2008年10月14日

大夕張紅葉橋旅記

 時系列的にUPしていくと此処の場面は蔵出しで年越すとマズイと思いまして(^^ゞ、
いきなり紅葉の核心部分から攻めて参ります(^^)
本当は早朝から大夕張の秋に身を沈める予定が前にも書いたように、
途中の集落につかまりまして.....その模様は後々徐々に(^_^;)

 この日の天気予報は雨。まぁ、しっとり系でいこうと心に決めていたら、
移動中は土砂降りなのに、なぜかあたしの往き着くところは雲間にお天道様が顔を覗かせてくれました(^^)

 まずは、逆光で目映いシューパロ湖面の三弦橋から...
001

※2008年10月18日、この投稿の画像プロファイルをAdobeRGBからsRGBに変換いたしました<m(_ _)m>
コチラが本来あたしが表現したかった色ですのでご了承くださいませ(^^)

あと、この前日に写真仲間のベニさんが情感たっぷりの、
素晴らしい旭沢橋梁の写真を残してくれておりますので、直リンしておきます(^^ゞ

          風立ちぬ 夕張は秋 〜心の旅人1日目 PHOTO IS・・・〜 撮影10月10日


 ↓ ↓ ↓(横位置の画像はクリックすると横幅最大800ピクセルまで拡大できます!)



 そして対岸の紅葉がきれいでしたが、さすがに靄がかかっていてちょい減点^_^;
第5橋梁(軍用トラス、でしたっけ?)と絡めて...
002

 ↑ ここまで、OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(竹の望遠ズーム)

 ↓ ここから、OLYMPUS E-3 + ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0(松の超広角ズーム)


 で、シューパロ湖の紅葉はまた来年と決めつけ(大汗)、鹿島地区へと向かった...
(ちなみに、シューパロ湖は冬がいんですよ!と帰りに沼ノ沢のレストランのマスターにお話を伺った...)
鹿島小学校跡地では、じっくりフイルムで写した...
ちょうどそのとき雨が降ったけど、それは狙い通りのしっとり系になったと思ってます(^^)
(その模様は後日)

 その後、急に晴れ間が見えたりと空模様は猫の目というか女心というか、あたしにはついていけない(笑)
そんな中、旭沢橋梁へ向かうと...それはもう天国的な美しさでした!
003


 思わず縦位置も(^^ゞ (霞が抜けてくれたら尚よかったのですが、これ以上の贅沢は云いませんよ^^)
004


 そして、橋の反対側が凄まじかった! こんな美しい情景だったとは!
この場面に関してだけは1000万画素じゃ足りないと思いましたね。
フイルムなら67以上のフォーマット、デジなら5000万画素は欲しいと思いました(^^ゞ
005


 やはり縦位置も(^_^;)
006


 余りにも美しくて神々しかったものでして...思わず向かった先は...
ちなみに真っ青な紺碧の空もいいですが、こういう青い空に白い雲が流れるのも大好きです(^^)
007


 何がそうさせたかはわかんないけども、とうとう“聖域”に足を踏み入れました!
この上をSLが走っていたんだと想像するだけで泣きそうになりました(^_^;)
008


 紅葉を背景に、もうただただ酔いしれてました(*^_^*)
009


010


011


012


013


 晴れ間が見えても橋は濡れてしっとり...溜息をつくばかりでした...
014


 撮影:2008年10月11日


 さぁ、次はどこら辺をUPするかな(^^ゞ

sterlingsylvia at 07:40│Comments(6)TrackBack(0)旧産炭地 | 下記以外の全一覧

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ariari   2008年10月14日 23:41
もう深まった紅葉がたまらんかったですね。
んでも、5000万画素はダメっすよ(爆)。遠景まで緻密に見えちゃ遠近感なくなります〜♪
やっぱり4x5でしょ(笑)<本部長の行き着く先
ああ、行きたくなってきました。
2. Posted by ベニ   2008年10月15日 00:39
あ〜〜やっぱ目眩するくらいの美しさですね。絶景にある遺産!
私のカメラだと広角が追いつかないので、全ぼう姿を残して下さって感激です!
三弦橋の方は、まだ紅葉ピークじゃないのか、もうピーク過ぎたのか、思うほど染まってなかったですよね
日曜日の三弦橋は、すごい人来てました!あまりの人でびっくりです。
でも旭沢橋梁を見に来てる人は少なく・・存在を知らないのかもしれません。
私が何十分も撮ってると、いい景色があるんだと気づいて皆車を止めてましたが。
あのまま案山子の様にいれば旭沢橋梁宣伝になっていいかなとか思いましたねw

