ARASHI速報~嵐レポ総合まとめ~

嵐の番組感想まとめ、2ch・Twitterまとめ、番組観覧・舞台・エキストラ・ライブなどのレポです(*´∇`*)

最新記事紹介
    嵐関連の情報専用のアンテナサイトができました!! 

    嵐アンテナ!!
    http://arashi.antenam.biz/

    f9bff692

     嵐が昨年末のNHK「紅白歌合戦」で歌った「ふるさと」が同局でドラマ化され、松本潤が主演をつとめることがわかった。
    今年80回目を迎える「NHK全国学校音楽コンクール」で小学校の部の課題曲に選ばれた「ふるさと」は、2010年の「紅白」で生まれたオリジナルソングで、昨年放送作家・脚本家の小山薫堂氏が新たな歌詞を書き下ろし。日本の素晴らしさを若い世代の視点で歌い上げ、多くの共感を呼んだ。

     

    o0569032012602014876


     大塚製薬では、マイケルジャクソン風にアクションをしてキッレキレのアクションで「席譲りトレーニング」をした嵐の櫻井翔が、今度は、竹林で忍者のようなトレーニングをするオロナミンCの新CM「水跳ね防ぎトレーニング」篇 (15秒、30秒)を、6日(土)からオンエアし、商品サイト「ADVIEW SITE」でも動画公開した。 

    今回のCMも前回に続く「トレーニング」モノ。前向きなAction!として、ちょっとした“いいこと”をアクション映画のようにかっこよく見せるCMシリーズ。 
    新CMで櫻井翔は、白いトレーニングウェアーを着用し、竹刀を振り、竹林を駆け巡り、岩を跳んで、竹を蹴って華麗な前転をみせた後、みごとな刀さばきを披露する!

    arashi_onelove

      結婚式の盛り上がりを大きく左右するのが、友人有志による余興です。親しい友人が思いを込めて歌った歌に思わず新郎新婦がウルウル…なんていうのもなかなか感動的な場面ですが、今回はみんなに、自分の結婚式の余興で歌ってほしい歌はどれか選んでもらいました。
    1位:One Love/嵐
    2位:家族になろうよ/福山雅治
    3位:Butterfly/木村カエラ
    4位:キセキ/GReeeeN
    5位:CAN YOU CELEBRATE?/安室奈美恵
    気になる6位以降はこちら

    bandicam 2013-06-20 09-35-08-111


    531 : 名無しさんは見た!@放送中は実況板で:2013/06/19(水) 23:08:23.14 ID:puv0I7oi0
    よかった!!
    満足!!



    532 : 名無しさんは見た!@放送中は実況板で [sage]:2013/06/19(水) 23:08:23.45 ID:ZY0KoGbti
    いいね~
    もっとこのドラマみたかった


     BNGwgp-CIAAm1PC

     人気グループ、嵐が7月13、20日のフジテレビ系バラエティー特番「あたらしあらし」(後11・30、20日は後11・40)の巨大PRポスターで新宿駅を“占拠”することが18日、分かった。放送に合わせ、7月8日から日替わりポスターをカウントダウン形式で掲示。この画像の一部をサンケイスポーツが独占入手した。

     

    bandicam 2013-06-19 07-54-56-108

    426 : 名無しでいいとも!@放送中は実況板で [sage]:2013/06/16(日) 11:17:02.87 ID:uhN6jz0s0
    #09
    2013年6月16日放送
    「ニッポンのお金を学べ!」
    ●メンバー:ビビる大木・鈴木 拓(ドランクドラゴン)

    普段なにげなく使っているお金。
    お金は誰が作っているの?古くなったお札はどうなるの?プレミアのついたお金があるって本当?
    特別に取材許可をもらい、「日本銀行」にて相葉ちゃんたちがお金に関するギモンを調査!
    さらに博物館やコインショップでお金の歴史や流れを知る。
    リーダー相葉ちゃんと、ニッポン経済の基礎であるお金の秘密を学ぼう!

    782301859


     日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ36〈愛は地球を救う〉」内で放送されるドラマ・スペシャル「今日の日はさようなら」で、嵐の大野智が主演を務めることがあきらかとなった。

    ノンフィクションの闘病記「大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来」を原作とするこのドラマは、田舎で生まれ育ち、大学を中退し、いくつか職を変えてきた29歳の青年・耕太が、ようやく料理という夢を見つけた矢先に、血液のガンである悪性リンパ腫と宣告され、余命三か月の状況で〈ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ〉ことに向き合う姿を描いたもの。脚本は 「フリーター、家を買う。」「僕の生きる道」の橋部敦子、演出は「泣くな、はらちゃん」の菅原伸太郎が担当する。