2007年06月25日

教えて!桑田先生 受講者急増中!

6月25日8時3分配信 スポーツ報知


 ◆エンゼルス10−1パイレーツ(22日・アナハイム) パイレーツの桑田真澄投手(39)が「プレーイングコーチ」として、自らの持つ「マル秘技術」を伝授することで、投手陣を再整備する。パ軍は投手陣が不調でエンゼルスとの交流戦で1−10と完敗。4連敗で借金は「12」にまで増えた。この日は登板機会がなかった桑田だが、試合前に中継ぎエースのチャコンに宝刀・カーブの「投げ方講座」を開講。若手投手も桑田の持つ知識と技術に注目しており、今後も「桑田先生」が試合以外でも活躍しそうだ。
写真はコチラ

 試合前のグラウンドで、身長191センチ、体重100キロの大男が、173センチ、80キロの桑田に近づいた。「俺にあのカーブの投げ方を教えてくれ」目下、チームのブルペンで、抑えのキャップスに次ぐ信頼を得るチャコンが、背番号18へ「カーブ投球講座」の受講をお願いした。

 メジャー7年目の右腕は、シンカー、カーブ、チェンジアップと多彩な変化球の持ち主。だが、「俺のカーブは、クワタほど遅くない。もっと遅く投げられれば、さらに有効な球になるから」と、チャコンが頭を下げると、39歳右腕は惜しみなく、目の前で握り方を見せて教えてあげた。

 その後、チャコンは教えられた握りで、数球試したが、うまくいかない。「同じ握りで投げてみるけど、そう簡単にうまくいかない。これから練習を積んでいくよ」と、今後も教えを請う構え。チーム内にまた一人、“クワタ派”が誕生した。

 エース左腕のデュークも、すでに桑田に心酔している。前々回の登板だった17日のWソックス戦で、4回に5点を失ったが、5、6回を完ぺきに抑えた試合(勝敗付かず)後、桑田がシャワー室でデュークに「よくやった」と声をかけたのが、きっかけ。「同点に追いつかれた投球でも、そう言ってもらえて、自信がついた」と、移動の飛行機内でも積極的に桑田の横に座ってきては、投球術を習おうとしているほどだ。

 「すごいことはできないですけど、ベテランとしてやれることはやりたい。最後まであきらめないで、みんなで頑張りたいですから」と、桑田は求められれば持てるノウハウを提供して、投手力アップに貢献するつもりだ。目下、ナ・リーグ中地区6球団中4位のパ軍投手陣を、桑田がグラウンドの内外で引っ張っていく。

 ◆佐々木も教師役に メジャーの選手は日本人以上にプライドも高く、チームメートに教えてもらうケースは、ほとんどない。当然、日本人選手がメジャーの選手を教えることはまれ。数少ない例として、2001年のキャンプで、メジャー2年目のマリナーズ・佐々木主浩投手が、パニアグア投手ら若手にフォークボールの握りを教えた事があるくらいだ。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星