あけましておめでとうございました・・・気づいたら1月も半分以上終わっているという
何を言っているのか(ry

さて、新年一発目は俺がこれまで使ってきたスマホについてまとめ・感想を書こうと思う
というのも、今年に入って、一通り国内メーカーのスマホは使ってみたから
ここを見てる人って少ないと思うけど、まあ参考になればと言うことで・・・
ちなみに順番は、俺が買った順番に書く

●Optimus chat L-04C (LG)
Docomo_Optimus_chat_L-04C_02

記念すべき第1号はLGのqwertyキー搭載のスマホ
特徴は見た目そのままでキーボード搭載ってところ
機能的にはハードウェア的な問題でフラッシュが見れなかったりとイマイチだったかな・・・
でも初代スマホとしては練習用として中々よかった


●DIGNO ISW11K (京セラ)
001

第2号はauのDIGNO
wimax通信可能のスマホってのが特徴だったね
それ以外は別段特筆すべき特徴は無かったかと・・・薄さは当時最薄だった気はするけど
電池容量が小さくて、電池持ちはあまり良くなかったな・・・
あと、充電がUSBからしか出来ないから、直ぐにキャップがだめになりそうなのが個人的にはマイナスだったなあ・・・


●URBARNO PROGRESSO (京セラ)
20120409154543

3台目はURBARNO PROGRESSO
2台目に引き続きDIGNOシリーズ
これの特徴はガラスを振動させるスマートソニックレシーバーだった
そのお陰で、レシーバーから多少耳がずれても音が聞こえるという物
実際使い比べたら分かるけど、普通のレシーバーだとレシーバーから耳がずれると音がものすごく聞きにくくなるけど、この機種だとずれても聞こえるね
なんで、通話的な意味では大分良かった


●ARROWS Z ISW13F (富士通)
ARROWS_Z_ISW13F

4台目は富士通のARROWS
初代からここまで多分半年で機種変えてる
ちなみに、これ以降も同じくらいのペースで別機種使ってるな・・・

これの特徴はCPUがTegra3なのと指紋センサー搭載というところ
Tegra3でクアッドコアだったけど、ソフトが追いついていないのか、使い続けるうちに段々動作が重くなってくるって感じだったなあ・・・
あとは発熱がそこそこあった
指紋センサーは個人的にはかなり良かった
片手でロック解除できるし、セキュリティ面もかなり強固だしね

これ以外にもウィジェットやFMトランスミッターなどの機能もあってこれ一台でかなり完成していた感はある
ただ、上で書いたとおり動作がねえ・・・もう一息な感じではあった


●Xperia P (ソニー)
xperia-p

5台目は確かこれ
この辺りから複数台持ちが基本になってきて、どういう順番で買っているか分からなくなってきてる・・・(笑

初の海外端末だけど、これを買った理由はやっぱりデザイン
アルミの外観にフローティングプリズム搭載という、国内販売機種にはないデザインが気に入って買った
スペック的には他と比べると普通って感じだったけど、小型で使いやすくはあったね

欠点としては、通話目的だとデスグリップ現象があったことと、フローティングプリズムが使い続けるうちにはがれてきて気泡が入ってくることかな
俺はデータ通信オンリーで使ってたからデスグリップはどうでも良かったけど、フローティングプリズムへの気泡は結構痛かったなあ
気になり始めるとかなり気になるのよねえ・・・


機種の数が多いんでとりあえずここでいったん区切る
多分まだ折り返しに差し掛かったかなあ位だと思う・・・