2006年09月23日

「SLニセコ号」〜2006初撮り〜GR-D編(撮影:2006年9月23日)

 久々の“鉄っちゃん”記事の投稿と参ります。おなじみの“カニ目”のSL「C11 207」。
“カニ目”の由来となった二灯ヘッドライトは日高線や瀬棚線などの
海霧の多い沿線で視界を確保するためのものとのこと。

 いやぁ〜、それにしてもSL撮影はシビレますよ(^。^;) “鉄っちゃん”の気持ち、
痛いほどわかると同時に、益々深みに嵌って行くぅ〜。
だって、目の前でここぞとばかり機関士さんが、ボオォーッてやってくれるんだからねぇ〜

 今日は最高の秋晴れだったんだけど、なぜかここぞというシャッターチャンスの瞬間だけ、
お天道様が雲隠れしやがって、シャッタースピード、シビアにされたんですよねぇ_| ̄|○
う〜ん、ISO感度はいつもより高目にしたんだけど、もう一段高くしたくないなぁ〜


※Photo by RICOH GR DIGITAL

 4枚連写で撮ったポイントを2箇所。
ちなみにGR-Dで連写できるの知ったのはちょっと前のことですよ(^。^;)

 砂留(富岡ニュータウンの下)の辺り
SLニセコ号2006初撮りGR-D編




















SLニセコ号2006初撮りGR-D編




















SLニセコ号2006初撮りGR-D編




















SLニセコ号2006初撮りGR-D編




















 すぐに車でフルーツ街道を駆け抜け「然別橋」へ。法定速度で5分前に着きますよ!
焦らない、焦らない。余程の渋滞でもない限りは何とかなるもんですよ!
SLニセコ号2006初撮りGR-D編



































SLニセコ号2006初撮りGR-D編



































SLニセコ号2006初撮りGR-D編



































SLニセコ号2006初撮りGR-D編

sterlingsylvia at 22:37│Comments(0)TrackBack(0)汽車ポッポ | 下記以外の全一覧

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字