しかし反対側がこんなに美しいだなんて・・3日間行っておきながら1度も見ませんでした(;´д`)
もう、旭沢橋梁しか目に入らなくて、旭沢橋梁の無い景色なんて
のりたまの乗ってない白米(謎)みたいなもんだと思って見なかったけど、
こんなにきれいなら見てくればよかった(爆)

聖域に足を踏み入りたくなった気持ち、物凄くわかります!
私は前日の雨降りに行ったのでベショベショ〜
もう、あまりの美しさに目頭が熱くなって、ありがとうと声出して言ってしまうくらいでした。
紅葉ピークは今週末で終わりですかね。早かったなぁ・・夕張の紅葉。
3. Posted by 本部長   2008年10月15日 20:50
ariari先生、夕張の紅葉は大雪山の紅葉とは全く趣を異にする感じで、
なんといいますか、上手く表現できませんけど、昔、好きだった人が突然、目の前に現れてきたような...
(←あぁ、なんだかまた、お馬鹿なこと云ってしまっている 爆)

今まで全く夕張の地を踏んでいなかったのに最近、完全にのめり込んでしまっております。
周辺の旧産炭地含め、北海道の過去を背負い込んでしまった町に不思議な親近感を感じてしまいます。

ええっ、やっぱりシノゴじゃないと許してもらえませんか(笑)
どんどん時代から取り残されていくみたいでして(^^ゞ
4. Posted by 本部長   2008年10月15日 21:14
ベニさん、画角はレンズのおかげでありますが、此処、旭沢橋梁の紅葉は露出が物凄く難しいと思いました。
たまたま天気の移ろいが激しかったのもありますし、霞がヌケを悪くしてはおりましたが、
正直、RAW現像でダイナミックレンジを広げられたおかげで何とか見れる状態になってます^^;

ただ、どんなに写真で表現してみても、此処の絶景は見た人でしかわかりませんよね(^^)
「うわぁ・・・・・・」とか「まいった...」という言葉にもならないつぶやきを、
この橋は何度も聞かされたことでしょうね(笑)

反対側は歩道がなくてガードレールも低いのでダンプが往来するときはちょっと嫌な感じもしますが、
純粋にシロメシの美味しさを堪能することができますよ。
なんというか、シロメシに鰻のたれとか焼き鳥のたれをかけて食べるような、
素朴ながら何杯も食べれる美味しさです(^^)

ただですねぇ、これほどの美しい橋と紅葉が水没するのかと思うと、
なんだかやるせない気持ちになりまして...
そんな気持ちもあって“聖域”に入らせてもらいました。
「ありがとう」って声出していうのわかりますよ。
いろんな思いも込み上げてきて泣くのもわかります...

三弦橋の紅葉はもしかしたら今週末がピークなんでしょうかね?
これは来年の宿題かなぁ(悩)

夕張の紅葉の儚さ、あたしが大好きな桜の花の儚さにも似ております。
美しくも儚い、薄倖の少女のような...(あぁ、またわけわかんないこと云ってますね ^^;)
5. Posted by kichi   2008年10月16日 21:00
色づいてますね〜^^
北海道に早く帰りたいです!
6. Posted by 本部長   2008年10月16日 22:13
kichiさん、今年の北海道の紅葉は突然現れだして一瞬で消え去ろうとしております。
おそらく今週末で見納めかと...
そちらでお待ちいただいた方が綺麗かもしれないですね(^^ゞ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字