October 05, 2010

引退

おはこんばんちは、どもSteveです。

ブログの更新が滞って久しい今日この頃ですが、リアルの変化によりINすることができないということでこの度WoWを引退することになりました。

既に課金も止めてしまったわけですが、ついでに今までの課金履歴を見てみると最初の課金が4年前の9月ということで都合四年もの長い間このゲームで遊んでいたことになります。長かったなー。その間ほとんど他のクラスをやること無くずっとSHMをやっていたのですが、一つのクラスで4年もやれるってのはやっぱりゲームが面白いからなんでしょうな。レベルが上がるにつれてトーテムが1本2本と増えていくのがうれしかったことを覚えております。

このゲームでも色んな人に会って本当に楽しく過ごせました。今まで一緒に遊んでくれた人ありがとう。もうMMORPGをやることは無いと思いますが、単発でできるゲームはちょこちょこ遊んでいければと思うのでもしどこかで見たようなつんつるてんを見かけたら是非声をかけてやってくださいまし。

このブログも残そうかどうか考え中ですが、仮に残すとしてもWoWの話題が載ることはもうないでしょう。しかしWoWはこれからも続くし、もっと面白くなっていくと思います。どうか皆さんのWoWライフに幸有らんことを。

それでは。


stevegtr at 09:21コメント(2) 

April 13, 2010

Cataclysm Class Preview: Shaman の和訳(続き)

通して書くとあまりにも長くなってしまったために、前半パートと分けました。
それでは続きをどうぞ。


■新タレントとタレントの変更
  • Elemental Reachはシンプルになりシャーマンのスペルレンジは一貫性のあるものになるだろう。
  • 我々は指向性と持続性のあるAoEとしてのEarthquake(地震)をElementalの深い階層に加えることを考えている。
  • Spirit LinkはRestrationの深い階層にいくつかの形態を取って復活する。アイデアとしてはあなたはターゲットとリンクし、ダメージをシェアできるよ うになるだろう。以前Spirit Linkを実装しようとした際にはバランスを取るのが難しく、また少々の混乱をもたらした。しかし、我々は(プレイヤーがそうであるように)そのコンセプトを気に入っているし、復活させたいと思っている。
  • Elementalは深い階層のタレントとしてSpiritによってHit率を上昇させるタレントを獲得する。
  • Ancestral KnowledgeはIntellectとは別にマナの貯蓄量を上昇させる。
  • Enhancing TotemsはFocused Strikesと差し替えられ、新スペルであるPrimal StrikeとStormstrikeのダメージ量を引き上げる。
  • Mastery systemの導入に伴い、我々はプレイヤーにもっと多くの面白いタレントを選択するチャンスを与えるためいくつかのパッシブボーナスをもたらすタレント を削除することを考えている。候補としてはMental Quickness、Improved Windfury Totem、Mental Dexterity、Call of Thunder、Tidal Mastery、Purification、Nature's Blessing等などだ。

■Mastery Passive Talentの3つのボーナス

Elemental
  • スペルダメージ
  • スペルクリティカ ル率
  • Elemental Overload
Elemental Overload:あなたの直接ダメージスペルは追加で”ボーナス”バージョンのスペルが発動するチャンスを得る。これは現在のLightning Overloadのタレントと非常に似通った働きをするが、Lava Burstにも適用される。

Enhancement
  • メレーダメージ
  • メレーヘイスト
  • Nature Damage
Nature Damage:これはパッシブな追加NatureダメージとしてEnhシャーマンにもたらされる。

Restoration
  • ヒーリング
  • メディテーション
  • Deep Healing
Deep Healing:あなたの直接ヒールはターゲットのヘルスが低い場合にさらに多くのヒールをもたらす。これはダメージの量によって(例えば29%のヘルスを持つ者は30%のヘルスを持つ者より多くのヒールを得る)そのアビリティーの発動ポイントが決定される。


我々はあなたがこのプレビューを楽しんだ上でこれらの追加点、変更点に対するあなたの考えやフィードバックをもらうことを楽しみにしている。ただ、これらの情報はまだ開発途中のものであり、開発が進むにつれて変更される可能性があることは覚えておいて欲しい。


Update

いくつかの点について明確にしておきたい。

Meditation -- あなたのSpiritの機能としての戦闘中に回復するマナの量

もう一点、あなたは一つのタレントセットから三つの追加のパッシブ効果を得る:あなたが最も多くのポイントを使用したツリーからだ。2番目にポイントを多く消費したツリーからはこのボーナスは得られない。

最後 に、だが重要なことだ、Primal Strikeを導入する目的とは低いレベル帯においてもっとEnhancementをプレイしてもらうためだ。なぜなら現状、レベリングの際にEnhancementを使用しても最終的にはLightning Blotを多用することになってしまうからだ。まるでElementalシャーマンのように。高レベル帯においてはPrimal StrikeはStorm Strikeに取って代わられるだろう。この二つのスキルはCDを共有しているため、結果としてEnhシャーマンはPrimal Strikeを使わなくなる。これはWarが高レベル帯においてSunder Armorを使わなくなるのと同じだ。


stevegtr at 16:36コメント(0)World of WarcraftShaman 

April 05, 2010

Cataclysm Class Preview: Shaman の和訳

次期拡張での各クラスのプレビューが順々に公開されておりますが、シャーマンのプレビューについては他の人が和訳してくれているのでそちらを参照してください・・・などといつも通りに丸投げ他力本願でスルーしようかと思いましたが、シャーマン情報サイトとしてその姿勢はいかがなものかと思い直し、英語の勉強も兼ねてつらつらと和訳したものを載せていこうと思います。


