2013年06月17日

プラレールアドバンス

先日、息子の誕生日プレゼントに「プラレールアドバンス」を購入しました。
プラレールといえば、誰もが知っている鉄道玩具のロングセラー。
プラレールアドバンスは、2011年に登場したプラレールの派生商品です。

プラレールとプラレールアドバンスとの違いは、その大きさです。
プラレールアドバンスはプラレールよりも一回り小さく、プラレール用の線路の片輪部分だけを走行します。
したがって、単線レールを利用して複線のレイアウトを作成することができます。
Nゲージがプラレール線路の片側を走行するのをイメージすると、分かりやすいかも知れません。

プラレールよりも小さいということは、それだけ安っぽいということなのか?との疑問が聞こえてきそうですが、とんでもない。
プラレールアドバンスは、プラレールではオミットされていたディテールも忠実に再現し、より実物に近い造形を実現しています。
車両編成も、従来のプラレールでは3両編成でしたが、プラレールアドバンスでは4両編成です。

2011年の発売当初は、全国で脱線が相次ぎ評判は芳しくないと聞きました。
ですが、そこはタカラトミー。
今回購入したプラレールアドバンスは2012年発売の「E2系やまびこ・E3系つばさ 連結&ガイドレールセット」ですが、脱線することはほとんどなく、子供でも十分に楽しめています。

プラレールアドバンスオフィシャルサイト|タカラトミー(外部リンク)

プラレールアドバンス

Posted by stg10 at 14:48│Comments(0)TrackBack(0) 一般 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/stg10/52131272

コメントする

名前
 
  絵文字