずに「減便」や「路線の休廃止」などを検討しなければならない状況でした。

 実際、数少ない運転手をめぐって争奪戦が過熱しています。ことし5月に東京で開かれたバスの運転手を募集する就職イベントを取材すると、首都圏をはじめ、愛知や兵庫など各地のバス会社が参加していました。

■バス業界が抱える特有の課題も

 バスの運転手は、年間の“残業時間”が平均492時間と他の職業に比べて、3倍長い一方、平均賃金が448万円と1割ほど少ないというデータもあります。(厚生労働省 平成28年賃金構造基本統計調査)

 これは、バスが渋滞に巻き込まれると目的地に5分、10分と遅れそれが積み重なって、運転手は大幅に休憩時間を削られる、つまり「残業」となるためです。

 これまで多くのバス会社が地方の赤字路線を維持しようと運転手の賃金を抑えてやりくりしてきましたが、これが、人が集まらない要因になっているといいます。

■運転手不足の解消 カギとなるのは…

 運転手不足に悩み、ユニークな対策を取ったのが、都内のバス会社「日立自動車交通」です。

 この会社が千代田区で走らせているのは、ピンク色のバス。まるで、テーマパークの中を走るようなかわいらしい車体でした。

 ひょっとして、と思って会社に聞いてみると、やっぱり「女性ねらい」ということでした。運転手の制服も、女性が選んだ明るい色のデザインに変えたそうです。

 もちろん、見た目だけではなく、運転免許を取る費用を出したり、子育てや家事との両立がしやすいよう早朝や深夜の勤務のない路線を女性運転手に優先的に担当させたりと、さまざまな取り組みを行ってきました。

 この結果、もともと1人だった女性運転手が、この2年で5人に増えたということです。

 「男性の採用は伸び悩み、運転手不足が続けば減便などに踏み切らざるをえない状況だが、女性を増やしてなんとか苦境を乗り切りたい」(日立自動車交通 西窪裕光副部長)

■運転手の争奪戦 さらに過熱か!?

 ただ、運転手不足を解消するのは一筋縄ではいきません。外国人観光客が増え、バスの需要が年々高まっているうえに、東京オリンピック・パラリンピックでは、バスが選手や観客を会場まで運ぶ主要な交通手段となるということです。

 多くのバス会社が「ますます、運転手の争奪戦が激しくなるのではないか」と危機感を強めているんです。

 自分が使うバス路線が将来も維持できるかどうか…。バス会社だけではなく、行政や利用者も一緒になって、地域交通の在り方を考えていくことが大切だと感じました。
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:29|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

東京ディズニーリゾート、ディズニーシーの大幅拡張を発表……アナ雪やピーターパンなどの世界を再現した4つの新たなアトラクション施設を2022年度までに開業

時事ネタ3本目。
========================================
東京ディズニーシー22年度拡張 「アナ雪」など再現(共同通信)

 東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは14日、東京ディズニーシー(TDS)を大幅拡張すると発表した。追加投資としては過去最高の約2500億円を投じ、ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」などの世界を四つの新たなアトラクション施設で再現。訪日外国人らを取り込み収益拡大を狙う。2022年度の開業を目指す。

 TDS開業以来、最大規模の拡張となる。隣接する駐車場を転用して約14万平方メートルを開発。このうち約10万平方メートル(東京ドーム約2個分)にTDSで8番目となる新エリアと、ホテルを建設する。
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:28|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

東京五輪パラリンピックのボランティアの募集要項が酷すぎる件……無給・1日8時間労働(休憩・待機含む)・活動10日以上(連続5日以内参加)・研修有・交通費は1日最大千円まで支給(ただし現金ではない。東京までの交通費は支給無)・宿泊費自腹

時事ネタ2本目。
========================================
五輪ボランティア「近郊交通費」提供へ 現金以外を検討(朝日新聞)

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会ボランティアに対し、自宅や滞在先から活動場所までの近郊交通費に見合う分が提供される見通しとなった。大会組織委員会が近く公表する募集要項に盛り込まれる。1人あたり1日数百円〜1千円程度を想定している。

 組織委は今年9月から、8万人の大会ボランティアの募集を始める。3月に募集要項の素案を公表した際には、提供する物品はユニホームや活動中の飲食に限られていた。だが、その後の有識者会議で「活動環境を整える上でも、近郊交通費ぐらいは出せないか」との意見が出た。実際にかかる運賃に関わらず全員に一定額相当を提供する方針で、現金支給ではなく、交通系カードや商品券などの形を検討する。地方から参加する人への東京までの交通費や宿泊費は支給されず、自己負担となる。

 また素案の段階で「10日間以上活動できる方」としていた応募要件は変えないが、参加者の負担を軽減するために「連続での活動は5日以内が基本」と明記する。募集要項は11日の組織委理事会の決議を経て、公表される。(平井隆介)
========================================
東京五輪ボランティア、9分野8万人…募集要項(読売新聞)

 2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は11日の理事会で、大会ボランティアの募集要項を決定した。

 活動分野は会場案内や運営サポート、車両の運転、救護など9分野で計8万人を募る。

 3月に公表した要項案では「1日8時間で計10日以上の活動」を求めていたが、決定した要項では、8時間の中に休憩や待機時間を含むことや連続での活動日数は5日以内が基本と明記し、活動しやすい環境を整えた。交通費補助の目的で全員に一定額の物品を提供することも決めた。支給品は今後決定する。組織委は活動中の食事やユニホームを提供し、けがなどを補償する保険費用も負担する。

 応募条件は02年4月1日以前に生まれ、日本国籍や日本に滞在する在留資格を持っている人。今年9月中旬から12月上旬まで応募を受け付け、19年2月頃から説明会や面談を始める。同年9月までに採否を決め、同10月から研修を始める。
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:27|PermalinkComments(0) 時事ネタ 

野党議員、カジノ法案の採決の際に速記原本を奪おうとしたり委員長のマイクのコードを抜くなどの妨害⇒野党は謝罪

本日の時事ネタ1本目。
========================================
野党の速記妨害を注意=衆院議運委(時事通信)

 衆院議院運営委員会の古屋圭司委員長は19日の理事会で、カジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案の内閣委員会での採決の際に、野党議員が速記を妨害したとして、「厳に慎んでいただくよう各会派に徹底していただきたい」と注意を促した。

 古屋氏によると、速記原本を奪おうとしたり、委員長が使うマイクのコードを抜いたりした。事実関係を調査した与党筆頭理事の石田真敏氏(自民)から報告があり、野党側は謝罪したという。
========================================
引用ここまで。
続きを読む

steere0112 at 22:26|PermalinkComments(0) 時事ネタ