2007年09月13日

観恩寺

漫画、アニメの方の瀬戸の花嫁、最初の舞台である父親の実家は香川県の仁尾のあたりがモデルになっているっぽいのですが(劇中の三尾サンビーチ→仁尾サンビーチ等)、アニメ第3話で主人公達が埼玉(所沢?)に帰るときには観恩寺駅から電車に乗っていました。

ってなわけで、モデルになっている観音寺に先日琴弾公園の観光がてら下車してました。まずは駅舎。色々と信号とか標識とかがかぶってしまっていますが、標語や飾りの微妙な色使いまで同じで。

観音寺駅と観恩寺駅

ここから海水浴場のある仁尾のあたりまで行こうと思うとバスなのですが、丁度いいバスが無かったので(参考:仁尾バス路線図・時刻表[アニメ1話に出てきた“曽保浦の谷”バス停も確認できます])回避しました。色々見て回るなら車の方が良いかもしれません。

で、ホームも。

ホーム

微妙に隣の駅名も変わっていたりしますが、駅名横のY19(予讃線19番目の駅の意)の番号はそのままで。

あと、この駅では歌謡曲の方の“瀬戸の花嫁”が発車メロディになっていました。四国の瀬戸内海側の駅で採用されているらしく。


あとついでに目的地の琴弾公園。瀬戸の花嫁の作品に直接は関係ないのですが…

銭形

巨大な銭形の砂絵です。社会のルーry

Posted by おーやま at 23:59│Comments(6)TrackBack(0) 舞台探訪 

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/stghajimemasita/1022965
この記事へのコメント
>瀬戸の花嫁のメロディ
そうですね。
高松駅等でも停車時に流れてます。

作中で「◯◯やきん〜」という感じで「〜きん」という方言を使ってますが、ちゃんと香川西部の方言なんで感心しました。
東部だと「〜けん」なので。
Posted by 香川県民 at 2007年09月17日 09:30
>香川県民さん
瀬戸の花嫁のメロディ、宇野駅等瀬戸大橋線がらみの本州側でも使われていたので、結構使われているエリアは広そうです。

私は祖父母が香川東部の人間なので「〜けん」の方には結構親しみがあったりします。やっぱ方言ってのは東西で微妙にかわってくるものなんですね。
Posted by おーやま at 2007年09月17日 22:43
アニメはクライマックス辺りから見始めたので詳しくは知らないです・・・
三話の所沢について、どんなところだったか教えてください
Posted by 名誉所沢市民 at 2007年11月29日 21:28
>名誉所沢市民さん
私もwikipediaの記述や探訪された方のレポで知ったのですが、3話の方ではなく4話で駅前のプロペ通りらしき商店街に買い物に行った場面が出てきたようです。作中では床沢だとか。
Posted by おーやま at 2007年11月30日 00:30
今更ですが、駅メロの瀬戸の花嫁の件に関してですが、「岡山・香川のJRの駅」で流れていますよ〜。
Posted by 政 at 2009年01月05日 20:34
>政さん
ありがとうございます。
やっぱそのくらいの広さで流れていましたか。
Posted by おーやま at 2009年01月05日 22:36

コメントする

名前
 
  絵文字