2007年07月25日

「らき☆すた」における鷲宮神社の問題を産経新聞が報じる

時事ネタ2本目。
=====================================
関東最古の神社に「らき☆すた」ヲタク殺到 地元「治安の問題が…」(産経新聞)

 「古事記」時代以前に創設された関東最古の大社「鷲宮神社」(埼玉県鷲宮町)に今夏、アニメファンが殺到する異様な現象が起こっている。この神社が人気アニメ「らき☆すた」の美少女キャラが暮らす家と設定されたため、「聖地巡礼」のファンが押し寄せているのだ。アニメ雑誌の記事も拍車をかけ、閑静で神聖な神社町はコスプレ姿やカメラを手にTシャツ、リュック姿という「アニメオタク」(略称「アニヲタ」)が集まる町に一転。異色のアニヲタ絵馬も登場するなど、地元住民が気味悪がる事態となっている。
 社伝によると、鷲宮神社は天穂日命(アメノホヒノミコト)らを祀った古代の大社で、日本武尊(ヤマトタケル)や坂上田村麻呂らが東征の際に奉祀したり、鎌倉幕府を開いた源頼朝も武運長久を祈ったといわれる。
 この由緒ある神社にアニヲタが集まり始めたのは今年4月から。当初は参拝客に混じって数人が来訪する程度だったが、アニメ雑誌8月号に「『らき☆すた』的聖地探訪」との特集記事が載った7月以降、ファンが急増する事態となった。
 「らき☆すた」は美水かがみ作の4コマ漫画で、ゲームやテレビアニメに取り上げられて人気が爆発。アニメ「らき☆すた」は、泉こなたと柊かがみ、つかさの姉妹、高良みゆきの女子高校生4人がメーンキャラクターで、通学する高校のある埼玉県春日部市周辺が舞台。恋愛もの中心の美少女アニメとは異なり、女子高校生のありきたりな日常をまったり描くことで熱狂的なファンをつかんでいる。そして柊姉妹の住まい「鷹宮神社」のモデルがこの鷲宮神社とされている。
 アニメ雑誌の特集記事では、鷲宮神社を「かがみとつかさが暮らす神社」、東武伊勢崎線鷲宮駅を「かがみとつかさはここから学校に通っているんだよ」などの記事を地図入りで紹介。さらにオタクの聖地・秋葉原からのアクセスも掲載された。いつしか神社には雑誌の付録「『らき☆すた』遠足のしおり」を手にしたファンが押し寄せるようになり、美少女のイラスト入りで「こなた大好き」「かがみのお見舞いに行ってきます」「こなたはオレの嫁。アハッ、アハッ、アハッ…」など、場違いな願い事の書かれた絵馬まで掲げられるようになった。また、アニメに登場する鳥居の前でキャラクターになりきり、同じポーズで記念撮影を行うのが“聖地巡礼”の作法になっている。

 神社を訪れていた立正大学4年生の杉本一樹さん(22)は「こなたと同じ場所で踊ってみようかなと思ってやってきました。本当にアニメと同じなんですね」と、同じ空気を吸って感無量のようす。また千葉県から来たという10代の男性は「ここに柊姉妹が住んでいるんですね。巫女姿の女の子に逢いたいな」と話す。
 こうした予想外のフィーバーぶりに地元住民からは賛否両論が。神社前で喫茶店「大酉茶屋わしのみや」を営む坂田圧巳さんは「特に問題はなく、利用者が増えて有難いこと。町でもグッズやキャラクターを出していければ」と期待、地元商工会でもブームを生かす方策が検討されているという。
 その一方で、慣れないいでたちの若者に奇異の目を投げる住民も。隣接する久喜市の住民は「我ら久喜市民のHP」で「非常に心配なことがある。それは治安の問題である」「近所の学校では不審な方が最近多くなっているから気を付けようという話がでている」と記述、不安を募らせる面もある。
 アニヲタが殺到した神社といえば、1993年度「講談社漫画賞」受賞作品を原作とする人気アニメ「セーラームーン」の舞台、東京・麻布十番の氷川神社が有名。同作品では主要人物・「セーラーマーズ」こと火野レイが巫女を務める「火川神社」との設定で、神社のほか麻布十番の商店街や公園、ゲームセンターなども「聖地」とされ、多数のファンが押し寄せる不可解な社会現象が起こった。当時は舞台が都心とあって地元の対応は冷静だったが、今回はなかなか見かけないアニヲタの急激な大量出没に地元が戸惑いを隠せないのが現状だ。
 当の鷲宮神社はアニメとは関係なく、さらに大きな混乱もないため、騒動はネット上でのことと静観の構えをみせている。
=====================================
引用ここまで。
以前、このブログに載せた記事の続報です。

「らき☆すた」における鷲宮神社の問題が、ついに産経新聞、そしてYahooニュースにまで取り上げられるようになりましたか……@ω@;
更には、「アニヲタ」という単語まで。

まぁ、とりあえず何だ……
>「こなた大好き」「かがみのお見舞いに行ってきます」
>「こなたはオレの嫁。アハッ、アハッ、アハッ…」など、
>場違いな願い事の書かれた絵馬まで掲げられるようになった。

何というかね、いくらなんでもこれはやりすぎだと思うんだ@H@y-・~~
らき☆すたの絵馬を掲げるのは別に構わない。それについては止めるつもりもないし、私には止める権利もないです。
らき☆すたのイラストを書いておく位なら、別に許容範囲内だとは思う。
ですが、絵馬に書く内容まで「オタク丸出し」っていうのはやりすぎでしょう。そもそも、絵馬を掲げる本来の意味を逸脱しています。
「これからのらき☆すたを楽しみにしています」程度なら全然問題ないでしょうけども、「こなたは俺の嫁!」とかそういうのは……

>「ここに柊姉妹が住んでいるんですね。巫女姿の女の子に逢いたいな」
……空想と現実の区別くらいはつけましょう@ω@;

>神社前で喫茶店「大酉茶屋わしのみや」を営む坂田圧巳さんは
>「特に問題はなく、利用者が増えて有難いこと。町でもグッズや
>キャラクターを出していければ」と期待、地元商工会でもブームを
>生かす方策が検討されているという。

現地での貴重な賛成意見ですな。
実際、映画やドラマのロケ地は「村おこし」の一環になりえますからね。
これは、アニメでも同じことが言えるでしょう。

>「非常に心配なことがある。それは治安の問題である」
>「近所の学校では不審な方が最近多くなっているから気を付けよう
>という話がでている」と記述、不安を募らせる面もある。

これ、当人達は真面目でしょうけども、部外者から見たらただの「村八分」「排他主義」「独り善がりな主張」なんですよね。
治安に不安が生じるのであれば、警察や警備会社に連絡して警備を厳重にしてもらうなり、自警団でも組んで見回りすればいいでしょう。
その過程で、現地住民とオタクとの間に相互理解が生じればいいのではないか、と私は考えています@ω@y-・~~
……まぁとりあえず、まずは現地住民のオタクへの先入観(キモイ、不気味、宮崎勤のイメージなど)を捨て去るのが先でしょうし、オタク側もそういった印象を払拭させる努力が必要になるとは思いますけども。

>当の鷲宮神社はアニメとは関係なく、さらに大きな混乱もないため、
>騒動はネット上でのことと静観の構えをみせている。

まぁ、当事者である鷲宮神社からしたら「神社の知名度アップ」「収入増加」というメリットがありますから、否定的な意見はあまり出せないでしょうな。

steere0112 at 23:54│Comments(0)TrackBack(0)時事ネタ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