超久々の記事はGALAXYの新型を買ったお話。
Twitterでは既に画像投稿しているけど、ここでもまとめて書いておく。

GALAXY S9 Plusをポチったのは先週金曜日の3月9日の夜。
夜だったんで注文が処理されたのは翌週の3月12日で即日発送。
Economyだったけど超順調に処理されて、その後、3月13日には国内通関も終わって委託業者へ渡されて、昨日3月14日に無事受け取りました。
tracking20180313

追跡結果がこれ
今まで韓国からだと仁川→広州→関空、って流れしか知らなかったけど、仁川からの直行便もあるっぽいね
もしくは仁川→広州のルートが反映されていないか、かな


今回購入したのはGALAXY S9 PlusのPurpleでExynos・256GB版。
型番はSM-G965N
20180314_191255


20180314_191333


20180314_191417

箱をパシャリ
しっかり封されてるシールも切られていない未使用品。
この時期に韓国から買うとSK telecomとかLG U+とかのキャリアスマホなことしか経験したことないんだけど、箱を見てもキャリア名らしきものがなし。
起動してもキャリア名が出てこなかったけど、これって韓国の何版になるんだろう・・・。


20180314_191448

開封。
箱の形式はGALAXY S8と同じで筒状の外装を外してから観音開きみたいなのをパカッと開ける形式。
GALAXY Note 8も持ってるけど、来れも同じ形式だったか覚えていないし、箱がどこにあるか分からない・・・。


20180314_191521

箱の一番上にはスタートガイドとTPUケース、SIMピンが入ってる。
あまり気にしてなかったんだけど、GALAXYでケース付きって何気にS9が初?


20180314_191656

付属品。
USBケーブル、イヤホン、イヤーピース、Type-CからType-Aに変換するアダプタ、充電器。
これとは別にショップおまけで、この充電器を使うための変換プラグが付いていた。


20180314_191757

ここからは本体について。
海外版だとよく見る白黒印刷がされた保護シートが貼られてる。
国内版だと、この辺りの費用も削られて透明になっちゃうんだよね・・・。まあ知れてるとはいえ意外と高いからねえ、この面積の印刷ありフィルムって。


20180314_191805

背面。
綺麗なPurple。
色合い的にはXperia Z3のPurpleに近い・・・かな。
もうXperia Z3のPurple持ってないから比較的ないけど。


20180314_191822

底面。
GALAXYでは定番(?)のUSBがちょっと背面寄りになってる。
真ん中にある方が見た目は綺麗なんだけど、これはもうこのまま続くのかなあ・・・。
あとは今では貴重なイヤホンジャック。
これ、最近のハイスペックスマホだと軒並みないんだよな。
Bluetoothイヤホン使ってるから俺はあまり関係ないけど、Bluetoothイヤホンって高いし、やっぱり価格が熟れたプラグに挿すタイプはある方が良いよね。


20180314_191833


20180314_191839


20180314_191843

ぐるっと。
ボタン配置はGALAXY S8以降と変わりなし。
S8やNote8がどうだったか覚えてないけど、側面にもしっかり保護フィルム貼ってあって好印象。


20180314_191920

GALAXY Note 8とサイズ比較
並べてみた感じ、縦の長さが違うけど、横はほぼ同じ。

20180314_191938

背面比較。
GALAXY S8とNote8では酷評されてた指紋認証の位置が改善したって話をよく見るけど、Note8に慣れきっていた俺からすると、S9 Plusの位置で認証は最初誤タッチが酷かった。
今は大分慣れてきてる。


20180314_193255

最後に俺が大好きな指紋認証について。
良くあるのが複数回タッチして指紋を登録する形式だけど、S9 Plusではなぞって一気に登録する形になってる。
これが早くて、5回もなぞらずに登録が終わる。
で、指紋認証機能自体はタッチで反応する。
反応速度はNote8とかとそこまで変わらないかな。


総評・・・と言うほど、使ってないけど、スナドラ835からの乗り継ぎやGALAXY S8やNote8を使ってることもあってか、デザイン的にはあまり新鮮味はないかな。
操作感も動作も自分の使い方では快適そのものだし、不満はない。

とりあえず自分が使う用の設定が終わったところで、いったん終わり。
Twitterでは顔認証どうですか?的な話もあるから、使ってみるかな・・・。