路地裏ムーヴメント < 序 章 >春の訪れ...長橋なえぼ公園を彷徨う

2009年04月02日

洋食台処 なまらや

 路地裏ムーヴメント、記念すべき第1号を飾るに相応しいのはここ、「なまらや」です☆
昨年10月にこの地にオープンする前は、各地でゲリラ的に出没して期間限定で店を出されていた模様。
実は小樽ジャーナルのA記者にお願いして、取材してもらってました(^^ゞ
ジャーナルの2009年4月のベストマスターの記事に詳しい情報が載っております!

 で、あたしがこのお店の存在に気づいたのは、昨年12月の花園一本勝負のときでした。
花園グリーンロード(昔はなぜゆえに、この辺をスポーツセンターと呼んでいた ^^;)を歩いていると、
昔からある民家の場所にカワイイ看板が目立っていて、思わず一枚切り取っていたんですね(^^)
008


 それから「杜の樹」さんが紹介していたり、
道新(小樽版)で紹介されていたり、他のブログでも紹介されていて、
自分も早いとこ、お店に足を運ぼうとしているうちに時間が過ぎておりました...

 ↓ ↓ ↓



 で、路地裏ムーヴメントの究極の理想ともいえるのが、このお店、
小樽が好きで東京から移住されて来たオーナーが経営されているんです◎
もう、小樽人としてこれほど名誉なことはないと思うのですが、
この街の良さを理解して、地元民以上に路地裏事情に詳しいのが東京の人だったりするんですね(^^ゞ
その辺は逆に小樽の人間としては恥ずかしいことなんですが、ま、兎に角、嬉しいことですよね!

001


 あたしは以前、よく飲み屋のおねえさまを同伴して食事なんか行ってたくらいの不良でしたが、
今でも、必ずしも更生したわけじゃないんだけど(大汗)、最近は山の神を連れて歩くようになりました(爆)

 「なまらや」さんの素晴らしいところは、店内全面禁煙なところですね(^^)
飲み屋さんって、ヘビースモーカーなのも多くて、辟易としてるのもありましてね...
002


003


 そして、店内を眺めると、いろんな備品に目が行くのでした(=^・^=)
004


 亀好きとしては見過ごせないな(笑)
005


 店内ではライブ演奏も開催されるようです♪
006


 何気に猫好きなお店のようだなぁ(*^^)v
007


 さてさて、メニューをば(^^ゞ
008


 まず驚くのはそのお値段です! 絶対にあり得ないくらいリーズナブルなんですよ!
ビールはさりげなくクラシック(^^)
009


 もう、つまみは「ニシンのマリネ」がベストマッチング! これで300円って安いってば!
しかもメッチャ旨い!! 酒がすすんでマジでヤバイ!!
010


 そして「エビと野菜の温サラダ」500円!
011


 で、この次がパスタだったのですが、これがもう見た瞬間から美味しそうで、
写真撮るのを忘れる失態を噛ましました_| ̄|〇
本当にそのパスタは美味しすぎで、今まで食べたことないくらいの美味!
ソースは正直、誰もいなければ皿ごと舐めつくすくらいの絶品でしたね(笑)
幻の「焼き茄子の塩辛クリーム」700円(^_^;)


 そしてこれも堪らなかったぁ!! 「牛すじのデミグラス煮込み」500円...安過ぎだってば!!
これはスジ肉のビーフシチューなんですが、もうコラーゲンたっぷりというか、
トロトロでこんな旨いものないというくらい美味しかったなぁ(^^)v
012


 こんなもの食べさせられたら当然、赤ワインが飲みたくなるのが人情というものです(爆)
...ワインのメニューに目をやるとこれまた安い!
013


正直、最近は飲まないようにしてるんですが、もうダメでしたね(爆)
とりあえず、ワインはよくわからないので一番リーズナブルな1500円の赤をオーダーしてみました(^^ゞ
014

 これがまた飲みやすくて知らぬ間に一本あかしておりました(笑)


 なんの変哲もなさそうな「ミートソースのドリア」600円なのですが、
これが奥深いというか、懐かしい味すらして、このお店の懐の深さを味わいました◎
015


 そして、衝撃的な名前の「蛸の娼婦風」ですが、これがなんと400円!!!
回る寿司屋の400円の皿なんて高過ぎだってば(;´ρ`)
なんで庶民はあんな高いもの食べに行くんだろうな(爆)
この娼婦はもう最高でしたわ☆ もう完全に打ちのめされるくらい旨かった!!!
蛸の食えない山の神もウマイウマイと平らげてましたもの(笑)
016


 最後の〆は「自家製ベーコンのアマトリチャーノ」700円...自家製のベーコンもいいし、
さっぱり甘酸っぱいソースがこれまた酒飲みには沁みるんですわ(*^^)
017


 ほかにもこの3倍くらいの種類のメニューあるんですが、また次回、少しずつ制覇していきますわ!
いやぁ、このお店は店内の雰囲気も良いし、味に関しては久々の衝撃を受けました!
創作系の料理もソースが基本がしっかりしていて、それでいて斬新で、堪りません☆
こういう実力のあるお店が小樽にあること自体、名誉なことですよ◎
路地裏の文化の担い手というか、まだまだ、このお店のようなところが出てきてほしいですね(^^)
といいつつ、次に取材行くところも同様にハイレベルだと思っております...

 隣町札幌はもとより、東京からふらっと旅人が寄って思い出の作れるような路地裏の店。
路地裏ムーヴメントは今はじまったばかりなのであります☆


洋食台処 なまらや
小樽市花園3-6-6
営業時間:12:00〜14:00 17:00〜22:00
定休日:日曜日・月曜日
0134-61-7930



※写真は、

1枚目 Zeiss Ikon + Voigtlander NOKTON 35mm F1.2 Aspherical + 富士フイルム FUJICOLOR 100

ワインのボトル OLYMPUS E-620 + LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

残りは全部 FUJIFILM FinePix F100fd

sterlingsylvia at 00:31│Comments(2)TrackBack(0) 路地裏ムーヴメント | 下記以外の全一覧

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by mamako   2009年04月06日 17:30
全部おいしそう・・・!
花園3-6-6、ですね^^
2. Posted by 本部長   2009年04月08日 07:01
mamakoさん、コメントレスが遅れてしまって、たいへん申し訳ございません<m(_ _)m>

「なまらや」さん、お薦めの店の筆頭にあげられます!
ちょっと、この投稿が熱く語り過ぎてかえってマイナス効果かなと心配していたのですが、
この記事みてお店に行ったかたから、絶賛されましたもので、安心しているところです☆

といつつ、その間にもう一軒、トンデモナイ凄い店を発見して、早速昨日ルポしてきました!
時間あれば今晩中にその模様をUPしようかと思っております。
おそるべし、小樽花園町◎

昨年、行きつけのカクテルバーなどを失ってしまった自分に天から、ご褒美あたえられているような心境です!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
路地裏ムーヴメント < 序 章 >春の訪れ...長橋なえぼ公園を彷徨う