2010年05月05日

Angel Beats! 舞台探訪:金沢大学で部品探し

金沢ということで、Angel Beats! の舞台探訪に金沢大学を散歩してきました。金沢駅からバスで30分強、自然豊かな山の上のとても広い敷地に沢山建物が立っていて壮観でした。

駐車場からの遠景。Angel Beats!作中の学校とは随分構成は違うのですが、

金沢大学角間地区 
作中遠景

やたらと広い駐車場が隅に何故かある辺りが金沢大学の状況にあわせてあるという印象を受けます。金沢大学にはこういった駐車場が建物の外回り各所にあるので雰囲気が。

そして目を引かれるのがこの大階段。左端は水が流れる場所になっています。作中では段数も多く、両端に水が走っている様子でした。

階段 
作中階段

実際はやや幅が違いますし、水の流れ方も落ち着いたものでした。

階段遠景

その階段を遠景から。実際は少し斜めを向いています。
 
数があるので残りはつづきで
 
 
この金沢大学、北地区・中地区・南地区と3つの島に分かれていて、それぞれが道路をまたぐ橋で結ばれています。人文系が中心のエリアと中央の本部棟のある小さいエリア、そして自然科学系のエリアとある程度分かれていて、建物の意匠もそれぞれで統一されている雰囲気がありました。

で、その北地区、人文系が中心のエリアの建物の配色が主に作中で出てきているものみたいで。
 
人文系建物 
作中構造、配色

レンガ風の外枠と奥に白色、という形である程度統一されていました。

次にその地区を結ぶアカンサスインターフェースという名称のある橋。作中ではEDとか、1話で天使が攻めこんでくる辺りの場面のモデルになっているであろう場所です。細かい装飾や背景なんかが実物と作中では変わってきています。

橋 
作中・ED

欄干まわりやらに色々と違いがあります。

そして外側からその橋を見ると相当長く、大きく見えます。掘ってあるところを渡るので高さもあるように見えますし。

橋外観 
作中橋外観

角度が少し変わってしまいましたが雰囲気は伝わるかと。この角度で撮ろうとすると近くにあった建物の上の方の階から取らないといけません。下に降りる階段、実在のアカンサスインターフェースでは下の歩道へ降りる階段なのですが、作中だと河川敷?に降りるようになっているような不思議な構造になっています、しかも両側。

1話にて天使への銃撃戦が行われたのは結構広い箇所でした。

広場 
作中

街灯などの形がそのもの、というのを見つけることは出来ませんでしたが、タイル張りで結構開けた場所がありました。今日は祝日だったので人はほとんど居ませんでしたが、平日だと人が集まって賑やかになったりするのでしょうか。

後は細かいところを少しずつ。
3話での女子寮、自然科学系でほぼ同じ形のビルが3つ並んでいる箇所がなんとなく近いのかな、と。

自然科学系 
作中女子寮

配置はバラバラですが窓の形等に部品があるように見えます。この角度では見えませんが、実際は一番後ろのでかい建物が3つ並んでいます、最初の遠景だと左上に小さく写っています。

他にも劇中の部品っぽいものがゴロゴロ転がっています。4話の一場面、ここも丁度そのもの、という建物の構造は無かったのですが、

通路 
作中通路

ある程度は通路の形が近い箇所が。他にも探してみたのですがなかなか見つかりませんでした・・・。

最後に同じく4話から一応部品らしきものが一通り見つかった部分。

作中

この背景の建物なのですが、

まずは細長い部分が人文系のエリアに有る焼却炉の煙突・・・。

煙突

そして次に渡り廊下なのですが、これはエリアをまたいで自然科学系のエリアの建物の渡り廊下に非常に構造が近く。窓の区切り方、上の手すりの存在がほぼ同じです。

渡り廊下

そして最後、渡り廊下側にそのまま合わせると建物の色が変わってくるので、人文系の方の配色へ。

壁面

この3点をまぜあわせると前述の作中の背景になるのではないのかな、と。

とても良い天気でしたし、敷地が本当に広かった上に、建物のデザインが結構統一されていたので見ごたえがありました。
更には舞台の部品が至る所に転がっていて、作中の風景がある程度想像出来て面白く。GW真っ只中の祝日で自分以外に2・3人しか通行人を見なかったってのも余計広く感じた理由の一つかもしれません。
Posted by おーやま at 23:59│Comments(0)TrackBack(0)舞台探訪 | 旅行・おでかけ等

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/stghajimemasita/1475618

コメントする

名前
URL
 
  絵文字