〜Cataclysm Class Preview: Shaman〜

WoWの次期拡張で私たちは多くの変更と要素の追加を各クラスのタレントと能力全般に対して行うだろう。このプレビューであなたはSHMクラスに対して用意されているいくつかの変更の初期プロット、いくつかの新スペルと新能力と新タレントの要約、新しいMasteryシステムがそれぞれのタレントスペックに対してどう作用するかの概要を見ることになるだろう。

■新シャーマンスペル

Primal Strike(レベル3で習得):Primal StrikeはSHMが最も初期に覚える新しい武器ベースの攻撃だ。私たちのこの能力における目標はEnhancementによるレベリングをElementalによるレベリングよりも発展させることだ。多くの重要なEnhancementのタレントは高いレベルになってから使用可能になるのだから。

Healing Wave(レベル4):SHMはすでにHealing Waveと呼ばれる能力を備えているが、私たちはSHMによる直接ヒールのレパートリーに別のスペルを加え、親しみやすい名前をつけるつもりだ。現在のHealing WaveはGreater Healing Waveと名前を変えるが、それは”新しい”Healing Waveを加えるためだ。Lesser HealingとGreater Healing Waveは今よりももっと状況に応じた使い分けができるスペルになるだろう。

Unleash Weapon(レベル81):武器エンチャの追加効果を解き放つものだ(下記参照)。dual-wieldingを使うEnhancementシャーマンは右手と左手それぞれの武器エンチャの効果を使用できる。インスタントキャストで、レンジは30ヤード。クールダウンは15秒であり、ディスペルはできない。

私たちが考えているこの能力のいくつかの例をここに挙げる。

  • Windfury Weapon -- あなたの武器が光化したものをターゲットに浴びせ、武器ダメージの50%を与え、シャーマンのヘイストを次の5スイングまで高める。
  • Flametongue Weapon -- インスタントの炎ダメージを与え、シャーマンの次の炎属性の攻撃が20%アップするBuffがつく。
  • Earthliving Weapon -- ターゲットを若干回復し、シャーマンの次のヒールが20%アップするBuffがつく。

Healing Rain(レベル83):選択したエリアに雨を呼び、その雨の影響範囲にいるプレイヤーにAEのHoT効果をもたらす。影響を受けるプレイヤーの数に上限はないが、AoEのダメージスペルが多くのターゲットに対して実行されるとその効果が弱まるようにこのスペルも多くのターゲットに対して実行された場合その効果が弱まる。これはRestrationシャーマンのグループヒーリング及びHoT能力の向上を図るために与えられる。キャストタイムは2秒で、レンジは30ヤード。持続時間は10秒で、クールダウンも10秒。

Spiritwalker's Grace(レベル85):このセルフターゲットBuffが有効になると、自身の移動や攻撃によって詠唱が中断することはなくなる。これは3つのタレント構成でどれを選んでも使用することができ、移動しながらのヒールもしくはダメージスペルをPvEとPvPで実現するものだ。インスタントキャストで持続時間は10秒、クールダウンは2分。

■能力とメカニックの変更

新スペルの追加に加えて、私たちはいくつかの能力とメカニックについて変更を行うことを予定している。下に示したタレント変更のリストと要約は我々がそれぞれのスペックに対してどのような方向性を持っているのかをあなたに理解してもらうのに役立つだろう。
  • Restシャーマンとその他のヒールクラスはWotLKの時よりもさらにマナに対して注意を払う必要があるだろう。SpiritはRestシャーマンにとってマナ回復に関わる重要なステータスになる。
  • 我々はマジック、毒、呪い、病気を解除することができるクラスとスペックに対し変更を行うつもりで、それはPvPで大きな影響があるためだ。シャーマンは基本的な能力としてCleanse Spiritを持つが、それは呪いのみを解除するものになるだろう。RestシャーマンはCleanse Spiritを発展させたタレントを得ることになり、それはマジックを取り除くものになる。シャーマンは毒を解除することができなくなる。
  • Cleansing Totemは使用できなくなる、なぜなら自動的にではなくプレイヤーの意思によってディスペルを行って欲しいからだ。その結果として全てのディスペルは若干マナを食うことになり、何も除去するものが無い場合に使用するとスペルの無駄撃ちになってしまうだろう。我々はPvEにおいてこの新しいディスペルのアイデアのバランスを取るつもりだ。
  • Totem of Wrathは全てのシャーマンが使用できるFlametongue Totemと差し替えられ、その効果はグループメンバーのSpell Powerを4%上げるBuffがつく。Elementalシャーマンにはそれに代わるものとして全てのFire totemで10%のSPアップBuffが付くタレントが提供され、Searing、Magma、Fire Elementalトーテムのそれぞれのスペルダメージを損なうことなく使用できる。この4%と10%のBuffは独立せず、WarlockのDemonic Pactともかぶるため、これらの効果を同時に得ることはできない。我々はElementalシャーマンに積極的にSearing Totemを使用してもらいたいと思っている。
  • 我々はEnhancementシャーマンをグローバルクールダウンから解放し、もっとダイナミックにプレイして欲しいと思っている。例えば、シャーマンのローテーションにおいて他の能力にもっと気を配る時間ができるようにLava Lashのクールダウンを延長したりね。

前半はここまで、続きは後編で書きます。



stevegtr at 18:31コメント(1)World of WarcraftShaman 
livedoor プロフィール
つぶやき
Realm status
Wow server
記事検索
QRコード
QRコード
NinjaTools
  • ライブドアブログ