人間が本当に生きるには


今日は人間が本当に生きるには
というテーマでお話します。

聖書でイエス様は、
人はパンだけで生きるのではなく、
神の口からでる御言葉で生きる
とおっしゃっています。

パン、つまりごはんは
肉体を生かす為には必要なものです。
食べなければやがては死んでしまいます。

しかし、イエス様は
ご飯で生きるのではなく、
御言葉で生きるとおっしゃいました。

なぜでしょうか?
それは人間の構造に関係があります。

聖書を見ると、
あなたの霊と心と体とを完全に守って
という表現が出てきます。

つまり、人間は、
肉体と心(精神)、霊魂の3つがある
と言うことです。

よく精神と霊魂を同じように考える人がいますが、
別物です。

また、聖書に
人を生かすのは霊であって肉は何の役にも立たない
とまで言っている聖句もあります。

つまり本当に人間が生きた生活、
生きた人生を送るには
霊魂が生きる必要があるのです。

霊魂が生きるときに本当の意味で
生きたと言うことが出来ます。

その霊魂を生かすために、
神様の御言葉が必要なので、
イエス様はそのようにおっしゃったのです。


また、黙示録には、
あなたは生きていると言うのは名だけで、
実は死んでいる
と言う聖句もあります。

肉体的に生きていても、
霊魂が死んでいたらそれは死んだ人生だ
ということです。

あたの霊魂も呼び覚まし、
生き返らせていきましょう。



責任分担を果たして救いを得る


今日は
責任分担を果たして救いを得る
というお話をします。

まず、
責任分担とは何か
と言いますと、
簡単に言うと
あなたのやるべきこと
です。

生きていくときには、
神様がしてくださることと、
人間がやるべきことがあります。

全てを神様がして下さる
わけではありません。

生まれてきたばかりの赤ちゃんでも
息を吸うことと、お乳を飲み込むこと
は自分でしなければいけません。

また、聖書では
求めよ、そうすれば与えられるだろう
と書かれています。

この場合、
求めることは人間の責任で、
与えることは神様の責任です。

人間の責任分担の求めることとは、
人間の出来る全ての事を言います。
つまり、全力で最後までやり遂げることです。

人間はあともう少しで得られるのに
あともう少しのところで諦めてしまう人が、
あまりにも多いとおっしゃいました。
残念なことです。

だから、最後まで諦めることなく、
自分のやるべきことをやるということは
とても大切なことです。

もちろん、
上手くいかないときは
方法を変えることも大切ですが、
基本的に諦めることは良くないです。


神様は全ての人が救われるように、
働きかけていらっしゃいます。

しかし、その働きに聞き従うかどうかは
人間の責任分担によります。

なので、地獄に行く人は、
神様が送ったのではなく、
自分が好きで、神様に聞き従わず、
地獄に行くということができます。


なので、神様の言わんとしていることを悟り、
聞き従い、日々努力して生きることが大切です。


人生を最高に生きるための法

今日は
人生を最高に生きるための法
についてお話します。

人生を最高に生きるための法とは
何かと言いますと、
もちろん、聖書のことです。


聖書は世界で最も読まれている書物で、
世界2479の言語に翻訳されています。

また、2000年の1年間に
世界中の聖書協会によって
約6億3300万冊が配布・販売されています。

世の中の大ベストセラーが100万部とか
言われている中で、
6億部ってすごくないですか?


そんな聖書ですが、
大きくみて
やりなさい、と言う話と、
やってはいけない、と言う話が出てきます。

もちろん、聖書でやりなさいと
おっしゃっていることをすれば人生豊かになるし、
やってはいけないと言うことをすると
人生がどんどん苦しいものになってしまいます。


やりなさいと言う話は例えば、
自分にして欲しいことを相手にしてあげなさい
という法であったり、

やってはいけないと言う話は例えば、
イエス様が人を憎むことは霊的な殺人だ
とおっしゃったように
人を心で憎んでもいけません。

憎んだら天の前で罪になってしまいます。

世の中の法を犯していなくても、
天の法を私達は日々犯しています。

だから毎日悔い改めなければいけません。

聖書にはそのほか大小多くの法があります。

大きい法から小さい法まですべて守って生こそ、
人生を清潔に豊かに生きることが出来ます。

何か聞いてみたいことや、
ご意見ご感想がありましたら

お気軽にご連絡ください。

⇒ こちらから
記事検索
QRコード
QRコード
ブログランキング
人気ブログランキングへ

↑↑↑ クリックして頂けると
↑↑↑ 嬉しいです!!
メルマガ発行してます!
メルマガ購読・解除
 
聖書
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